ピクシブ百科事典

マイスター副官

まいすたーふくかん

『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

Pixivでは「マイスター」と「トランスフォーマー」で検索した方がかかりやすい。「マイスター」と「副官」を分けて登録している投稿者も何人かいる模様。

G1

【トランスフォーマー】マイスター


CV:片岡弘貴
初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』では、ノイズアタックを得意とするサイバトロンの副官。マルティニカラーのポルシェ935ターボに変形する。一人称は「私」でとても紳士的。
海外版は日本語版に比べるとノリのいい陽気な一面が強く出てはいるが、気の良い性格は変わらない。

司令官よりも指揮力が高く意外と部下をまとめているシーンもあるが、基本的に出番は少なく、概ねアイアンハイドに司令官代理を奪われてしまっている。
その肝心の登場シーンは概ね可愛げのある場面ばかりで、他のメンバーが「うるさい」と騒ぐブロードキャストのやかましい音楽に、ノリノリで踊ってみせた事がある。
音を使う攻撃を持つ者同士なためか、彼の音楽性を唯一理解できる存在となっている様子。

他にもスパイクを驚かす為にに埋もれてみたりした事もある。おそらく何時間もその場で動かず待っていたのだろうが、意外と暇人なのでは………?
ちなみに初期メンバーが次々と非業の死を遂げる『ザ・ムービー』では珍しくユニクロン戦争を生き抜いている。

これらのシーンと片岡氏の独特の声により、日本版のマイスターはとても気さくでかつ親しみのあるキャラクター付けがなされている。
これ以降片岡氏が声優としてほとんど活動していないのが残念でならないくらい素敵である。なお、彼は同作でもホイストランボルなどの声も担当している。
マイスターファンは是非、初代32話「スカイゴッド」を見てみよう。名台詞がたくさん聞けるぞ!

魅力的なキャラクターゆえに海外ではプリテンダーやアクションマスターの新商品に起用され、『G2』でも音符の模様を強調した塗装で再登場を果たした。日本でも『トランスフォーマーV』の時期に海外版プリテンダーの中身だけが販売されていた。
しかしながら、『バイナルテック』を最後に彼の名前を冠したキャラは『キュートランスフォーマー』まで登場していない。オォゥ…

なお副官という役職は、実は日本版固有の設定で、原語版では単なる工作員にすぎない。
副官の仕事は、アニメの場合もっぱらアイアンハイドが、海外版玩具マーベルUKではプロールが務める。

キュートランスフォーマー

3/17Qトランスフォーマー第11話ゲストマイスター


CV:遊佐浩二
キュートランスフォーマー』1期第11話、および2期最終回に登場。ジャズじゃなくてマイスター。トランスフォーマー日本展開30周年を記念してご祝儀を持ってきた。ビークルモードはハチロクトレノこと「トヨタ スプリンタートレノ AE86」。

歴代シリーズにおける同名キャラの存在について水戸黄門を例えに使った他、オプティマスとコンボイの違いを「世代的なもの」と考え、バンブルビーを「こせがれ」と呼ぶ一方なぜか例えにビフテキを使い自身を「ビフテキ世代」と称した
2期ではホイルジャックアラートと共に登場。オプティマスにキュートランスフォーマー映画化のアイディアを出し合った。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「マイスター副官」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122421

コメント