ピクシブ百科事典

イボンコ

いぼんこ

イボンコとは、コンボイを逆さまに言ったもの。および『ビーストウォーズ』シリーズでのコンボイの愛称(?)。
目次[非表示]

チータス「イボの子供みたい!今日は"イボンコ"って呼ぼうじゃん!?(笑)」

概要

ビーストウォーズ』のCGアニメシリーズ第3作目『ビーストウォーズリターンズ』において誕生した
サイバトロンのリーダー・リターンズコンボイ愛称(…なのか?)。

ファンの中ではいつしか『ビーストウォーズ』シリーズのコンボイ(CV:子安武人)が総じてこの呼称を用いられるようになった(たまに他シリーズのコンボイもこの呼称で呼ばれる)。

事の発端は『リターンズ』のオープニングトークにて、チータスの提案で「みんなの名前を逆さにして言ってみよう」という話になった際、サイバトロンメンバーそれぞれが自分の名前を逆さに読んでみた結果、
コンボイを逆さに読むと「イボンコ」になってしまうことが判明。

その珍妙な響きがイボンコ除くサイバトロンメンバーのツボにはまり「今日はこの呼び方を使おう」という流れになり、なんと本編でもこの呼び方をするようになってしまった。要所要所でしきりにプッシュされたためか、局所的な知名度を誇っており、果ては敵方のメガトロンにすら
コン・ボイ・ワー、イボンコ。
と言われる始末である。

ちなみに当のイボンコ本人は、皆から嘲笑されるこの呼称を快く思っておらず、呼ばれる度に不機嫌そうな態度を見せる。(声のトーンを下げる・声を荒げる…等)

イボンコペッタンコ・イェイ♪


イボンコを定着させた最大の原因ともいえるサイバトロンメンバーによるラップ
物語中盤、イボンコがオラクル(セイバートロン星の神のようなもの)と一体化した際、肉体がペシャンコになってしまう。本来は非常にシリアスなシーンのはずなのだが、変わり果てたイボンコの姿を見た仲間たちからはラットルを皮切りに
イボンコペッチャンコ・イェイ!イボンコペッチャンコ・イェイ!
…と、ラップ調に歌われる始末。
このラップに対してコンボイはアイキャッチで「あの~コンボイだけど・・・お前ら、ぶっ飛ばすぞ?」と怒りを露わにしていた。

さらに後のオープニングトークにて、コンボイが「よぉ~し今日はラップだ~!」と言い出し、「私はコンボイ♪」と切り出した際も、直後に残りのサイバトロンメンバーがバックに流れるBGMに合わせて
イボンコペッタンコ・イェイ♪イボンコペッタンコ・イェイ♪
…と、半ば乗っ取られる形で再び歌われる羽目になった。(ちなみにコンボイ自身はOP終盤、仲間たちが歌い続けるなか「ビーストウォーズ・・・リターンズ・・・始まります」と何とかしめている)

声優無法地帯の極地とも言えるこの事態は、視聴者の腹筋を破壊どころか粉砕する威力を放っており、
良くも悪くもファンの記憶に深く刻み込まれる事となった。
(ちなみにこのラップ、おもちゃの発売元であるタカラトミーからはこっぴどく怒られたらしい。)
しかし、上記のとおりストーリーを考えたら、こんなネタを平気でやるのは不謹慎であろう。どんなに周囲が面白がっていても度が過ぎたり、当人が嫌がっているのであれば、それは嫌がらせ以外の何ものでもないのだから。
一方で「ストーリーがあまりにも陰鬱過ぎる(どれくらいかと言えばその凄惨さから日本放映が危ぶまれた挙句ごく限定的に放映され、アメリカではキャラデザインも相まってシリーズ存続の危機にまで達した)ため、(問題のラップはさておき)ある程度はっちゃけたほうが見る側も演じる側も幾分気が楽になったのでは」と出演陣のアドリブを擁護する声もなくはない。

・・・しかし2016年にe-hobby限定で発売されたトランスフォーマーレジェンズシリーズのコンボバットに付属する漫画ではイボンコペッチャンコ・イェイ!イボンコペッチャンコ・イェイ!とチータスたちが騒いでいるコマがある。(これ以外にもリターンズに関する描写がいくつかある。)
タカラトミーは許してくれたのだろうか、それとも・・・。

関連動画


関連項目

ビーストウォーズ ビーストウォーズリターンズ
コンボイ ビーストコンボイ 子安武人
平面化愛称(?)
ぜかまし・・・同じく名前の逆読み(イラスト内の浮き輪に書かれていたのがきっかけ)からついた通称。ついでに違う意味でペッタンコだったりする。

pixivに投稿された作品 pixivで「イボンコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250376

コメント