ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トランスフォーマー2010

とらんすふぉーまーにいぜろいちぜろ

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』とは、『トランスフォーマー』シリーズのアニメ作品第2弾。
目次 [非表示]

概要編集

1986年11月14日から1987年6月26日にかけて日本テレビなどで放送されたトランスフォーマーシリーズのアニメ作品第2弾。初代アニメの続編であり、原語版たる『THE TRANSFORMERS』のシーズン3にあたる。


「2010」の読み方は基本的に「にいぜろいちぜろ」だが、初期の告知映像では「つーおーわんおー」とも読まれていた。


前作が地球でのエネルギーを巡る争いだったのに対し、本作では宇宙全体を舞台とした物語となっており、トランスフォーマーや地球人以外にも多様な種族が登場した。

また、トランスフォーマーたちも『ザ・ムービー』のストーリーを踏襲して、主要メンバーの大部分が一新されている。

話によってはデストロンが登場しない回が何本かあり、サイバトロンもわずかしか登場しない回があるなど、新しい方向性を取り組んでいる。


なお、タイトルの通り物語は西暦2010年が舞台となっているが、これは日本独自の設定であり、米国(原語版)ではユニクロン戦争(ザ・ムービー)の翌年にあたる2006年という設定である。

日本国内では大人の事情でザ・ムービーが公開されず本作ではダイジェスト形式での紹介になった為に2010に至るまでの大まかな部分しか知ることが出来ず、1989年に限定的に上映されるまでには謎の部分も多かった(そのような制約の中で1986年12月に発売されたのが、伝説のクソゲーとして語り継がれているファミコン用ソフトの『コンボイの謎』である)。

そういった事情もあり、日本国内での次作となる『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』で新規に描かれた過去ダイジェストではコンボイの死に方が映画とは異なっていたり、プロールの様に映画で戦死した筈のキャラが普通に登場するなどしていた。


前作のメイン作画担当は東映動画であったが、ザ・ムービーの制作に取り組んだために本作では韓国のアニメスタジオのAKOMがメインで作画担当している(AKOM自体は前作でも数話担当している。なお、東映動画も前作よりも製作数が少ないだけで作画担当自体は本作でも引き続きしている)。

作画クオリティは特に序盤では他のシリーズよりも低レベルで前作以上に作画ミスが目立ち(作画的な意味で悪い部分の集大成と呼べるのが『音楽惑星への挑戦』)、日本国内の関係者は満足できなかったと述べている。

しかし、日本国内のスタジオで作られた回はスタジオルックがグロス請けを務めた『原始の呼び声』に代表されるような高レベルの作画回も見られ、AKOM担当回でも後半ではある程度安定していった。



G.I.ジョー』とリンクしており、メリッサはある人物の娘となっている。また、コブラコマンダーがゲスト主演している。


あらすじ編集

地球歴2005年のユニクロン戦争はサイバトロンの圧倒的な勝利に終わった。

リーダーメガトロンを失い、戦いに敗れて落ち延びたデストロンは辺境の惑星ジャールにて、エネルギー不足に苦しみながらもエネルゴンキューブを奪い合ったりと惨めな生活を送っていた。


戦いの終結から5年後の地球歴2010年。

航空参謀サイクロナスは統制を失ったデストロンを1つにまとめあげ、宇宙の果てに追放された新破壊大帝ガルバトロンを復活させ、軍団の再生を企て始める。


また、コンボイ亡き後に代々のサイバトロン総司令官の持つ叡智の結晶体「マトリクス」を受け継いだ、若き騎士ホットロディマスは、ロディマスコンボイとして、サイバトロンの新しい総司令官となる。そして、自分の資質に悩みながらも多くの仲間に支えられ、次第にリーダーとしての自覚と自信に目覚めていく。


一方で、超ロボット生命体の創造主である邪悪な知的生命体のクインテッサ星人セイバートロン星の奪還を狙い、行動を開始する。

サイバトロン、デストロン、第三勢力・クインテッサ星人の三つ巴の戦いが、宇宙を舞台に展開する。


登場キャラクター編集

サイバトロン編集

総司令官ロディマスコンボイ

シティーコマンダー ウルトラマグナス

女性戦士アーシー

空中防衛戦士スプラング

戦士チャー

情報員ブラー

サバイバリスト ウィーリー


星間輸送戦士スカイリンクス

サンドストーム

ブロードサイド


スワーブ

テイルゲイト

スクランブルシティ メトロフレックス


デストロン編集

新破壊大帝ガルバトロン

航空参謀サイクロナス

スウィープス参謀スカージ

オクトーン


ダイナザウラー



その他編集


クインテッサ星人

レックガー

シャークトロン


主題歌(日本国内版)編集

いずれも作詞 - 松本一起 / 作曲 - 小森田実 / 編曲 - 鷺巣詩郎 / 歌 - 広瀬翔

  • OP

『トランスフォーマー2010 〜TRANSFORMER 2010〜』

映像は東映動画製作の海外版玩具CM用アニメとザ・ムービーからの流用。

その為、本編との作画の乖離が目立っている。


なお、原語版ではAKOM作画による新規のものが使われていたが、OPラストにてチャーの色をしたスプラングが走ってくるという盛大な作画ミスをやらかしている(同シーンではウルトラマグナスの顔も真っ青になるという作画ミスもある)。

また原語版1~5話では、別のアニメーションが使われることもあったという。


また、OPのイントロ部分はゲーム『コンボイの謎』のタイトル画面にも使われている。


  • ED

『ホワッツ・ユー 〜WHAT'S YOU〜』

映像はザ・ムービー及び2010本編からの流用。

前作から引き続きナレーターを担当する政宗一成氏は本作では名前が登場キャラクターをおさえて一番上にクレジットされている

トランスフォーマーの名前が登場する歌詞にも注目。


各話リスト編集

話数(日)話数(米)サブタイトル
11新たなる戦い
22甦える新破壊大帝
33惑星ゴーの罠
44マトリクスの秘密
55クインテッサ星人の陰謀
610メトロフレックスVSダイナザウラー
79スタースクリームの幽霊
88コンボイの影
911時の罠
1064人の捕虜
117デスクリスタル
1213不思議の国のダニエル
1312ビックリパーティー
1414音楽惑星への挑戦
1515戦いか死か?!
1617スタースクリームの復活
1716クモの巣惑星
1818セイバートロン星の吸血鬼
1921死の商人クインテッサ
2020究極の武器
21222010年の大放送
2223人間トランスフォーマー
2325ブラック・マネー
2419悪夢の惑星
2524グリムロックの新しい頭脳
2626原始の呼び声
2728テレパシー惑星を救え
2827重すぎた使命
2929コンボイの復活 パート1
3030コンボイの復活 パート2

関連イラスト編集

San Antonio Alamo TF ShowdownFun Pub 2016 BotCon Card Art

追跡者ふたり

に・ぜろ・いち・ぜろ△


関連タグ編集

トランスフォーマー ロボットアニメ 玩具

初代orザ・ムービー2010ザ・リバース

ザ☆ヘッドマスターズ(日本版)

コンボイの謎

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357731

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました