ピクシブ百科事典

ギャラクシーコンボイ

ぎゃらくしーこんぼい

『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』に登場するサイバトロン軍総司令官。
目次[非表示]

概要

CV楠大典
消防車変形するサイバトロン軍総司令官。
放水銃やラダーがどう贔屓目に見ても武器にしか見えないが、決して装甲車ではない。
2015年現在、日本においてコンボイの名を冠する最後の司令官となった。
また、他のシリーズと違って部下には「総司令官」と呼ばれている。
消防車の車体前部がギャラクシーコンボイとなり、後部パーツは強化形態であるスーパーモード用のパーツとなる。通常時は『ビーストウォーズ』のコンボイのように口周りが露出しているが、スーパーモードになると旧来のコンボイのようなマスクが展開する。

ユニクロン三部作に於ける合体パターンはしっかり受け継いでおり、ライガージャックが巨大な腕に変形して合体する事でライガーコンボイとなり、ソニックボンバーと合体する事でソニックコンボイになれる。合体時のシークエンスはやたらカッコいい。

仲間に対して厳しくも優しく見守っており仲間からの信頼も厚いが、自分の立場について悩む一面も(ベクタープライムに殴り飛ばされたが)。
G1コンボイファイヤーコンボイ程ではないが天然なので、冗談を真に受けてしまう一面もある(第8話)。
敵に対しては度々容赦せず、リンクアップもしくはフォースチップイグニッションで返り討ちにしている。
勇者パースの使い手で、終盤でのマスターガルバトロンとの決戦ではマスク割れも再現されているが、やや分かりづらい。

マスターガルバトロンに勝利した後はドレッドロックをサイバトロン軍総司令官代理と宇宙連合の議長に就任させて、「私にいい考えがある」こと新スペースブリッジ計画では建設隊のリーダーとして旅立った。
エピローグのラストシーンでコビーローリの結婚式に出席しているが、大きさが大きさなだけに写真には頭部しか映っていない(因みにこのシーンは本編終了から10年後となる)。

玩具は『トランスフォーマーカーロボット』のファイヤーコンボイに劣らず非常に出来が良く、スーパーモード時のマスク装着ギミックや胸部内に格納されたマトリクス等も再現されている。

なお、三部作の司令官では唯一自力で飛行可能な司令官であり、ビークルモードでも翼を展開して飛行可能。本作でも数少ないサイバトロンの航空戦力でもある(だが、前2作品を思えば飛行可能なサイバトロン側のキャラは多い)。

その他

担当声優の楠大典氏は『カーロボット』にて悪のコンボイであるブラックコンボイを演じており、本作のギャラクシーコンボイ役が決定した時は非常に喜んだとか。同氏は後に実写映画版にてジャズも演じている。

漫画版『ギャラクシーフォース』を描いた岩本佳浩先生のイメージは「美味しいところを持っていく中々の策士」。アニメ版と比べるとクールで闘志の熱いリーダーとして描かれ、スーパーモードにならずともマスターメガトロンをパンチ一撃で倒している猛者。

海外版『Transformers Cybertron』では、『マイクロン伝説』のコンボイ(アルマダコンボイ)、『スーパーリンク』のグランドコンボイは三部作を通じて同一人物という設定だが、日本語版はこの設定に準じていない。

関連タグ

トランスフォーマー ギャラクシーフォース サイバトロン
消防車 天然ボケ
ニトロコンボイ フレイムコンボイ ライブコンボイ メガロコンボイ
ライガージャック ソニックボンバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシーコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27051

コメント