ピクシブ百科事典

ファイヤーコンボイ

ふぁいやーこんぼい

アニメ『トランスフォーマー カーロボット』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ファイヤーコンボイ


熱い心に不可能はない!
CV橋本さとし/英:ニール・キャプラン
トランスフォーマーカーロボット』に登場するキャラクター。コンボイの名の通り、『トランスフォーマー』シリーズの歴代総司令官の一人であり、サイバトロンのリーダー的存在である。
海外版『Transformers Robots in Disguise』では、オプティマスプライムの名で呼ばれている。

ビークルモード消防車。普段はそれに変形して活動しており、敵襲来の際には車内に搭乗している消防士に降車を促すシーンも見られる。
消防車に変形するからファイヤーコンボイなのは容易に想像つくが、肩書きもそれにちなんでか「炎の司令官」である。

ゴッドマグナスは双子の兄弟、アートファイヤーが親戚などと、やたら家族構成がはっきりとしている。

人物像

性格は天然でお人よし。司令官としての作戦は微妙だが悪運などで乗り切っている。
その悪運と天然でデストロンガーをフルボッコ……もとい戦い抜いた。そのサイバトロンガーの司令官だとか、さらに赤いサイバトロンの一員としても知られる。
親戚にスパイチェンジャーのリーダーアートファイヤー、そして兄弟の関係にあるゴッドマグナス(英名:ウルトラマグナス)がいる(ただし、兄か弟かは不明)。
宿敵ギガトロンとは「腐れ縁」レベルの幼馴染。

G1コンボイに負けず劣らずの豪快かつ天然ボケ気質のせいでサイバトロンガー破壊大帝として知られている。最終回の言動からしても影の支配者としては申し分ない活躍である。基本的にレベルを上げて物理で殴るを地で行くド直球万歳な性格。「いい考え」がなくても何とかなり、悪運が強い。口癖もずばり「熱い心に不可能は無い」であり、まさに熱血主人公そのもの。なお、この台詞に対し、敵のゲルシャークから1度だけ「(不可能なことは)ある」と突っ込まれた。

人の良さも最強で、簡単に人を信じてしまうが、騙されたと気づいた後の言動は最凶であり、正義の味方らしからぬ追い討ち、ダメ押し、毒舌、連続攻撃をやってのける。決して怒らせてはいけない司令官の一人。ゲルシャークのギガトロンに対する忠誠心は高く評価しているが、彼が一句詠んだ時は「俳句じゃなくて川柳だ。面白くない。」とバッサリ切り捨てた事がある。

ライオコンボイ同様、息子…ではないが彼から生まれ存在であるブラックコンボイがいるが、彼はサイバトロン時代より過激思想の政治犯だったうえ、誕生するときギガトロンに悪のスパークを注入され悪の側についてしまった。

容姿・能力

初代コンボイ寄りの姿であるが、ビークルモードが消防車(ファイヤー炎神)となっている。
車体前部がファイヤーコンボイへと変形し、分離した車体後部は整備基地・トランスリペアとなる。

炎の司令官
スーパーファイヤーコンボイ


この後部パーツをファイヤーコンボイに装着する事で巨大合体・スーパーファイヤーコンボイとなり、トランスマインやファイヤーナックル等の一部のパーツを簡易的に装備した形態も存在する。
必殺技は背部の回転灯から赤い閃光を放つファイヤーフラッシュや、放水口から冷気を噴射し相手を凍結させるブリザードストーム等。

また、番組後半ではゴッドマグナスと合体する事でゴッドファイヤーコンボイへとパワーアップする。
ゴッドマグナスと握手をする事によって合体することが可能で、合体後のゴッドファイヤーコンボイ(英語名はオメガプライム:Omega Prime)はアメコミでは全トランスフォーマー中最強の強さを誇り、不完全な状態とはいえあのユニクロンを完膚なきまでにボコボコにするほど。

玩具

『カーロボット』シリーズの第1弾として発売され、透明窓の付いたコンパクトな箱にビークルモードで梱包された初期生産版と、股関節部が砕けやすい初期生産版の欠陥を解消し、ロボットモードで梱包された後期生産版の2つがある。

メッキパーツや軟質素材製のゴムタイヤを採用し、ビークルモードの質感を高めた点はトランスフォーマーの祖たる『ダイアクロン カーロボット』譲りであり、外観もビークル・ロボット両モードで全く破綻がなく、ファイアーコンボイ時に余ったパーツ(車両後部)を組み替えて整備基地・トランスリペアとなる。更にファイヤーコンボイにビークルの一部のパーツ(ファイヤーナックルとトランスマイン)を取り付けた簡易的なパワーアップモードにも組み換え可能。

ギミックも豊富で、ビークルモードでは回転灯を発光させながらサイレンを鳴らし、ロボットモードでは数種のセリフをランダムで発する。梯子は実車と同様に延長可能で、先端部はスイッチ操作で放水銃が展開し、梯子の基部のスイッチを押すとスプリング仕掛けで発射可能な4基のミサイルランチャーが跳ね上がる。

更に余剰パーツと合体した強化形態・スーパーファイヤーコンボイとなる事も可能で、なおかつ合体モードでもほぼ全ての関節が可動する…などなど、前年の『トランスフォーマーG2』や『ビーストウォーズ』で培われたそれまでの技術の集大成とも呼ぶべき一品となっている。また、ゴッドファイヤーコンボイへのパワーアップ合体も劇中でゴッドマグナスと握手をするシークエンスを再現可能となっている。

ボディの一部をクリア素材に変更し、ゴッドマグナスとスーパーゴッドソードを同梱したトイザらス限定販売品や、『トランスフォーマーカーロボット』DVD&セルビデオの応募特典として抽選で100名にプレゼントされたブラックバージョンなど、その後も国内外でカラーリングを変更した多数のファイヤーコンボイの玩具が製造された。

余談

海外で発売されたコミックでは、『Transformers Cybertron』(ギャラクシーフォースの海外版)の世界で復活したユニクロンを相手にゴッドファイヤーコンボイ(英名:オメガプライム)となって立ち向かい、善戦している。(もっとも、この時点ではユニクロンが完全でなかったともいえたが)

詳しくは省略するが、海外のファンの間で『カーロボット』は、最高傑作として今でも根強い支持を得ている。そのため、ユニクロンさえ圧倒してしまう破格の扱いも当然といえば当然だったり。他にも放送当時に起きたあの「9.11」で、ファイヤーメン(消防士)がヒーローになったからというのも理由の1つらしい。

関連イラスト

落書きファイヤーコンボイ
11/22


カーロボット サイバトロン
熱い心に不可能はない



関連タグ

関連記事

親記事

トランスフォーマーカーロボット とらんすふぉーまーかーろぼっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイヤーコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39576

コメント