ピクシブ百科事典

メガストーム

めがすとーむ

メガストームとは、デストロン所属のトランスフォーマーである。
目次[非表示]

概要

CV:松山鷹志
メガストームとは、ビーストウォーズⅡに登場するデストロン機甲部隊の破壊公爵。
同作品の新破壊大帝ガルバトロンの実弟であり、「~なんだぞ!」が口癖。
玩具は海外でトランスフォーマーG2として発売されたメガトロンのサウンド発声装置を削除し、
一部カラーリングを変更した物である。なお、砲身に書かれている"Peace through tyranny"は
G1メガトロンのモットーと同じもので、和訳すると「圧制を通じての平和を」となる。

ワガママ弟!

序盤にバグを起こしたものの、それ以外はまじめに破壊大帝をやってる兄に対し、
兄の権力を笠に着て威張り散らす虎の威を借る狐の様な事をやっていた。
スキあらば兄を亡き者にして自らが破壊大帝になろうとして、こっそりと足を引っ張る。
暴走したガルバトロンがサイバトロンに撃退された際、うっかり「やったぜ!」と部下達の前で喜んだ事も。
その為、部下のダージスラストからは慕われてはいるが信頼性は今ひとつ欠け、スタースクリームBBからは完全に軽視されており、逆に殺されそうになった事さえある。
また、意外にも手先は器用で探知機や爆弾を作る事が可能だが、底抜けの性格が災いし、自らが立てた計画は大抵自分に帰ってくる羽目になった

戦車形態の実力

プロトフォーム

メガストームプロトフォーム


元となったG2メガトロンと同様にM1エイブラムスに変形、
特に戦車形態での砲撃は破壊力に関してならば兄よりも高い。

兄ちゃんみたいに強くなりたかっただけなんだ…

サイバトロンとの戦いが激化する中、ガルバトロンのようにパワーアップ出来ると騙され、スタースクリームにアンゴルモアエネルギーの中に落とされた際の台詞だが、彼の兄への対抗心は憧れと愛情の裏返しであり、その思いから、ティラノサウルス型トランスフォーマー【ギガストーム】へと進化した。
まさに嘘から出た実である。因みに玩具は初代TFに登場したダイナザウラーのリデコ品であり、
モーター駆動による歩行ギミックは健在だが、支援メカのブラントタンクや回転式レーダー、合体兵士と接続する為のジョイント一式が削除されている。

なお、後に仕返しを兼ねてスタースクリームとBBをアンゴルモアエネルギーに落とした際、
彼らもヘルスクリームとマックスビーへ進化した。因果は巡るというか、何と言うか……
コミック版だとスタースクリーム・BB・ダージ・スラストは同時に進化しており、その経緯も大きく異なっている。というのも、ギガストームに崖から落とされ、アンゴルモアエネルギーと知らずに温泉よろしく浸かっていたら、いつの間にか進化したという何とも間抜けな展開である。因みにヘルスクリームは物凄く嫌がっていた。

恐竜形態の実力

あまりにでかくなりすぎた為、素のままでは要塞に入る事ができなくなってしまったが、自ら要塞へと変形する事が可能で、内部ではアンゴルモアエネルギーを利用して部下を進化させる事が可能になった。
実際にダージをダージガンに、スラストをスラストールに進化させている。
戦闘能力もガルバトロンに負けず劣らずの性能となり、いささか思い切りが悪かった出だしとなったが、ガルバトロンへの反抗の際は彼が冷や汗をかくほどの力を発揮した。
要塞の縮小光線を使用したのは、そうしなければ危なかった可能性が高い。

初めて褒めてもらえた……嬉しいよ、兄ちゃん

最終決戦で返り討ちに遭い「兄ちゃーん!愛してるんだぞー!!」と叫びながら倒されたギガストーム。
そして自分の未熟さを告白し、見事な戦いであったとガルバトロンに褒めてもらえた際の台詞が上記である。
その後ガルバトロンは「最後まで愚かな弟よ……しかし、だからこそ可愛い弟でもあったのだ」と兄としての心を語った。

七夕過ぎても


なお、ギガストームはアニメ版では単にエネルギーが尽きただけだが、コミック版では死亡してしまう。
アニメ版ビーストウォーズネオの最終回においてもセイバートロン星を復興している中にギガストームの姿を確認できる。

余談

松山氏は「カーロボット」では「マグちゃん」ことゴッドマグナスを担当。
サイバトロンの戦士でありファイヤーコンボイの双子の兄弟で、こちらでも弟ポジションとなっている。

関連タグ

ビーストウォーズⅡ
デストロン
ガルバトロン
ブラコン

pixivに投稿された作品 pixivで「メガストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48345

コメント