ピクシブ百科事典

ギャラクシーコンボイ

ぎゃらくしーこんぼい

アニメ『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』の登場人物。
目次[非表示]

概要

「宇宙を守れ!トランスフォーム!」
CV楠大典/英:ゲイリー・チョーク

ギャラクシーフォース』におけるサイバトロン軍総司令官。消防車変形する。
放水銃やラダーがどう贔屓目に見ても武器にしか見えず、ヤケに物騒な風貌だが決して軍用車両ではない
2019年現在、日本においてコンボイの名を冠する最後の司令官。また、他の作品と違って部下には「総司令官」と呼ばれている。

装備・能力

消防車の車体前部がギャラクシーコンボイとなり、後部パーツは強化形態であるスーパーモード用のパーツとなる。後部パーツはそれのみでも、固定砲台としてギャラクシーコンボイ以外でも使用できる。
通常時は『ビーストウォーズ』のコンボイのように口周りが露出しているが、合体時には旧来のコンボイのようなマスクが展開する。

それまでのコンボイで定番となっていた「合体」はしっかり受け継いでおり、ライガージャックが腕として合体する事で「ライガーコンボイ」に、ソニックボンバーが背部に合体すると「ソニックコンボイ」が完成する。また合体ではないが、メガロコンボイのアックスを借りて放つ必殺技もある。
合体時のシークエンスは『勇者シリーズ』さながらの格好良さ。勇者パースを披露するのはもちろん、終盤でのマスターガルバトロンとの決戦では、(やや分かりづらいが)マスク割れまでリスペクトされている。

なお、歴代総司令官では意外と珍しい「他のTFとの合体無しで自力で飛行可能な司令官」であり、『マイクロン三部作』の3人の中では唯一。ビークルモードでも翼を展開して飛行可能なので、本作でも数少ないサイバトロンの航空戦力でもある。だが、前2作品を思えば飛行可能なサイバトロン側のキャラは多い。

人物像

仲間に対して厳しくも優しく見守っており仲間からの信頼も厚いが、自分の立場について悩む一面も(ベクタープライムに殴り飛ばされたが)。
G1コンボイファイヤーコンボイ程ではないが天然なので、冗談を真に受けてしまう一面もある(第8話)。
敵に対しては度々容赦せず、リンクアップもしくはフォースチップイグニッションで返り討ちにしている。

当初は「他の惑星には極力干渉しない」という方針を掲げ、プラネットフォースの探索に向かう部下にも現地住人との接触を禁じていたが、現地住人と交流して友情を結び大きな成果を挙げていくのを見て、考えを改めた。

マスターガルバトロンに勝利した後はドレッドロックをサイバトロン軍総司令官代理と宇宙連合の議長に就任させて、「私にいい考えがある」こと新スペースブリッジ計画では建設隊のリーダーとして旅立った。
本編終了から10年後となるエピローグのラストシーンで、コビーローリの結婚式に出席しているが、大きさが大きさなだけに写真には頭部しか映っていない。

玩具

アニメ放送中に「GC-01 ギャラクシーコンボイ」として発売。ギミックやプロポーションに優れた一品となっている。

『ギャラクシーフォース』の玩具の特徴はフォースチップを使ったギミック。
スーパーモードのバックパックにあるスロットにチップを挿入すると、バックパック右側のローラーキャノンからスプリング発射可能な2基のミサイルランチャーが展開し、左側のギャラクシーロックレーザーから砲身が開いて「ギャラクシーブラストレーザー」となる。さらにチップ挿入前とは発射音が変化する。
スーパーモード時のマスク装着ギミックや、胸部内に格納されたマトリクス等も再現されている。

その出来栄えは足首が回らない等の欠点もありながら、劇中通りの変形合体を完全再現できている。変形前後のプロポーションも抜群、フォースチップ関連のギミックや、マスクオン形態へのワンタッチ変形、他のTFとの合体ギミックなど充実している。
満足度の高い要素が揃ったこの玩具は、ファンの間ではファイヤーコンボイビッグコンボイなどと並ぶ傑作玩具との呼び声も高い。

その完成度の高さ故か、その後のリメイクはハイブリッドスタイル(ほぼ同ギミックのサイズ縮小版)など以外は全く出ていない。
更に、マスターピース化希望の投票からも落選してしまう(ちなみに一位はスターセイバー)など、人気キャラでありながら玩具展開的には長らく不遇の時代を過ごした。

シージ

十数年の時を経て遂に、セイバートロン星における戦いを描く新シリーズ「Siege of Cybertron」のキャラクターかつ同シリーズのウルトラマグナスのリデコアイテムとしてリメイクされる。

但し正確に言うとギャラクシーコンボイ自身のリメイクではなく、『ギャラクシーアップグレードオプティマスプライム』であり、「オプティマスプライムがアーマーを装着してギャラクシーコンボイのような容姿になった姿」というコンセプトになっている。そのためいわゆる「中の人」は最新のIDW版オプティマスに準拠したデザインとなっており、アーマー装着後のスーパーモードも当時品そのままを完全再現とまでは至っていない(特に下半身は色以外ウルトラマグナスそのまま)。
だがビークルモードはギャラクシーコンボイそのままであり、スーパーモードに関してもギャラクシーコンボイの要素はかなり押さえている。

余談

  • 担当声優の楠大典氏は『カーロボット』にて、悪のコンボイであるブラックコンボイを演じており、ギャラクシーコンボイの役が決定した時は非常に喜んだとか。
  • 漫画版を描いた岩本佳浩先生のイメージは「美味しいところを持っていく中々の策士」とのこと。アニメ版と比べてクールで闘志の熱いリーダーとして描かれ、スーパーモードにならずともマスターメガトロンをパンチ一撃で倒している猛者。
  • 海外版『Transformers Cybertron』では、『マイクロン伝説』のコンボイ(アルマダコンボイ)、『スーパーリンク』のグランドコンボイは三部作を通じて同一人物という設定だが、日本語版は(大人の事情で)この設定に準じていない。


関連タグ

関連記事

親記事

ギャラクシーフォース ぎゃらくしーふぉーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシーコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36031

コメント