ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

G.I.ジョー

じーあいじょー

G.I.ジョーとは、"Govemment Issue"(官給品)の略称であり、男性兵士の俗称。 本項では、アメリカのハズブロ社、マテル社、そして日本のタカラ社などが販売していた男児向け玩具、およびこれを元としたアニメーション、実写映画について解説する。
目次 [非表示]

玩具、アニメにおけるG.I.ジョー

アメリカのハズブロ社がバービー人形デッサン人形をベースに考案した第二次世界大戦当時の米軍兵士連合軍兵士の人形が最初である。

のち世界各国にも輸出され、1960年代後半には日本でも輸入・販売された。

日本では枢軸国であるドイツ国防軍武装親衛隊兵士の人形も発売されているも、最終的には「変身サイボーグ」へと変貌する。

後にベトナム戦争を機に軍事物から路線変更、スポーツや冒険をテーマにして存続を図るも、1970年代末に一旦幕を閉じた。


その後、1982年度よりサイズを3.75インチとし、多彩なキャラクターの織り成す正義の軍団による抗争というスタイルに刷新された。

日本では1980年代にブームがおこり、アメリカ製のアニメ(後述)も放映されている。


G.I. Joe: A Real American Hero

アニメ作品。

邦題は『地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー』。全95話。

ファン達の間ではサンボウ版と呼ばれている。アニメーション製作は東映動画が担当している。

それまでのミリタリー色の強かったものからSF色の強い、正義VS悪の軍団の作品となっている。

全部でミニシリーズ2本、レギュラーシリーズ2シーズンが作成され、後にこの作品をベースに実写映画版も果たした。


G.I.ジョーのメンバーは突撃する時など決まって「Go!G.I.ジョー!」(原語版では"Yo Joe!")と叫びそれに対してコブラのメンバーも「コ~ブラ~」と叫ぶのが大きな特徴である(殆どそれしか言わず、連発する事もあり、喋れないのかと突っ込みを入れられる事もある)。

当時の米国製アニメに漏れず、人の殺傷の描画が禁じられていたので、やたら強力な兵器を使ってもキャラは死なないし(モブ含める)、搭乗している兵器が爆発しそうになったらキチンと脱出シーンを描かれている。

当然の事ながらG.I.ジョーのメンバーはその殆どが米国出身者で占められているのだが、日本版では「世界各国から選りすぐった戦闘のエキスパート集団」という設定に変更されている。

また、放送当時話題だったCMにちなんでリーダーのグラント(原語版:デューク)が「今日も元気で、タンスにゴン!」と叫んだり、コブラコマンダー公家口調で会話する等ハードな展開だった原語版に比べてコミカルなアレンジがなされている。

ファンの間では、突入メンバーの中にコブラの兵士が混じっていた事ネタにされていた。


ストーリー

時は、1980年代。

世界征服を企む悪の組織「コブラ」によって、世界の平和が脅かされようとしていた。

それに対抗すべく、政府はアメリカ軍のエキスパートチーム「G.I.ジョー」を戦いの任に就かせた。

こうして、正義のチーム「G.I.ジョー」と世界征服を企む悪の組織「コブラ」との戦争が始まった。


劇場版

上述のサンボウ版の最終話的立ち位置で製作された作品。元々劇場用として製作されていたが、「トランスフォーマーザ・ムービー」と劇場版マイリトルポニー興行的に失敗に終わってしまったため劇場公開は見送られビデオ販売とテレビ放送での公開になった。

今作ではトランスフォーマー同様、リーダーの死を描くつもりでいたが、先に公開されたザ・ムービーでのコンボイの死はファン達から大きな反感を買っていたこともあって、上層部の判断でお蔵入りになった。

因みに見送りがなければ、新テレビシリーズとして、デュークの弟ファルコンを主人公にしたチームがメインとなり、コブラ側はトマックス・ザモットの双子の兄弟が新たな組織を立ち上がる中、コブラコマンダーが復活する予定だった。


DIC版

劇場版の後を描いた作品。アニメーション製作は韓国の世映動画が担当している。ミニシリーズ一本、テレビシリーズ2シーズンの全44話。

制作会社が変更したため、作風や雰囲気が異なり、ファン達からの評判は頗る悪い。でもOP曲はカッコいい。1992年にコナミから出たアーケードゲームはこちらがベースになっている。


G.I.ジョー・エクストリーム

1995年より展開されていたフィギュアシリーズをベースにしたもの。全26話。

今作での敵対組織は「コブラ」ではなく「秘密結社スカー」という組織になっている。また、キャラクターは男女問わず全員ゴツイ


G.I.ジョー:シグマ6

2005年から2007年にかけてアメリカで放送された作品。アニメーション製作はGONZO。全26話


G.I.ジョー:レゾリュート

実写映画版に合わせて放送された1話5分で全11話の短編作品。

それまでの作品ではアメリカでの放送規約もあって、人間の殺傷は禁じられていたが、今作では人が死にまくるのが特徴である。


G.I.Joe:レネゲイズ

2010年から2011年にかけて放送されたTVシリーズ。全26話


MAD動画におけるG.I.ジョー

2010年代にはMAD動画の世界にも進出。

新世紀エヴァンゲリオン Air/まごころを君に』における戦略自衛隊によるネルフ本部突入シーンが、携行火器のみでレーダー施設などの建造物を破壊するシーンに差し替えられ、『エヴァンゲリオン』の世界でも猛威をふるった。

加減は「もちろん知りません」


関連タグ

人形 アメリカ アメリカ軍 兵士

トランスフォーマー・・・世界観が共有している。

こちら葛飾区亀有公園前派出所・・・両津勘吉が数ページに渡りG.I.ジョーを紹介してる話がある

関連記事

親記事

タカラ たから

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250990

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました