ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

人物

1953年10月24日生まれ、東京都出身。

劇団薔薇座を経てオフィス薫所属。

透き通るような声質のテノールが特徴で、キャリア初期から青少年を多く演じている。また、年齢を重ねてからは低めの声で厳格な中年・壮年の男性を演じる機会も多い。

オフィス薫の養成所で講師を務めている。

名前の正しい読みは「ひろし」であるものの、本人によると、別に「たく」と読んでもいい、とのことである。


大学卒業後、劇団薔薇座に入団し舞台俳優として活動する。しかし、1980年ごろ退団し、以降はある料亭でマネージャーとして働いていた。

1983年公開のクラッシャージョウのジョウ役の選考にあたり、薔薇座に残っていた舞台俳優時代のデモテープを聞いた千葉耕市(※本作の音響監督を担当していた)からオーディションを受けるよう頼まれる。当時すでに俳優業は引退していたため、この1作のみという条件で参加したところ合格し、声優デビューとなった。

なお、結局、その関係で仕事がクビになってしまい、その後は声優で食っていく道しかなかったとのことである。


1988年に『鎧伝サムライトルーパー』の羽柴当麻役で大ブレイク。

このヒットから1989年に結成され社会現象となった声優ユニットNG5」のメンバーの1人となりアイドル声優として取り上げられることも多かった。キャスト陣の中では年長であることから兄貴分的なポジションにあった。


1990年にはアルバム「竹村拓と満開さくら組」を発表。

当時の女性ファンからは「パパ」の愛称で親しまれた。


ちなみに、1991年OVA『鎧伝サムライトルーパー MESSAGE』では「もうやりたくない」として降板を希望し、一度は別の声優に決まりかけていたという噂がある。しかし、最終的には再び当麻役を演じている。

このあたりの経緯は黒歴史なようで、追求はしないようにしたい。

2018年に開催された30周年イベントには佐々木望と共に参加するなど、現在は特にわだかまりはないようである。


野沢那智の指導は非常に厳しく、何度も心が折れそうになったと語っている。


令和に突入してから目立った声優活動がサザエさんの甚六役くらいであったが2023年の10月29日の放送で坂巻学に代わり降板した。


出演作品

アニメ・OVA


イラスト未確認


ドラマCD

ヘッドロココ愛の戦士ヘッドロココ


関連タグ

声優 NG5


外部リンク

公式プロフィール

Wikipedia

関連記事

親記事

オフィス薫 おふぃすかおる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12158

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました