ピクシブ百科事典

赤いサイバトロン

あかいさいばとろん

赤いサイバトロンとは、『トランスフォーマー』シリーズのファンが使う通称の一つ。「サイバトロン赤組」とも。
目次[非表示]

概要

サイバトロンといえば、『トランスフォーマー』シリーズ内における正義の組織であるが、初代アニメの『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』及びその続編『2010』では正義の味方とは思えない過激な言動がかなり目立つ。中でもクリフ、アイアンハイド、そしてコンボイが有名でメインカラーが赤色なことから、この通称が生まれた。

その一例

クリフ
(ハウンド偵察に行くと言うのに続いて)「私も行って、デストロンの奴等を2、3人血祭りに上げてきます!」
スタースクリームを「後ろにコンボイがいる」と言って騙した後に)「どこでもないのさ!相変わらずバカな奴だよ。まだこんな古臭いトリックに引っかかる奴なんてお前ぐらいしかいないぜ!」
アイアンハイド
「デストロンめ、よぉーし引きずり下ろして細切れにしてやる!」
「この卑怯者共めが!一人残らずスクラップにしてやる!
「今日こそデストロンを屑鉄の山に変えてしまおうぜ!」
「スタースクリームの奴を離陸する前に叩いとこうぜ!」
(敵対する人間に対して)「戦車を屑鉄に変えてやるぜ!」
(敵対する人間に対して)「一言命令してください司令官!そうすれば……!
「一体いつになったらあのクソッタレ共に総攻撃を仕掛けるんです!?」
コンボイ
メガトロンに対して)「お前は年を取り過ぎた時代遅れのロボットだ!スクラップが似合うぞ!
「もういい!もうたくさんだ!ダイノボットを破壊する」
相手は温かい血の流れた生き物だ。デストロンのような冷たい鉄の塊と一緒にしてはならんぞ!」
「いいだろう。しかし一人で逝くのは寂しい。是非とも道連れが欲しいんだがな。デバスター、お前も一緒だ!」
「撃って撃って撃ちまくれ!」
(敵対した人間の老人に対して)「チャムリー卿!壁飾りになるのは果たしてどっちかな!?」
(チャムリー卿を追い詰めながら)「我々の求めていた獲物はこっちなんだ!」

ほかのメンバーはどうか

サイバトロンであるにも関わらず物騒な物言いをしているのは何も例の3人だけではない。

マイスター副官

「今日という今日は息の根を止めてやる!」

インフェルノ

「(基地で暴れたクレムジークに対して)なぁんて奴だ、装置を粉々にしやがった。もう我慢できないぞ!捕まえるのが無理なら撃ち殺してやる!

ワーパス

「そんなのデストロンの仕業に決まってまさぁ!さっそく奴らの隠れ家を襲いましょうよ!
「こうなったら皆で乗り込んでって、あの爺さん(チャムリー卿のこと)を痛い目に遭わせてやりましょうや!

バンブル

「やったやった!もう最高だもんね!メガトロンのやつ自滅しやがってんのザマーミロ!今度こそ奴もおしまいですよ!」
「ははは!ジャガー君、そこで永遠に冷たくなってな!

トレイルブレイカー

(メガトロンが「部下の代わりなどいくらでもいる」と言ってスタースクリームを見捨てて逃げようとした結果、川に部下共々流されるのを見て)「ざまあみろ!血も涙もないこと言うから罰が当たったんだ!反省しろよ!わはははははは!(周りの仲間も大笑い)」

ラチェット

(治療を急かすアイアンハイドに対して)「怪我人は黙ってろ、発声回路切っちまうぞ
(頑固なゴングに対して)「では名医の診断を発表しよう。いいから黙って乗れぃ!」

ストリーク

スナールを取り押さえようとするアイアンハイドに)「手を貸すぜアイアンハイド。何やってんだしっかり押さえてろ!ああ、もう邪魔だ!どいてろ!
ホントの戦いなら、粉々にしてやるんだが…(ダイノボットが吠えて)ああ、嘘…(汗)」

チャージャー

「かつてはメガトロンの首だったはずの金属の塊を蹴っ飛ばして、サッカーでもして遊ぼうじゃないの!」

ランボル

「上等だ!ケンカなら俺にまかせな!」
「しょうがない、パンチだけで勘弁してやるか
(スタースクリームを海に落とした後に)「ハッ!そういえば、スタースクリームの奴泳げたっけか?」

パーセプター

(ダイノボットの中で一番頭が良いと言うグリムロックに対して)「そいつは認めるよグリムロック。でもねぇ、ダイノボットの頭そのものが少し弱いからねぇ

シルバーボルト

デストロンの屑共を叩き潰すんだ!

サンストリーカー

「人間なんて信用できん!下等な生命体に過ぎないと私は言ってただろう!」

ロディマスコンボイ

「その時は、生き残ったデストロン共を全員鉄屑に変えてやる!
「武器を持たない者を撃ちたくないが仕方ない!やめろー!本当に殺すぞ!!

ウルトラマグナス

(宇宙ペストに感染し)「ロディマスのひよっこ野郎はどこだァ!!ぶっ殺してやるゥ!!」

スプラング

(「降伏した相手を撃ってはいけない」という協定に関して)「あぁ、その協定ならよーく知ってるぜ。だが守る気はサラサラ無いんだ

と、これだけ挙げても氷山の一角に過ぎず、とにかく敵であるデストロンを異様なまでに罵倒したり、それだけでなく時としては仲間やサイバトロンに敵対する人間達にさえも上記のような過激な言動を浴びせる場合もある。
上記に挙げたセリフの中でクリフアイアンハイドコンボイインフェルノワーパスといった主に赤を基調としたボディを持つキャラクターが発言している為、「サイバトロン赤組」と呼ばれることも(補足するとパーセプターも赤いボディだが、上記の発言以外特に過激な発言はなく、どちらかと言えば彼は「絶叫要員」としてネタにされている)。

しかし…

実は、日本語版での上記のセリフの一部は原語版の直訳とは異なる。なんと、英語版では無難なセリフが訳者や声優のアドリブによって、より過激なニュアンスのセリフにされてしまったこともある。
こういった過激な言動は初代だけでなく、次回作の『2010』を初め、後年の『トランスフォーマー』シリーズにも(悪い意味で)見事に受け継がれてしまっている。戦い方にも効率性と感情が非常に良く込められており、そんな彼にはPixiv上にて栄誉ある称号が与えられた

そしてデストロンがアメリカの規制上「人間を殺さない(殺せない)」(映像には描写されていないだけで、デストロンの行動によって少なからず人間が死んでいる可能性が高いと考えられるシーンは何度かある)ことや、「自然環境に優しいエネルギーだけを強奪するなど加減をした悪事を見せることが目立つため、ファンによってこの点が強調されてしまったのが原因である。

この影響もあってか、善悪が反転した作品『シャッタード・グラス』では両軍とも「違和感がない」と言われてしまうほど。
ただこれは先に述べたようにファンから強調されたことであり、実際はデストロンの方が当然明確な悪事を働いていることがほとんどである。サイバトロンや人間との約束を破って自身の利益のみを追求したことも一度や二度ではない。
要するに「私にいい考えがある」と同じく強調されたイメージが独り歩きしすぎているだけという実態があることは理解すべきである。

原因・背景

サイバトロンのトランスフォーマー達がここまでデストロンを憎むのは、彼らによって故郷であるセイバートロン星を著しく荒廃させられたためで、コンボイに至っては恋仲を殺されかけて(というかアルファートリンがいなければコンボイ含めて死んでいた)いる。
そもそもネットスラング的にデストロンが美化されているだけであって、メガトロンでさえも本編では小物な一面をしばしば見せている。第一にメガトロンの作戦そのものは大抵地球や宇宙のためになっていないことが多く、憎まれるのは仕方のないことだろう。
そもそも海外のドラマでは主人公はヒーローであっても俗っぽい一面を持っており、「ヒーロー(主人公)は新品のシーツのように潔白・紳士であるべき」という価値観は日本によるものが強い。様々な個性が寄り集まるのは軍隊としては当然と言える(実際サイバトロンは過激なメンバーだけではないし、ピーチコンバーやシースプレーなど自然を愛する温厚な者も居る)。

さらにデストロンのこういった悪の組織らしからぬ描写はテレビ版のみに限られる。
日本では公開されていないコミック版や『ザ・ムービー』では、躊躇なく人間達を虐殺し、醜い仲間割れを起こす事もしばしば(オートボット側もよく起こす)あり、デストロンが普通に悪役している。
(テレビ版の場合は玩具の販促も兼ねている為、「キャラを不用意に死なせると困る」という大人の事情もある)

また、そもそもこれらはあくまでトランスフォーマーファンによるジョーク的な意味合いの強いネタである。が、残念な事にネタではなく本気でサイバトロンを邪悪な存在とみなす心無いファンも多く、それ故に一部のファンには蔑称と捉え嫌っている人も多い為に不用意にこの用語を使うのは控えるべきであろう。

サイバトロンにはサイバトロンの魅力が、デストロンにはデストロンの魅力がそれぞれ存在することを忘れてはならない。

なので最後にこれだけは言っておこう。
「サイバトロンは『正義』と『平和』を愛するトランスフォーマー達である。決して正義(笑)とか平和(笑)とか言わないように」

関連イラスト

血祭りだああああああああああああ
自由と平和の戦士達
サイバトロンの赤い奴ら
我ら!正義の!
ク「ヒャッハァ!血祭りだぁ~!」



関連タグ

関連記事

親記事

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー たたかえちょうろぼっとせいめいたいとらんすふぉーまー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「赤いサイバトロン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「赤いサイバトロン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193980

コメント