ピクシブ百科事典

ミクロマン

みくろまん

タカラの主力商品の一つ。一部のラインナップはトランスフォーマーシリーズとして組み込まれた。 海外ではミクロノーツ(Micronauts)と呼ばれている。
目次[非表示]

ミクロマン

小さな巨人ミクロマン


1974年にタカラ(現:タカラトミー)から発売されたおもちゃシリーズ。
その名の通り1/18サイズの小さなフィギュアシリーズである。
豊富なラインナップの商品展開を繰り広げた為、数多くの専用パーツ乗り物基地ロボットが発売された。
様々なシチュエーションの遊びがお手頃サイズとお手頃価格で堪能できた為、男児を中心に絶大な人気を獲得した。
1970年から80年前半に掛けてテレビマガジン等でコミカライズやイラストが展開され、一時期の終息後は1999年に小さな巨人ミクロマンとしてアニメ放映開始と共にマグネパワーシリーズとして商品展開が行われたので、そこからこのシリーズに触れた世代も多い。

余談になるが、1984年にアメリカの玩具メーカー・ハズブロ社が世に放った『トランスフォーマー』シリーズは、モデルガンカメラカセットレコーダーなどのアイテムロボット変形する『ミクロチェンジ』シリーズと、ミクロマンの後継商品である『ダイアクロン』の『カーロボット』、『トリプルチェンジャー』シリーズが原型となっている。
その意味では、『ミクロマン』こそが『トランスフォーマー』のご先祖様と言っても過言ではない。

『トランスフォーマー』の開始と同時に一旦はブランドとして消滅したが、先述の通り90年代末にアニメ放送と共に復活し、最近では『ミクロマン200X』として商品展開されていた。
また、『ミクロマン』の世界設定との繋がりは持たないながらも『トランスフォーマー』シリーズの商品に『ミクロマン』のフィギュアが同梱される事もあり、2014年には『ラブライブ!』や『艦隊これくしょん』、『project575』等のアニメやゲーム女性キャラクターを中心にした『ミクロマンアーツ』がタカラトミーアーツ(旧:ユージン)のホビーブランド『NEXTA』(ネクスタ)の一環として同社よりリリース。
関節部を軟質素材で覆う事でより人間に近づけた体型を実現している。

類似フィギュア

おもちゃとしての存在感があまりに強かった為か、その後の様々な男児向け玩具にも『ミクロマン』が影響を及ぼしている。

アッセンブルボーグ
フィギュアや乗り物のパーツを自由に組み換え可能な有形ブロック玩具的な要素を取り入れたアクションフィギュアで、発案者の内藤泰弘も『ミクロマン』から影響を受けたと公言している。

Get Ride! アムドライバー
アムジャケットに装着可能な様々な武装バイザー(乗り物)の存在は『ミクロマン』のコンセプトに通ずるものがある。

武装神姫
素体となるMMS規格のフィギュアの実際のサイズが1/1スケールという点が『ミクロマン』と共通。

関連タグ

タカラ フィギュア アクションフィギュア
ダイアクロン トランスフォーマー 小さな巨人ミクロマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ミクロマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142759

コメント