ピクシブ百科事典

ロボットガールズNEO

ろぼっとがーるずねお

超未来のロボットガールズ
目次[非表示]

概要

廃墟と化した超未来の練馬が舞台のロボットガールズのアニメ作品。
かつてのロボットガールズZとはキャラデザも性格も完全に別キャラであり、AKB48AKB0048くらい違う。

ストーリー

新世界、目覚めたのは、神か悪魔か――。
すっかり廃墟と化してしまった超未来の練馬。その昔、光子力にまつわる大災害があったせいだと言われるが、詳細はおろか、その真偽さえも今はハッキリとわかってはいない。光子力研究所も今は植物に侵食され、その遺構はバベルの塔もかくやというモニュメントとして、中心地に鎮座している。
そのモニュメントのふもと、今はシャッター商店街となった光子力町の片隅で、Zちゃんとグレちゃんは2人きりで生活している。
彼女たちの家は廃材などを利用して建てられたバラック小屋。通称、光子力ハウス。かつては未来のエネルギーと呼ばれた光子力も廃れ、いま世界を支配するのは宇宙から降り注ぐゲッター線のエネルギー。それでもZちゃんたちは、いまは「効率の悪い前時代のエネルギー」と呼ばれる光子力を使って、日々を暮らしていた…。

ぷちキャラショートアニメ

ANIMAX on PlayStation®で独占配信
第1話「なんてこったい、未来の光子力! 新生! チームZ!」
第2話「えーっ!? ゲッター学園のお嬢様!? 参上! ゲっちゃまイーグル!」
第3話「お姉さん、あなたは一体何者ですか?登場!シスターヘル!」

CAST

Zちゃん(マジンガーZ):木野日菜
グレちゃん(グレートマジンガー):萩原あみ
グレンダちゃん(グレンダイザー):井澤美香子
ゲッちゃまイーグル(ゲッターロボ):長江里加
シスターヘル:鳴海夏音
ナレーション:稲田徹

STAFF

脚本:兵頭一歩
キャラクターデザイン:川上哲也
武器デザイン:夕薙、鈴木典考
監督:ポエ山
製作:東映アニメーション

コメント