ピクシブ百科事典

公式女体化

こうしきにょたいか

公式女体化とは、公式の作品中で行われた女体化展開である。
目次[非表示]

本記事は一部に各作品のネタバレも含みます

概要

公式作品内で行われる女体化

一口に女体化といっても様々なパターンがあり、

  1. 本編中で本当に性転換をしてしまうケース 例:麻里愛早乙女乱馬ソウルイーターアンラブリーイヤミチビ太のレンタル彼女じょし松さんミッドナイトブリス
  2. 番外や企画での一発ネタ 例:サラダ食べて海賊王エルメロイの女稗田礼二郎
  3. .派生作品、原作者公認の別作者による作品での女体化 例:ミロ子キン肉マンレディークローズLadies
など様々である。

※注意事項

たとえ公式ネタでも元になったキャラの性質を大幅に作り替えてしまう、ある意味グロテスクなジャンル故に苦手な人は少数ではない。

などの配慮を行うのが望ましい。

ただし、3のような派生作品、原作者公認の別作者による作品での女体化ネタは
作中での設定自体が女性キャラという扱いにあたるため、専用タグの必要性は作者の判断に委ねられる。
しかしそういったケースも苦手な人への配慮の為に、
などの配慮を行うのが無難だろう。

公式女体化の例(本編外企画を含む)

作品名順に並べる。
表記は「男性名」 → 「女性名」の形式。女体化時の名前を特に持たないキャラは男性名のみで表記する。女性名がファンがつけた通称など非公式のものの場合は「(非公式の名称)」と併記する。該当者が多数の場合は個々については割愛する場合がある。
なおミッドナイトブリスによるものは単なるデミトリ・マキシモフとの共演キャラリストになりかねないためここでは割愛し、記述は当該項に譲る。
(作品名が太字で書かれている物はTSF作品、つまり作品自体が性転換モノであるもの)

あ行

作品キャラクター・備考
青の祓魔師
アソボット戦記五九
  • トンゴー:第15話にて、敵を惑わせる為に突如何の説明も無しに女体のビキニ姿となって出てきた。ただしロボットなので厳密に考えれば性別は無い。
姉汁
  • 主人公:バッドエンドで女体化。
暗殺教室
  • 潮田渚:本編中のイメージカットのみ。実際に女体化する場面はない。
妹汁
  • 主人公:バッドエンドで女体化。
UTAU
宇宙海賊ミトの大冒険
  • 光国葵:第一シリーズの最終回で雌雄分化の不安定期に入り、女性化。第2シーズンではずっと女性のまま。
ウマ娘プリティーダービー
  • 実在の競走馬 → ウマ娘:競走馬を本来の性別問わず萌え擬人化している。
うる星やつら
ウルトラ怪獣擬人化計画
  • 怪獣怪獣娘円谷プロ公認の派生作品。「怪獣の魂が人間の女性に転生した」という設定でウルトラシリーズの怪獣や宇宙人を元の性別(大半は男)を問わず萌え擬人化するプロジェクト。
SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
  • テリー・ボガード:『餓狼伝説』シリーズの初代主人公。
  • スカロマニア:『ストリートファイターEX』シリーズのキャラクター。
  • ミスX:『SNK GAL'S FIGHTERS』で登場した。元の作品では女装していただけらしいが本作では女装と女体化の2バージョンが存在。
エスプガルーダ
おじゃる丸
おそ松さん
オトメディウス
処女はお姉さまに恋してる
俺、ツインテールになります。


か行

作品キャラクター・備考
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
覚悟のススメ
夜咄ディセイブ
かしまし
銀魂
キン肉マンレディー
  • 登場する超人のほとんど:キン肉マンの作者公認派生作品。パラレルワールド設定。
繰繰れ!コックリさん
グランブルーファンタジー
クローズLadies
  • 登場人物の大多数:『クローズ』の作者公認派生作品。
けものフレンズ
  • 動物など → フレンズ:動物や無機物が人間に近づいた存在。元の性別がどうであっても人間の少女に近い姿になる(なお元の動物ではオスが持つ身体特徴を持ったフレンズもいるが、それがオスの個体だったとは限らない)。元が男性である事が明確な例にケロロ小隊がある。詳細はケロロフレンズを参照。
ケンガンアシュラ
  • キャラクター情報無し:コミックス14巻のおまけページ「女宴」。
けんぷファー
こちら葛飾区亀有公園前派出所
  • 麻里愛:元は女装した男性だったが後に魔法で本当の女性になった。
こどものじかん
  • キャラクター情報無し:コミックスのおまけページ「性転換のじかん」。本編にもイメージとして描かれた。
これはゾンビですか?


さ行

作品キャラクター・備考
斉木楠雄のΨ難
サキュバスクエスト
THE KING OF FIGHTERS '98ULTIMATE MATCH Online
  • ゲーニッツ → ゲーニッツ(女):『SVC CHAOS』でのミッドナイトブリスを喰らった状態のゲーニッツ(ゲニ子を参照)を独立したキャラクターにしたもの。
進撃の巨人
使徒XX
ジャイアントロボ(OVA版)
スクール人魚
  • 周太郎:人魚化する際に女性の体になる。
すごいよ!!マサルさん
  • 藤山起目粒/フーミン:本編外。正式なアニメ版以前にジャンプ本誌に掲載された嘘アニメ化予告にて。
聖闘士星矢 Legend of Sanctuary
  • ミロミロ子(非公式な名称):『聖闘士星矢』のキャラクター。大筋はなぞっているが設定を多数変更したリメイク色の強い作品で、その変更点の中の一つ。
セガ・ハード・ガールズ
  • セガのゲームハードやおもちゃ:公式サイトの説明によれば「セガがこれまで発売した歴代ゲームハードを美少女に擬人化しちゃおうというプロジェクト」。
戦姫絶唱シンフォギアAXZ
絶対可憐チルドレン
戦闘妖精少女 たすけて! メイヴちゃん
  • FRX-00 → メイヴちゃん:『戦闘妖精雪風』の戦闘機の萌え擬人化。
  • FFR-31MR/D → スーパーシルフ:同上。
  • FFR-31 → シルフィード:同上。
そらのおとしもの


た行

作品キャラクター・備考
桜ish-推定魔法少女-
  • 佐倉恭一 → 恋天使チェリー
  • 吉住怜 → 恋天使バイオレット
  • 森井透 → 恋天使マリーゴールド
チャージマン研!
  • ジュラルの魔王ヒトミ:厳密な事を言えばジュラルの魔王の性別は不明だがここでは男性キャラクターとして扱う。
つぐもも
  • キャラクター情報無し:ショートストーリー「ぶらのつぐもも」/エピソード「夢の中へ」など。
ディスガイアD2
デート・ア・ライブ
  • 五河士道五河士織:最初はただの女装であったが後に七罪の能力により本当に女性化した。
Dr.スランプ アラレちゃん
  • 則巻千兵衛 → ミス・カリフラワー:アニメ186話「スターさんがやってきた!!」にて。ミルクの出を良くするための薬を誤って飲んだ事で女体化。
ドラえもん
ToLOVEる
どるから
  • 石井和義 → 一ノ瀬ケイ:実在人物、K-1創始者。事故死した石井の霊が女子高生一ノ瀬ケイに憑依したという設定。なお作品は石井本人が原作を担当している。


な行

作品キャラクター・備考
NARUTO
NEEDLESS
  • クルス・シルト:長期間女装していたが、最終回で主人公により女体化した。


は行

作品キャラクター・備考
ハッカドール
秘密結社鷹の爪
ハピネスチャージプリキュア!
Fate/Grand Order
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ → ダ・ヴィンチちゃん:この作品は史実や伝説上の人物に「女性だった」という設定を与える事が多いが、このキャラクターはそれらと異なり「男性が英霊となるにあたって自らの理想とする女性の姿になった」という明確な女性化設定がある。
Fate/Zero
ブラックラグーン
  • 登場男性キャラ全員:本編外。コミックスのおまけマンガにて。
ブレイブルー リミックスハート
ヘルシング
ボクガール
ぼっけさん
  • 黒兎:真の姿は男性的だが人間に変身すると女性になる。


ま行

作品キャラクター・備考
魔人探偵脳噛ネウロ
魔法少女育成計画
魔法少女育成計画F2P
  • 小山内馨 → ステラ・ルル
魔法少女 ザ・デュエル
魔法少年マジョーリアン
  • イオリ → リオ
  • マサル → ル・マーサ
魔物娘図鑑


や行

作品キャラクター・備考
YAT安心!宇宙旅行


ら行

作品キャラクター・備考
らんま1/2
  • 早乙女乱馬らんま(公式な名称。ただし使用はアニメ版関連に限定されていて、原作では女性化時も乱馬表記。)
歴史大戦ゲッテンカ
ロックマン6(コミカライズ版)
ロックマンX3(コミカライズ版)
ロボットガールズシリーズ


わをん

作品キャラクター・備考
ONE PIECE


その他

作品キャラクター・備考
茅田砂胡によるシリーズ小説


厳密には公式女体化ではない例

作品キャラクター・備考
紅!!女塾
  • 登場人物の大半:『魁!!男塾』のスピンオフ作品。『男塾』のキャラクターに似た少女らが登場するが女体化ではなく孫娘。
卒業M
  • キャラクター情報無し:ゲーム『卒業』シリーズの「主人公の男性教師が女子生徒を卒業まで教育する」という設定の性別を反転させた作品。男女のポジションが逆になっただけで性転換要素は特に無い。
にょたりあ
  • 登場各国:『Axis Powers ヘタリア』に登場させた各国を逆の性別で改めて擬人化しなおしたもので、厳密に言うと性転換の要素が無い。
ボボボーボ・ボーボボ
  • OVER魚雷ガール:一応「男性が女性に変化」という定義にはあてはまるが、年齢などプロフィールごと変化しており一般的な女体化ではない。
  • ボーボボ+田楽マン田ボ:男性二人が融合して一人の女性が出現する。これもやはりプロフィールごと変化しており一般的な女体化ではない。
幽遊白書
  • 蔵馬:連載終了後に作者本人が出した同人誌で一発ネタとしての三人を女性化した姿が描かれた。作者によるものだが集英社を通していないので扱いとしては非公式。
  • 飛影:同上。
  • 戸愚呂弟:同上。


関連タグ

公式が病気 パロディ
性転換 女体化 公式男体化
公式擬人化

pixivに投稿された作品 pixivで「公式女体化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194320

コメント