ピクシブ百科事典

クイックストライク

くいっくすとらいく

クイックストライクとは、ビーストウォーズに登場するキャラクターである。デストロンの戦士である。ぎっちょんちょん。
目次[非表示]

概要

CV:飛田展男
サソリの胴体とコブラの尾を持つフューザー戦士。
シルバーボルトと同時期に同じ場所で誕生した(シルバーボルトはサイバトロンの戦士となった)。
誕生後にセキュリティサーキットがオフになっている隙をメガトロンに狙われ、アクティベーションコードを書き換えられてデストロン戦士となったが、ほとんど自らの意志でデストロンに加わっている。
サソリとコブラで別々にしゃべり、声の高さも違う。
ビーストモード時のサソリの頭は低い声、コブラは高い声、ロボットモードではその中間の声(声優が同じコックカワサキ丸尾君みたいな)を発する。
別人格を持っているような描写も点在しており、同じフューザー戦士のシルバーボルトやタイガーファルコンとは異色な存在となっている。

口癖は「ぎっちょん!(ぎっちょんぎっちょん!)(ぎっちょんちょん!)」や「ブラ~!(コブラ~!)」。
ちなみに、OPで「ブラ~!」の発音は下の口を意識して言うのがコツとのこと。

性格は誕生時から攻撃的かつ好戦的であり、近くにいたシルバーボルトに対してすぐに攻撃してきたり、無抵抗な相手に追い討ちをしたりと加虐趣味も持っている。
しかし戦闘力は誕生したてで未熟ゆえかそれほどでもなく、あっさり倒されることも多い。
手ぶらのダイノボット戦にいたってはプロレス技でやられている。
また、シルバーボルトや後輩にあたるランページのように主役回もない。
本人もこのことを気にしている。

基本的にはメガトロンに忠実でよく働くが「いたぶる楽しみが減る」という理由でサイバトロン撃滅の中止をメガトロンに進言したり、タランスにそそのかされてメガトロンを裏切ったこともある。
女戦士のブラックウィドーに鼻の下を伸ばしたり、命令に稀にそむくなど、不真面目な言動も多い。

エイリアン宇宙船に侵入した際には川口浩探検隊のナレーションみたいなことをしており、メガトロンから「ナレーションの人」と言われている。
機動戦士ガンダム機動戦士Zガンダムの次回予告での決めゼリフを披露している。

最期はメガトロンに見捨てられ、原人の村を襲っている最中にネメシスの砲撃を受け、一緒に行動していたインフェルノ共々死亡。
その後、パーツは原人達の笛や面、棒立てにされてしまった。
日本語版では自我が残っているのか「情けない」と嘆いていた。

なお、「メタルス」本編の前に先行上映された劇場版に於いては、魔術師のような軍師キャラとして想定されていたようで、「~でございます」という慇懃無礼な口調となっており、
スパークを拘束されて苦しむランページに「クハハハハ!!」と笑うなど本編とはかけ離れた不気味で凶悪な印象となっている。

リミックスでは

精神崩壊したカミーユ・ビダンのような声で、トランスフォーマーシリーズは群像劇であるはずなのに自分の役割が脇役であることや最初は「ぎっちょんちょん」「ブラ~」というセリフを言うのを恥ずかしかったことを母につぶやいている(その前にテラザウラー役で「ざんす」や「カァー!」と言っていたはずだが)。
このシーンのBGMはダイノボットのさだまさし風の歌が使われている。
さらに有名ナレーションのモノマネを披露してリミックスの暴走を助長している(テロップまでついている)。
ものまね合戦では『刑事コロンボ』のコロンボのモノマネを披露するが、メガトロンに「良い子のみんなには分かんねーよ!」としてお仕置きされた。

コミカライズ版

コミックボンボンで連載された漫画版では、第1話でブラックウィドーと共にスコルポスコラーダに似たドローンの兵隊を率いてサイバトロン基地を襲撃する。
しかしその後はジャガーによってハチの巣にされた死体となって登場した。
ランページのスパークを受けてゾンビ化し復活するが、なぜか自分を殺したわけではないコンボイに襲いかかっていた。

関連タグ

ビーストウォーズ ディセプティコン
メガトロン スコルポス テラザウラー ワスピーター タランス ブラックウィドー インフェルノ ランページ 
ダイノボット

pixivに投稿された作品 pixivで「クイックストライク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7617

コメント