ピクシブ百科事典

ビーストウォーズメタルス

びーすとうぉーずめたるす

『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス』とは、1999年10月から2000年3月までテレビ東京系にて放送されたTVアニメ作品である。
目次[非表示]

概要

カナダのメインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」第2、第3シーズンの日本語吹替版であり、『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の続編。日本ではローカライズや放映権の問題で一年以上放送が遅れた。
次作に『ビーストウォーズリターンズ』が存在するが、数年越しでの日本放映となる。

前作は子供たちに受け入れられるようにアドリブをいれたのが、さらにヒートアップどころか、5秒CM,アイキャッチ、EDすらキャラが喋りまくりになっており、次回予告も予告すらない予告になってしまった。

REMIX

本編中のエピソードの一部が劇場公開用に転用された為に制作されたいわゆる総集編。
な の だ が
元々海外作品である為に台詞と口パクが合っていない事を悪よu・・・逆手にとり、それまで放映されたシーンの継ぎ接ぎに勝手な台詞を当てはめて全く別の話に仕立て上げたいわば公式MAD
それまでのあらすじだとか今後の展開への含みを持たせるといった要素は皆無で、本編の展開には関係無いとばかりにカオスな内容になっている。
番組開始時点からOPをキャラクター全員で合唱する上にネタを仕込むなどやりたい放題である。

漫画版

コミックボンボンにて今木商事によって漫画化された。本編と打って変わってのシリアスとなっている。ただラットルはビーストモードをデフォルメ化されている

ギャグ描写がほとんど見当たらず、『セカンド』と『ネオ』以上にアニメとかけ離れた内容である。
コンボイは生真面目な性格で作中最強クラスの強さを誇り、アニメ版でたびたび指摘された影の薄さを吹き飛ばしている。メガトロンもひょうきんなキャラではなく、他の破壊大帝のような口調に変更されている。
因みにエアラザーは原語版に合わせて女性として描かれていた。
25話の予告で「メタルスになってない」と愚痴をこぼしたライノックスとワスピーターは晴れてメタルス化。

現在でも単行本化されていないが、代わりに電子書籍で読了可能。

あらすじ

メガトロンの策略に遭いながらもエイリアンのマシンに激突し散ったコンボイ(前作最終話)。彼の捨て身の活躍によりマシンは破壊されたが、その時クォンタムサージというエネルギー波が発生、それを浴びてしまったビースト戦士達はトランスメタルスへと進化。メタルのボディと第三形態「ビークルモード」を入手。さらにふたつのビーストが融合したフューザー戦士が誕生。

命を散ったコンボイだったが、ライノックスの尽力によって復活。正義のサイバトロン戦士と悪のデストロン軍団によるビーストウォーズはさらに続いていく。

そして、惑星エネルゴアの正体と同時にメガトロンの真の目的が明らかとなる・・・。

主な登場キャラクター

前作からの続投(メタルス含む)



新キャラクター

タイガーファルコン(CV:遠近孝一)
ホワイトタイガーのフェーザー戦士で、タイガトロンエアラザーが合体した姿。口癖は「~ござるでしょう」。

シルバーボルト(CV:岩田光央
のフェーザー戦士。超生真面目な、自称・愛の戦士。口癖は「~デス!」。

デプスチャージ(CV:梁田清之
エイに変身する戦士。正確にはサイバトロンではないが、コンボイとは旧知の仲。口癖は「エ~イ」、「い~と~まきまき」。

クイックストライク(CV:飛田展男
サソリコブラのフェーザー戦士。口癖は「ぎっちょんちょん」「ぶら~」。

ランページ(CV:檜山修之
カニに変身する不死身のミュータント戦士。広島弁の勇者王。口癖は「ちょっきんな~」。

ジャガー(CV:森川智之
かつてサウンドウェーブの配下(カセットロン)であった旧デストロン兵士。ビースト戦士に生まれ変わった。

関連イラスト

ビーストウォーズメタルス単行本化記念
ドラゴンメガトロン


ラブタイフーン
二人きりで…


「 今まで正直に生きてきた 」
【web再録】BWメタルス化してないキャラのメタルス化妄想漫画



関連タグ

トランスフォーマー ロボットアニメ 玩具 動物 融合フュージョン
無印メタルスリターンズ(CGビーストウォーズ)
ネオメタルスカーロボット(テレビ放映順)

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストウォーズメタルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50244

コメント