ピクシブ百科事典

ゴッドマジンガー

ごっどまじんがー

読みかけの本は そのままに ヘッドホーン外せば 風の音 目を閉じれば この部屋は 夢という名の 荒野になるさ タイムリープ 心ななめ15度に タイムリープ 心かたむけて 今、風になり 思い通りに 生きてごらんよ
目次[非表示]

曖昧さ回避


解説

東京ムービーによるファンタジーの要素を取り入れたロボットアニメ。1984年4月15日から同年9月23日まで放映された。
原作はマジンガーZの生みの親である永井豪。また自身の筆による漫画版も執筆された。漫画版は雑誌連載ではなく、単行本の描き下ろしであったのも特徴。また、角川文庫よりノベライズ版も出されている。
今作はマジンガーシリーズの一作ではあるが東映は関わっていない。
放映時にはロサンゼルスオリンピックの時期だった事もあって尺が足りず、最終回は23話と24話を編集して無理矢理23話として放送していた。

あらすじ

20世紀の日本。平凡な高校生火野ヤマト体育館で謎の『魔神』のにする。不審に思ったヤマトだったが、ヤマトは同時に聞こえた女性の声に気を取られ、『魔神』により別世界に飛ばされてしまう。
ヤマトが辿り着いたのは、1万年前に海の底に沈んだムー大陸だった。ムーの民はゴッドマジンガーという石像を崇拝しており、彼こそがヤマトを適合者として過去世界に運んだのである。ヤマトはマジンガーと合体し、ムーの民を苦しめる軍事国家ドラゴニア王国と闘うのだった。

石像としての「ゴッドマジンガー」

 太古の時代より、ムー王国の守護神としてあがめられてきた巨神像。全長約30m。
 通常はムー王国城内の地下神殿に、石像の姿で安置されているが、戦闘時に主人公・火野ヤマトと一体化する事で、巨大な魔神として復活。その能力を発揮できる。
 この石像のような巨体は、ただの器や依代ではなく、人格・魂を宿した存在であり、有事の際には自分の意思で行動する事も可能。また、魔神の意思は時として、ヤマトに対し、戦士としてのありようを伝える導き手として語り掛ける事もある。

 ヤマトとゴッドマジンガーは、一心同体の存在であり、戦闘時にはヤマトの呼び声に従い、いかなる場所にも出現し実体化する
 武器は、巨体の怪力と、腰に帯びた大剣。
 また、劇中では中盤以降に異空間から復活を遂げた後、全身を赤熱化させ、怒りの形相に転じ、凄まじい剛力を発揮する能力が備わった
 怒りの形相は、まさに鬼神のそれであり、ややおとなしめとも思える通常の顔の時に比べ、やや獰猛な戦いぶりをみせる。(どことなく、デビルマンや魔王ダンテなどに見られる、恐ろし気な形相にも近いものがある)


関連項目

ファンタジー 恐竜 リョナ

ムーの白鯨 同様にムー大陸を設定に盛り込んだ東京ムービーのTVアニメ。
伝説巨神イデオン 漫画版が関連。漫画版・ゴッドマジンガーよりも先に破滅劇を描いた究極の破滅SFアニメ。

関連記事

親記事

マジンガー まじんがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドマジンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 670413

コメント