ピクシブ百科事典

グレート合体

ぐれーとがったい

『グレート合体』とは、スーパーロボットのアニメや特撮ヒーローで多く見られる、主役ロボットのパワーアップ合体方法の俗称。「スーパー合体」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

複数のロボット合体して全く新しいロボットに生まれ変わるのではなく、2号ロボやサポートメカが、主役ロボ(特にすでに合体によって構成されているような)の頭部などに装着される強化パーツの形態に変形し、「主役ロボに武具を着せたような強化形態を合体の完成形とするもののこと」を言う。

強化パーツに変形する側のロボットが非常に複雑な変形ギミックを持つのが特徴であり、一度バラバラに分解されてから、強化パーツ形態に組みなおされるような変形を行うこともある(この際にいわゆる「余剰パーツ」が発生することもしばしばある)。につけられる強化パーツは、まさに「主役ロボに履かせる」のような見た目になることもあり、慣用句の「下駄を履かせる」とかけあわせて「下駄合体」と揶揄される。

このような形式の合体は、1988年放映の特撮作品『超獣戦隊ライブマン』に登場した『スーパーライブロボ』及び、同年放映のアニメ作品『トランスフォーマー 超神マスターフォース』に登場した『ゴッドジンライ』が最初に行ったとされる。

1980年代中盤は、リアルロボットアニメにおける主役機のパワーアップイベント、つまり新型機や後継機への乗換えによる、新たな主役ロボの登場が確立した時期である。そういった作劇方法をスーパーロボットアニメに取り込むことで、いわゆる『グレート合体』が誕生したと推測される。

名前の由来

勇者シリーズの各作品では、番組後半に、このような合体方法で主役ロボが強化されることが多く、強化形態となった主役ロボットの名前が「グレ-ト○○○」(下記参考)とつけられることが多かったことから、「グレート合体」という名称が自然発生的に生まれた。ただし、先述の通り「グレート合体」形式の登場自体は、勇者シリーズの誕生前である。
一方でスーパー戦隊シリーズでは、「スーパー○○○ロボ」といったネーミングが多いため、ファンの間では「スーパー合体」と呼ばれる事もある。

グレート合体ロボット

トランスフォーマーシリーズ

最高総司令官ゴッドジンライトランスフォーマー 超神マスターフォース
究極総司令官ビクトリーセイバー戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV
最強司令官ゴッドファイヤーコンボイトランスフォーマーカーロボット
超究極総司令官マグナジェットコンボイ超ロボット生命体 トランスフォーマー マイクロン伝説

勇者シリーズ

グレートエクスカイザー勇者エクスカイザー
グレートファイバード太陽の勇者ファイバード
グレートダ・ガーンGX伝説の勇者ダ・ガーン
グレートマイトガイン勇者特急マイトガイン
ファイヤージェイデッカー勇者警察ジェイデッカー
グレートゴルドラン黄金勇者ゴルドラン
スーパーファイヤーダグオン勇者指令ダグオン
グレートバーンガーン勇者聖戦バーンガーン
ダイレイザー量子跳躍レイゼルバー)※1
ジェネシックガオガイガー勇者王ガオガイガーFINAL)※1

エルドランシリーズ

ゴッドライジンオー絶対無敵ライジンオー
グレートガンバルガー元気爆発ガンバルガー
キングゴウザウラー熱血最強ゴウザウラー
パーフェクトダイテイオー完全勝利ダイテイオー

その他のロボット

ガイキング・ザ・グレートガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU)※1
ファイナルダンクーガ超獣機神ダンクーガ
ダンクーガノヴァマックスゴッド獣装機攻ダンクーガノヴァ
アルティメットグラヴィオン超重神グラヴィオンツヴァイ
コン・バトラーV6超電磁大戦ビクトリーファイブ
ボルテスⅦ超電磁大戦ビクトリーファイブ
グレートグランブレイバー勇者超人グランブレイバー/迷い猫オーバーラン!
究極次元ロボグレートダイユーシャカードファイト!!ヴァンガード)※1
究極次元ロボグレートダイカイザーカードファイト!!ヴァンガード
グリッターファルセイバースーパーロボット大戦BX

※1)概要に記載の形式とは異なるものの、作品中の立ち位置が同シリーズのそれに相当するロボットであるため記載する

関連タグ

戦隊ロボ トランスフォーマー 勇者シリーズ エルドランシリーズ
スーパーロボット てんこ盛り 全部乗せ
胸ライオン

pixivに投稿された作品 pixivで「グレート合体」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23700

コメント