ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

前身は1899(明治32)年創業の「信天堂山田安民薬房」。
1908(明治41)年に現在のブランド名となる「ロート」の商標を取得する。

1931(昭和6)年、現在の目薬のスタイルである「両口式点眼瓶」を開発。
以降同社の「ロート目薬」は爆発的ヒット商品となる。

1944(昭和19)年、米軍による都市無差別爆撃(大阪大空襲)により本店を焼失、
以降事実上の休眠状態となっていたが、
1949(昭和20)年、創立50周年記念を兼ねて後身となる現在の「ロート製薬株式会社」を創設。

以降医療品・化粧品の生産を手がけていくが、
現在処方箋の必要ないわゆる医療用医薬品は取り扱っておらず、
医薬部外品と、化粧品扱いになるスキンケア用品のみ製造・販売している。

メンソレータム社

1975(昭和50)年、近江兄弟社の破綻に伴い、同社が返上していた米国メンソレータム社のライセンシーを取得、以降、日本国内でメンソレータムブランド製品の製造・販売を手がける。
現在はロート製薬自身がメンソレータム社の株式を取得し筆頭株主となり傘下に置く。

なお、後に近江兄弟社は再建されるが、上記の通りメンソレータムブランドはロート製薬が独占権を持つようになっていたため、現在同社から発売されている製品のブランドはメンタームである。

オープニングキャッチ

過去、テレビ番組の一社単独提供をしている事が多く、同社の一社提供番組の開始時には「ロート・ロート・ロート♪~」の音楽が流れるオープニングキャッチが流れていた。

過去には『クイズダービー』『愛ラブ爆笑クリニック』など著名番組の一社提供を手がけていたため、1980年以前生まれの者にとっては特に馴染み深いものである。

版が何度かかわっており、初代は1967(昭和32年)に撮影された。当時、まだ生放送以外のビデオ録画制作は行われておらず、32ミリまたは16ミリムービーフィルムによる撮影だったが、テレビはまだモノクロであったが、カラー化を見越してカラーフィルムで撮影が行われた。ハトは画面に映えるように飛ぶように、社屋屋上で餌付けしてタイミングを見計らったという。原版はこの初代のものだけである

1993(平成5)年、CIロゴ変更に伴い大胆な変更を行うも、この際はCGによるレタッチが行われたのみである。オープニングキャッチで見られる社屋正面の池は、1993年の段階で埋め立てられ駐車場になってしまっており、現存しない。

その後、1996(平成8)年にBGMのみ変更、2004(平成16)年にCIロゴ変更に伴い改変を受けている。

2010年、『SMAP×SMAP』の前半枠の一社単独提供から降りたのを最後に、このオープニングキャッチは現在、使用されていない。

関連項目

メンソレータム ロート パンシロン
クラシックナース
クイズダービー SMAP×SMAP
おっさんホイホイ 昭和 あふれ出る昭和臭

pixivに投稿された作品 pixivで「ロート製薬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151087

コメント