ピクシブ百科事典

ドレッドロック

どれっどろっく

ドレッドロックは「トランスフォーマー ギャラクシーフォース」に登場するキャラクター。 海外名は「ジェットファイヤー」。
目次[非表示]

CV 石川英郎

概要

サイバトロン軍の副司令官で大型輸送機に変形。バイザーをしているが43話でバイザーの奥はカメラレンズみたいになっているのが分かる。
前線で戦うよりも基地の留守を預かったり、移民トランスフォーマーたちに指示を出したり、持ち前の判断力と分析力でギャラクシーコンボイのサポート役を担う場合が多い。時としてギャラクシーコンボイに真正面から異を唱えることもあるが、それ故にドレッドロックは彼から信頼されている。なおギャラクシーコンボイが一番信頼しているのはドレッドロックである。

かなり早い段階で地球に赴き、移住の準備をして地球の乗り物のデータを集めていた。ソニックボンバーのリクエスト「翼生えててタフなやつ」に応えるだけのデータがあるため、バラエティは多い模様。

性格は真面目で冷静沈着だが心配性。スピーディアの任務に就いたエクシリオンとファストエイドに対して性格が正反対で任務に支障をきたすのではないかと心配していたが結果的に二人は和解した。ただし、自身はソニックボンバーと反りが合わないのだが周囲に心配されるシーンはない。
メンバーへの気遣いを欠かさない責任感の強さ故に厳しい態度を取る事も多く、子供たちの任務同行には最後まで反対している。ただ25話のようにスタースクリームの所為で氷の中に閉じ込められたギャラクシーコンボイ達を助けるためにバーストアタックを使いかけるほど取り乱した事もあった。
このこともあってか、中の人DVD4巻のブックレットにて「サイバトロンのお母さん的存在」と語っている。

前2作品の副司令はきちんと「副司令」と呼ばれているのに彼は「若い」という理由でバックパック(バックギルド)以外はため口・呼び捨てにされている(ドレッドロック自身がそれを気にしている様子は描かれていないが中の人はぼやいていた)。

39話では予防プログラムのインストール(予防接種みたいなもの)が嫌いという意外な一面があり、何とかして逃れようとセイバートロン星に残るとまで言い出す始末。結局観念して受けたが、ファストガンナーはなぜか薄ら笑いを浮かべていた

マスターガルバトロンとの戦いが終わった後は新スペースブリッジ建設隊のリーダーになったギャラクシーコンボイに代わってサイバトロン軍総司令官代理で宇宙連合の議長に就任したが本人は「議長は自分でも総司令官は貴方だけです」との事。
最初は不安がっていたが、ギャラクシーコンボイが初めて総司令官を任命された時も同じ気持ちだったという事を打ち明けたのと仲間の励ましによって決意した。

余談

海外「Transformers Cybertron」では「マイクロン伝説」のジェットファイヤー、「スーパーリンク」のスカイファイヤーと同一人物という設定だが、日本語版はこの設定ではない。

米国のハズブロ社からはリカラー品が数多く発売されており、「Cybertron」シリーズからはジェットファイヤー(ドレッドロック)が潜入任務の為にディセプティコンに偽装したという設定のスカイシャドウが、実写映画シリーズからは生粋のディセプティコン兵士であるジェットストームが発売された。

変形するビークルに輸送機が選ばれた理由は、「飛行可能の機体だけど違ったものにしよう」という方針があったとの事。

漫画版ではベクタープライムに対して厳しくなっているがギャラクシーコンボイに宥められている。アニメ版と違い、バイザーの奥は双眼になっている模様。DVDではジャケットを飾れなかったが、こちらのカラーではガードシェルと一緒に描かれた。

中の人は後に『アニメイテッド』でジャズを担当している。

関連タグ

ギャラクシーフォース サイバトロン ジェットファイヤー 輸送機

pixivに投稿された作品 pixivで「ドレッドロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9382

コメント