ピクシブ百科事典

ビーストコンボイ

むちゃごりらあるいはいぼんこ

『ビーストウォーズ』の初代および、『メタルス』と『リターンズ』でのコンボイを指す言葉。
目次[非表示]

"やあ、メガトロン。悪いがそのデカくて悪どい顔の自慢ならまたにしてくれないか?"
"コンボイ! 変身!! うおぉぉおーッ!!"

概要

CV:ゲイリー・チョーク/吹:子安武人
海外制作のCGアニメ『ビーストウォーズ』、およびその続編の『メタルス』、『リターンズ』におけるコンボイ
「ビースト~」と付くのは後の玩具やこのような解説において区別を付ける為で、劇中での呼称は単に「コンボイ」で、さらに吹替版ではムチャゴリラ、コンちゃん、イボンコなどの愛称?がある。原語版での名前はオプティマス・プライマル(Optimus Primal)

ゴリラに変身するビースト戦士でサイバトロン(Maximals)のリーダー。
元々は惑星探査船「アクサロン」の艦長であり、サイバトロン軍の指揮官。総司令官ではなく、一介の宇宙船指揮官に過ぎない為、初代コンボイとは違いマトリクスは所有していない。
一方で、日本版の設定では「エネルゴンマトリクス」の所有者の一人になっている(雑誌記事や映画より)。
セイバートロン星からゴールデンディスクを奪い逃亡したメガトロンを追いタイムワープするが、追撃戦の末に彼らと共に惑星エネルゴアに不時着。エネルゴアの豊富な資源を元に宇宙征服を企むメガトロンを止める為、仲間達と共にデストロンに立ち向かう。

後にメタルスコンボイ→パワードコンボイ→リターンズコンボイへと姿を変え、この他にもセイバートロンモード、コンボバット、バーニングコンボイ、惑星アニマトロスでリフォーマットされた姿などが存在する。

人物像

リーダーとしては若輩で指揮経験は浅いが正義を誰よりも愛し、宿敵・デストロンとの戦いでは常に前線に立つ勇気を持つ。反面、その行動力の広さに敵どころか仲間まで振り回されることもしばしば。

また、ゴリラのためかバナナが大好きで、バナナのことになるとタガが外れる。
漫画版『メタルス』では「食いすぎて腹壊した」ことがあるらしい(ラットルのセリフより)。
タイガトロンからは「バナナは、おやつじゃないでござる」、ラットルからは「ちょっと食いすぎじゃないの」と突っ込まれ、ライノックスも無言だがあきれた様子だった。

日本語版のアニメでは岩浪美和による悪乗り気味なコメディ調の脚色が加えられたものの、元の原語版はシリアスかつ暗めのストーリーであり、漫画版『メタルス』では上記のバナナネタ以外でギャグシーンは一切見せていない。

容姿

コンボイ司令官
ビーストウォーズ コンボイ


普段のビーストモードの外見はゴリラそのもの。ただし、元が人型ロボットのためかやたら姿勢がいい
ロボットモードは、ゴリラから変身するため体の各所が黒い体毛に覆われており、やや短足。
頭部は歴代のコンボイ達とほぼ同じデザインだが、マスク部分から口が開いて露出しているのが特徴。また飛行用ブースター「コンボイジェット」を有し、エアラザー加入まではサイバトロン唯一の航空戦力であった。

メタルス

メタルスコンボイ


前作最終回でメガトロンの陰謀によりボディを破壊されるが、ライノックスの働きによってスパークが空っぽのプロトフォームに移植されメタルスコンボイとして復活、『メタルス』に参戦を果たした。

ビーストモードは青いメタルゴリラになり、ロボットモードが紫の毛皮が露出した筋肉質な外観になっている。
さらに、ビーストモード時に両足をサーフボードのように変形させて空を飛ぶことができるようになった(もちろんロボットモードでも飛ぶことはできる)。
玩具では顔が類人猿っぽくなっていたが、アニメではキリっとしたなかなかのイケメンになっている。

かなり影が薄く、ラットルからもその辺をツッコまれた。それ自体がもう彼の持ち味。タランスに吹き矢で操られた際、「コマネチ。冗談じゃないよ」と、ビートたけしの人格になってしまっていたこともある。

パワードコンボイ


さらにその後、メガトロンによって破壊された初代コンボイのスパークを一時的に体内に入れた影響でパワードコンボイに進化し、他のビースト戦士たちよりも巨大なボディになる。

外観は初代コンボイの意匠が増えており、ジェットモードタンクモードといった二つのビークルモードが追加。本人も「大きく強く格好良くなった」とかなり気に入っていた。
知り合いの蟹マニア…もといデプスチャージは、パワードコンボイになった彼を初めてみた際、その変貌ぶりに彼がコンボイだと一発で分からなかった。タイガーファルコンも、その余りのでかさに驚きを隠せなかった。

リターンズ

アニメイテッド風リターンズコンボイ


メガトロンのウイルスにより最初期の姿まで退化した上に、トランスフォームができなくなってしまう。その後「オラクル」によるリフォーマットを経て、有機体と無機物がバランスよく混ざり合った「リターンズコンボイ」となる。
オラクルの介入もあってか、たびたび精神世界に迷い込んだり仲間にオラクルの教えを唱えたりと、若干アブナイ方面へ向かってしまっている。
(視聴者曰くその時のコンボイは「イボンコ教の教祖様」)

ビーストモードは体の関節各所がメカメカしい以前より老け顔のゴリラに、ロボットモードではこれまでのシリーズとはかけ離れたデザインをしており、流線型を基調としたサイバーなメカデザインの銀色の人型(むしろ体毛のないゴリラ?)ロボットに変身する。戦闘では、両腕の手甲で相手の弾をはじき、胸からエネルギーの弾を生成して発射する。また、背中のジェットで飛行することも可能。

そのグロテスクなデザインから、海外の玩具展開ではその後初期の姿に戻ってしまったり、アメコミにおいても今までしてきたことを全否定されるなど不遇な扱いを受ける。
かっこいいだろ?かっこいいと言ってくれ!(切実)

(イボンコペッチャンコ・イェイ!イボンコペッチャンコ・イェイ!)
あの、コンボイだけど。お前ら・・・ぶっ飛ばすぞ。(怒)

普段は大人の都合上ギャグやアドリブをセーブされ、ツッコミにまわることが多かったが、『リターンズ』ではだいぶ規制が軽くなり、一話目から全力投球だった。
(ただし、さすがに物語の本筋からは脱線せずに決めるときは決めていた)

その他

バーニングコンボイ


  • 何気に数々の歴代コンボイと合体している。前述の休眠状態だったG1コンボイのスパークの力で「パワードコンボイ」になった他、『ビーストウォーズⅡ』の劇場版「ライオコンボイ危機一髪!」でゲスト出演した際は、ライオコンボイとのダブルマトリクスの力により「バーニングコンボイ」へとパワーアップを果たしている。
  • 日本展開の『ビーストウォーズリボーン』は『リターンズ』の後日談となっており、最初の姿で復活後、『ギャラクシーフォース』のアニマトロスにおいて10周年記念の新たな姿にリフォーマットされた。
    • 海外における後日談の『トランスフォーマーユニバース』でも異なる経緯で登場している。
  • 顔こそG1コンボイに似ているが、他シリーズのコンボイとは全くの別人。国内版の児童向け書籍などでは「初代コンボイの子孫」とされていたが、これは子供向けの翻案である。
  • 「コンボバット」というアマゾンにおけるコウモリの姿が存在する。
  • 海外の前日談コミックではメカニカルなセイバートロンモードが描かれた。
  • 実写シリーズの『最後の騎士王』には、ビーストコンボイが登場する案もあった(参照)。

リミックス

大いにはっちゃけており、二話制作されたリミックスはいずれも彼のバナナに関する話題が話の発端となっている。
再び開催されたものまね合戦では、いずれも神谷明が声優を務めたドカベン里中智バビル2世のモノマネを披露するがお仕置きされる。

オラクルがビーストの面々に「はずばなー(フリートーク対決・恥ずかしい話)」を振った『リターンズ』のDVD特典のリミックスではトップバッターでオナラネタを披露した。
あの、僕的なキャラでは、とても許せませんでした(笑)。すみません。

漫画版

アニメ版の影の薄さが嘘のように大活躍。ストーリーがシリアスで重い内容になっていることも大きいが、性格もかなり真面目になっている。さらに、「自分は悪の名を甘んじて受け正義として生きる」と言い切っている(今木商事の漫画にはそういうのが多い)。

大雑把だが、漫画版のことを書くと…
テラザウラー瞬殺。
ランページの境遇を憐れみながらも、その危険性ゆえに宇宙(衛星軌道)まですっ飛ばす。
ダイノボットを殺したジャガーを叩きのめし、腹に風穴を開けられながらも、仇討ちの〆の如くジャガー自身の銃を奪って彼に引導を渡す。
・タイガトロンを洗脳してエアラザーと殺し合いをさせた結果、首を切り離されたりスパークに致命傷を負うなどの反撃を受けたタランスを、タイガトロンとエアラザーの弔いとばかりに再生不可能になるまで粉砕。

・ドラゴンメガトロンとの最終決戦時にパワードコンボイへと進化するが、恐ろしいことにロボットモードである相手に対して劣るビーストモードで互角の死闘を繰り広げた末に、送る言葉と共にスパークを足で握り潰してメガトロンを地獄へ叩き落とす。
…などなど、こんな感じ。

関連タグ

トランスフォーマー ビーストウォーズ サイバトロン コンボイ
ゴリラ バナナ イボンコ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47421

コメント