ピクシブ百科事典

ビーストウォーズメタルス

びーすとうぉーずめたるす

『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』とは、日本国内における『ビーストウォーズ』シリーズ第4弾(第2弾)。
目次[非表示]

概要

カナダのメインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」第2、第3シーズンの日本語吹替版であり、『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の続編。
日本ではローカライズや放映権の問題で1年以上の間隔を開けた後、1999年10月から2000年3月までテレビ東京系にて放送された。
次作に『ビーストウォーズリターンズ』が存在するが、こちらは諸事情により4年越しでの日本上陸となった。詳細はリンク先を参照。

前作で取り入れた岩浪美和による脚色ネタ、声優達により時折挿入されるアドリブが、視聴者から評判が良かったことから、前作以上にお笑いネタ成分を増やしている。特に前作では真面目だった各話サブタイトルは、もはや酒を飲んで適当に考えたとしか思えない程にふざけたものになっている
これを皮切りに本作はさらにヒートアップどころか、新たに番組放送前の5秒CM、アイキャッチ、EDすらキャラが喋りまくりになる。次回予告も予告にすらなってると言えない予告になってしまったばかりか、真面目にあらすじを解説したキャラが非難されたことすらあった

一方でトランスフォーマーの死亡シーンが前作に比べて明らかに多く、ダイノボットの死を始め物悲しいシーンはアドリブを入れるにしても、少し切ないものになっているのが特徴。
しかし陰鬱な展開が続くのを避けるためか、番組の構成自体は「本編は最低限真面目さを保つ、OPEDでは全力でふざける」という形が定着するようになった。そのためか、最初に該当シーンを見ただけでは、そのキャラが死亡したとすぐには分かり辛いシーンもあり、タランスを演じていた長島雄一(チョー)はタランスが死んだことを把握していなかった。

玩具版等ではほぼ全員メタルス化しているのにも関わらず、ライノックスやワスピーターなど本来設定上では条件を満たしていても状況を変えてメタルス化しなかった(させなかった)キャラも多かった。さらにテラザウラーとスコルポスに至っては玩具も出ているのにいきなり何の感慨もなく死亡している。これらは全てアニメ制作におけるモデリングの負担を減らすためという大分世知辛い理由で、本場海外で人気が出なかったテラザウラーとスコルポスは速攻で退場させられたのである。そんな殺生な…。当時はまだ3DCG黎明期だったことが災いしたと言えるだろう。

ファンからの期待値も高く、「待ってました!」という声が当時とても多かったという。ビーストネオ終了後の新番組の宣伝で狂喜乱舞した子供は多かったことだろう。
初期ビースト、メタルスを経て声優からの注目度も高くなり、出演を熱望する声も増えた。しかし脚色を担当する監督の岩浪美和から「お前はダメだな(ウケるネタができない)」と面と向かって言われて凹んだ声優も何人かいるとか。

先の通り、リターンズの放送までは長い時間を空けることとなったが、これもまたファンからは放送を熱望されていた。特にネット黎明期からまめにファンと交流していたワスピーター役の加藤賢崇は、そのファンの熱を間近で見ており「やれば絶対成功する」と確信していたとか。

REMIX(リミックス)

本編中のエピソードの一部が劇場公開用に転用された為に制作されたいわゆる総集編。
な の だ が
元々海外作品である為に台詞と口パクが合っていない事を悪よu…逆手にとり、それまで放映されたシーンの継ぎ接ぎに勝手な台詞を当てはめて全く別の話に仕立て上げたいわば公式MAD
それまでのあらすじだとか今後の展開への含みを持たせるといった要素は皆無で、本編の展開には関係無いとばかりにカオスな内容になっている。
番組開始時点からOPをキャラクター全員で合唱する上にネタを仕込むなどやりたい放題である。
最終回のリミックスでは、前話のシリアスから一転してあまりにも展開が突飛過ぎたためか、テレビ局に問い合わせが殺到。脚色担当にして現場のボスとも言える岩浪曰く、その内容はクレームではなく「今私が見ていたものはなんだったのか?」という根本的な質問がほとんどだったという。

漫画版

コミックボンボンにて今木商事によって漫画化された。本編と打って変わってのシリアスとなっている。ただラットルはビーストモードをデフォルメ化されている。

ギャグ描写がほとんど見当たらず、『セカンド』と『ネオ』以上にアニメとかけ離れた内容である。
コンボイは生真面目な性格で作中最強クラスの強さを誇り、アニメ版でたびたび指摘された影の薄さを吹き飛ばしている。メガトロンもひょうきんなキャラではなく、他の破壊大帝のような口調に変更されている。
因みにエアラザーは原語版に合わせて女性として描かれていた。
25話の予告で「メタルスになってない」と愚痴をこぼしたライノックスとワスピーターは晴れてメタルス化。

電子書籍で読了可能。さらに2016年7月に復刊ドットコムより単行本が発売された。

あらすじ

前作の最終回でメガトロンの策略に遭いながらエイリアンの惑星破壊兵器に激突し、散ったコンボイ。彼の捨て身の活躍で兵器は破壊されたが、その際クォンタムサージというエネルギー波が発生。それを浴びてしまったビースト戦士達はトランスメタルスへと進化。メタルのボディと第3形態「ビークルモード」を入手。さらに2つのビーストが融合したフューザー戦士が誕生。

その後コンボイは、ライノックスの尽力によって復活。正義のサイバトロン戦士と悪のデストロン軍団によるビーストウォーズはさらに続いていく。

そして、惑星エネルゴアの正体と同時にメガトロンの真の目的が明らかとなる・・・。

主な登場キャラクター

前作からの続投(メタルス含む)



なお、テラザウラースコルポスも前作から続投したものの、1話序盤であっさりと退場となった。

新キャラクター

  • 調停特使 タイガーファルコン(CV:遠近孝一)
    • ホワイトタイガーのフューザー戦士で、タイガトロンとエアラザーが合体した姿。口癖は「~ござるでしょう」。







ゴールデンディスクとは



この項目は前作から継続しているアイテムのネタバレとなります。下記にご注意ください

























メガトロンがサイバトロンの本部から盗みだしたゴールデンディスク。これはかつて地球人が宇宙探索計画の一環として打ち上げた探査機ボイジャーに積まれたゴールデンレコードだった。初代メガトロンはこのレコードに様々なデータと共にメッセージを書き加えていたのである。その内容とは自分達が敗北をした未来を想定した将来のデストロンへ向けてのものだった。将来トランスフォーマーのワープ技術は時空移動を可能とするのを予期しておりその暁には「太古の地球へ向かい、地球へ墜落して機能停止状態であった初代コンボイを抹殺、デストロンへの勝利へ誘導するように歴史を改変しろ」というものだった。メガトロンはこのメッセージを解読に成功。同じくディスクには当時地球に存在した莫大なエネルゴン鉱脈についても記されていたためそれでデストロンの立て直しを図るという話をエサに配下を集め着いた星がやはり地球であったことが判明したことで計画を本格的に実行に移すのであった。
つまり、デストロンからの逃亡者達とその追跡者達の小競り合いかと思われた戦いは、トランスフォーマー、ひいては地球や宇宙の未来を揺るがしかねない深刻なものだったのである





























関連イラスト

ビーストウォーズメタルス単行本化記念
ドラゴンメガトロン


ラブタイフーン
「 今まで正直に生きてきた 」


.
【web再録】BWメタルス化してないキャラのメタルス化妄想漫画



関連動画



関連タグ

トランスフォーマー ロボットアニメ 玩具 動物 融合フュージョン
無印メタルスリターンズ(CGビーストウォーズ順)
無印メタルスリターンズリボーンセカンドネオ(日本版ビーストウォーズシリーズ順)
無印→セカンドネオメタルスカーロボット(テレビ放映順)

関連記事

親記事

ビーストウォーズ びーすとうぉーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビーストウォーズメタルス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビーストウォーズメタルス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93032

コメント