ピクシブ百科事典

トランスフォーマーG2

とらんすふぉーまーじーつー

玩具のみで展開していたトランスフォーマーシリーズの一作。
目次[非表示]

概要

1990年アクションマスターで一旦展開を終了したトランスフォーマーが、1992年に初期シリーズの玩具の再販(仕様変更あり)・リメイク、ヨーロッパ限定アイテムに新規玩具を加えてシリーズを再開したもの。また、テレビアニメ第一作にCGエフェクトや効果音を追加したアニメ。

当時のタカラの主力玩具が勇者シリーズであったため、日本での展開はフリーポーザブル物に絞られて事実上『ビーストウォーズ』が日本で展開されるまでの繋ぎのような扱いだった。

日本版・米国版でストーリーはそれぞれ異なるが、どちらもG1の続編という点では共通している。ちなみにタイトルのGはGENERATION(世代)の略であり、本シリーズの登場後、80年代から90年代初頭にかけて展開していたこれ以前のシリーズをG1と呼ぶようになった。

『ビーストウォーズ』がヒットした事もあってかその影に隠れがちではあるものの、本シリーズで培われたノウハウは後年のシリーズにも反映されており、一部の玩具は『ビーストウォーズⅡ』や『カーロボット』で若干の仕様変更を加えて販売された。

ストーリー

かつての戦いで悪の心を失ったデストロン破壊大帝・メガトロンはかつてのライバルであるコンボイと共に「セイバートロン連合」を結成。宇宙平和のために尽くしていた。

しかし地球に派遣した部下が地球人の手違いで殺されてしまう。これに怒ったメガトロンは「ロボット生命体以外の生物は全て宇宙にとって悪になる」という結論を下し地球への侵攻を開始。これに対しコンボイは自らのボディを改修しメガトロンに立ち向かう。

激しい戦いは、全てのトランスフォーマーの滅亡を企む第三勢力・スモークスクリーンドレッドウィングの介入により混迷を極めていく…

関連タグ

トランスフォーマー

pixivに投稿された作品 pixivで「トランスフォーマーG2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1606

コメント