ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ビクトリーレオ

びくとりーれお

テレビアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV(ビクトリー)』の登場人物。
目次 [非表示]

「俺の知ったことじゃねえ!」


CV:竹村拓

概要

VictoryLeo&GodGinrai

ゴッドジンライデスザラスの金属生命破壊砲によって再起不能の負傷を負った(一部書籍によっては「戦死した」とまで記述される事もある)後、パーセプターが提案したビクトリー計画によって復活した姿。某司令官そっくりな姿から、大砲を担ぐ黄色いライオンという完全に別人な姿と化している。


ロボット形態とライオン形態のみならず、大型ジェット形態のスターセイバーの後部に追加合体する事で、超大型ジェット形態へと変形させるジェットブースター(劇中ではこの状態で単独飛行する事も出来た)、更には後述のビクトリーセイバーを構成する合体パーツにもトランスフォーム出来る。


復活当初は精神が馴染んでないせいか凶暴な一面を持っていたが、後にジンライの記憶と正義の心を取り戻した。スターセイバーと「ビクトリー合体」する事でビクトリーセイバーとなる。


余談

TFのコミック版Vの南風パティ嬢とビクトリーレオ

  • テレビマガジンで連載された漫画版では、その素性はジンライとは関係なくなっている。
    • 南風ジャン(ヒロイン)の姉・パティが、宇宙のどこかから連れてきたトランスフォーマー。スターセイバーとのビクトリー合体はこちらでも可能。
  • 玩具展開の『レジェンズ』では、彼の人格の元であり、人格を複製したトランステクターと分離した青年ジンライが新しいスーパージンライのトランステクターを得て復活しているので、同一人物を元に二人の別キャラが誕生した事になる
    • レジェンズへのビクトリーレオの参戦については相方の去就共々編集時点ではアナウンスされていないが、LG39ブレインストーム封入の漫画には後にビクトリーレオに転生すると思われる第二方面軍司令官のゴッドジンライが登場している(恐らく過去の姿)。
  • 2020年に発売されたフレイムトイズ版ではロボットモードはなく、ビーストモードのみになっている。
  • 2022年にクラウドファンディングによりスターセイバー共々立体化、その際ビクトリーセイバーのバランス取りのため、旧玩具より一回り小さくなっている(TFガムとほぼ同じ仕様)。これによりゴッドジンライと同フォーマットでの立体化が実現した。

関連タグ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44816

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました