ピクシブ百科事典

UFOロボグレンダイザー

ゆーふぉーろぼぐれんだいざー

1975年に放送されたロボットアニメ。マジンガーシリーズ第3弾。
目次[非表示]

概要

故郷のフリード星をベガ星連合軍に滅ぼされたフリード星の王子デューク・フリードがスーパーロボット、グレンダイザーで第二の故郷である地球を守るために戦う物語。
グレートマジンガー』の正式な続編であり、マジンガー三部作の最終章にあたる。
本来『グレートマジンガー』の続編として、もっと強いマジンガーを出す予定だったものの、前作での玩具の売れ行き不振に加え、当時の空飛ぶ円盤ブームに押される形でこうなったらしい。
永井豪本人によるコミカライズも行われたが、「マジンガーの出ないマジンガー」と揶揄されることも少なくなかった。

また、40周年を記念し、豪ちゃん本人によるリメイク漫画グレンダイザーギガが連載開始。単行本1巻発売を記念し、アニメPVまで作られた。

海外の反応

今でこそ「マジンガーは知ってるけどグレンダイザーは聞いたことが無い」「名前は知ってるけど正直内容分からん」という人も多いだろうが、日本での放送終了後ヨーロッパ中東の各国で放送され、実は本作は日本国内より海外での人気や知名度の方が高い作品でもある。主な反応は下記の通り。

フランス

「GOLDORAK」(ゴルドラック)と改名されて放送。平均視聴率75%、「最高視聴率100%」を記録。テレビ放送前に総集編として放映された劇場版の主題歌「Goldorak le grand」も380万枚の大ヒットを記録している。

イタリア

「Atlas Ufo Robot」(アトラスUFOロボット)と改名されて放送。最高視聴率80%以上を記録。さらに1980年代からカーニバルの中に巨大なグレンダイザーが確認されており、2019年には稼働するグレンダイザーまで登場した(関連動画を参照)。

イラク

放送時間になると街の路地から子供の姿が消え、「イラクで人々が争いなく共有できる話題はサッカーとグレンダイザーだけ」という冗談ができるほどに定着している。

レバノン

内戦中に放映された。そのためか、レバノンの子供たちに愛や平和と言った大切なものを与えたり、現実から逃避できる手段として子供たちの支えになっていた。

関連イラスト

宇宙の玉者
UFOロボ



メカニック

グレンダイザー スペイザー ダブルスペイザー マリンスペイザー ドリルスペイザー TFO ウルトラサブマリン コズモスペシャル

キャラクター

デューク・フリード(宇門大介) CV:富山敬
兜甲児 CV:石丸博也
牧葉ひかる CV:川島千代子
グレース・マリア・フリード CV:吉田理保子
宇門源蔵博士 CV:八奈見乗児
牧葉団兵衛 CV:富田耕生
牧葉吾郎 CV:沢田和子
荒野番太 CV:緒方賢一
荒野ハラ CV:津田延代

ベガ大王 CV:八奈見乗児
ガンダル司令 CV:富田耕生
レディガンダル CV:沢田和子
ブラッキー隊長 CV:富田耕生(第1話)、 緒方賢一(第2話~第27話)
ズリル長官 CV:田中崇
ルビーナ王女 CV:小原乃梨子


関連動画

【公式】UFOロボ グレンダイザー 第1話「兜甲児とデュークフリード」
※東映アニメーションミュージアム公式YouTubeチャンネルより転載
Goldrake Generation(イタリア共和国トスカーナ州グロッセート県フォッローニカ:2019年2月22日撮影)

※YouTubeチャンネル『Domenico Massimo Fortunato』より転載

関連タグ

マジンガーZ(前々番組)
グレートマジンガー(前番組)
ゲッターロボ
ゲッターロボG
グレンダさん
宇宙円盤大戦争

ラ・セーヌの星 OPが酷似している事で有名。作詞・作曲は同じ

関連記事

親記事

マジンガー まじんがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「UFOロボグレンダイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 264514

コメント