2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. タカラトミー(旧タカラ)製の着せ替え人形本項にて解説。
  2. 呪術廻戦における乙骨憂太の式神。こちらは乙骨憂太および祈本里香を参照。


概要

リカちゃんとは、タカラトミー(旧タカラ)製の着せ替え人形

フルネームは香山リカ。アルファベットでは「Licca」と表記される。
1967年に初代リカちゃん人形が発売されてから現在に至るまで、日本における着せ替え人形代名詞とも言える存在となっている。
その知名度の高さから、着せ替え人形としてだけではなくタカラトミー広告塔のような活動も行っている。

初代の広告イラストは漫画家の牧美也子によるもの。

販売の経緯

当時のタカラダッコチャン人形をはじめとするビニール製玩具のメーカーであり、この技術を生かして着せ替え人形にも参入しようとしていた。
はじめはアメリカマテル社のバービーやアイデアル社のタミーなどの人形向けの家具やドールハウス、ドレスなどを考えていたが、"日本の女の子にも親しみを持って受け入れられやすい人形"というコンセプトでリカちゃんが開発されるようになった。
少女漫画を元にした愛らしい外見と、約21cm(現在は少し頭身が上がり、22cmほどになっている)という小さな子供でも扱いやすいサイズ、さまざまなドレスや家具などの製品がヒットし、現在まで続く人気シリーズとなっている。
リカちゃんとバービーとの縁はその後も続き、1982年には「タカラバービー」としてリカちゃんに似た、少女漫画的な外見のバービーが日本限定で販売。タカラバービーはその後「ジェニー」と名前を変え、リカちゃんよりも上の年齢層に向けたファッションドールとして長期的に展開されることとなった。

なお、純国産着せ替え人形の元祖は中嶋製作所スカーレットちゃんである。スカーレットちゃんは1966年の発売であり、サイズとしてはバービーに近い。


プロフィール

リカちゃんは非常に細やかなプロフィールが設定されている。また、2010年の日本タレント名鑑には、玩具として唯一プロフィールが掲載されている。

  • 本名:香山リカ(苗字は女優の香山美子と加山雄三から)
  • 誕生日:5月3日
  • 年齢:11歳(小学5年生)
  • 星座:おうし座
  • 身長:142cm
  • 体重:34kg
  • 趣味:おかし作り
  • 性格:明るくてちょっぴりあわてんぼう
  • 将来の夢:ママみたいなデザイナー
  • 好きな色:白とピンク
  • 好きな花:赤いバラ

担当キャスト(コマーシャルや「リカちゃん電話」、アニメなどでの担当)
  • リカちゃん電話
初代:杉山佳寿子(1968年〜1997年)→2代目:大野まりな(1997年〜1999年)→3代目:星河舞(1999年〜現在。人形アニメシリーズや2007年以降のゲームなどでも担当)
  • アニメ
1990年代前半に展開されたOVAではかないみか、1998年放送の『スーパードール★リカちゃん』では河野由佳(香山リカ)/櫻井智(ドールリカ)が担当。
  • ゲーム
にとうしんでん』:高橋里華、『ドリームミックスTVワールドファイターズ』:松本美和(※星河舞の旧芸名「まつもとみわ」と同名だが別人)

家族構成

2021年現在の家族構成は以下の通り。続柄の後の(○○)は、商品展開上の名称である。

  • 父(パパ)…ピエール。8月8日生まれ、36歳。フランス人である。音楽家(指揮者)で、常に世界中を飛び回っているため不在がちである。
  • 母(ママ)…織江。7月7日生まれ、33歳。ファッションデザイナーで、忙しい生活を送っているが子供たちへの愛情は深い。なお、香山は母方の姓であり、パパは入婿であると思われる。
  • 妹…ミキ・マキ。双子である。共に6月12日生まれ、4歳。幼稚園に通っており、幼稚園や彼女たちのクラスメイト題材としたシリーズも販売されている。
  • 妹・弟…みく・かこ・げん(みくとかこが妹、げんが弟)。三つ子である。共に3月3日生まれ、1歳。「みつごのあかちゃん」としてシリーズが展開されている。
  • 祖父(おじいちゃん)…父方はアルベール(※ファミリーネームおよび国籍は不明)、母方は香山浩。アルベールは「おじいちゃん」として過去に販売され、現在でも後述のキャッスルで購入可能だが、浩の方は50周年記念に写真が公開されたのみで一般販売はされていない。
  • 祖母(おばあちゃん)…父方はエレーヌ・ミラモンド(フランス人)、母方は香山洋子。エレーヌは1990年代前半に「やさしいおばあちゃん」としてレギュラー販売されていたが、既に販売終了。洋子は45周年記念に「だいすきなおばあちゃん」として販売され、2018年ごろまでレギュラーで販売されていた。
  • いとこ…シャルル。父方で、パリ在住である。30周年記念に発売されて以降、キャッスルでも定期的に販売されている。

このほかペットとして犬、インコを飼っているという設定が存在するが、展開されている時期やドレスによって付属するドールが違うため複数いる。

上記の家族に加え、「おともだち(フレンドドール)」として各世代ごとに数名の女の子ドールと、「ボーイフレンド」として一名の男の子ドールが販売されている。

設定の変遷

大人の事情もあり、家族や友人関係などの設定がたびたび変更になっている。
具体的には姉「リエ」がおり、スチュワーデスとして働いている、という設定があったが、途中で存在そのものが抹消されている、など。(※これは、ママの年齢とリエの年齢が設定上噛み合わなかったことが原因と推測される)
また、住んでいる場所も初期は「うきうきタウン」という比較的市街地に住んでいたのが、現在は「ハートヒルズ」という郊外の住宅地に住んでいることになっている。

コラボなどの商品展開

その知名度の高さや女児人気を活かして、これまでに『東京ミュウミュウ』・『プリパラ』などとの少女向け作品や、マクドナルドミスタードーナツサーティワンくら寿司などの飲食店、サンリオ(ハローキティマイメロディシナモロールなど)やサンエックス(リラックマすみっコぐらしなど)の女児人気の高いキャラクターを中心としたコラボドールを販売している。
これに加え、少年向けの『鬼滅の刃』や、いわゆるオタク層向けの要素も強いVOCALOID初音ミク/雪ミク)とのコラボも行われている。

また、りからいずというシリーズ名で、さまざまな作品のキャラクターをモデルに、ヘッド・フェイスプリントから衣装まで通常のリカちゃんとは全く異なるキャラクタードールが展開されている。
りからいずでは、『クリーミィマミ』や『カードキャプターさくら』、『怪盗セイント・テール』などの往年の少女向け作品、『天空の城ラピュタ』・『魔女の宅急便』といったスタジオジブリ作品、『赤毛のアン』のような名作シリーズに加え、魔法少女まどか☆マギカというそれまでのリカちゃんやりからいずの傾向からはかなり異質の作品のドールも販売された。

1999年には「高校生リカちゃん」として、当時の流行であった「コギャル」風の、日焼けした肌に金髪で頭身の高いリカちゃん、およびフレンドのドールが販売された。
2020年には「#Licca」(ハッシュタグ リカ)として、「17歳になったリカちゃん」というコンセプトで、2020年代のトレンドファッションを意識したシリーズが展開されている。

90年代から00年代初頭にかけては、有名高校の女子制服を身につけたリカちゃんのミニマスコットが販売されていた。また、現在でもOGや在校生の内部販売向けに、各学校の制服を着たリカちゃんの衣装作成・受注販売サービスを行う会社が存在する。

他社の類似商品

韓国のMIMIWORLD社が販売する미미(ミミ)は初期にタカラとのライセンス契約を結んでおり、「韓国版ジェニー」ともいうべき立ち位置で製造されていた。外見もジェニーのほうに非常によく似ている。
現在は韓国の少女向け着せ替え人形として、韓国国民に広く親しまれている。

ダイソー100円ショップ)には「エリーちゃん」というリカちゃんの類似品が売られている。なお、エリーちゃん以前にも「世界のお友達」というリカちゃんの妹「ミキちゃん・マキちゃん」に似たタイプのドールが販売されていた。
エリーちゃんは100円+税という低価格ながら、体型はリカちゃんに近く、専用のお洋服なども共用できることや、簡素な作りであるために頑丈かつ買い替えもしやすいということで、子供やその家族に親しまれている。その手に入れやすさや豊富な関連商品から、カスタムドール愛好家にも一定の需要がある。
また、他の100円ショップでも着せ替え人形がいくつか販売されており、キャン・ドゥの「ラブリー・リンちゃん(初期はファッションドールという名前だった)」などが有名である。

リカちゃん 新しいお友達エリーちゃん★ 落ちたバッグをあこがれのリカちゃんのおうちに届けるよ♪

(エリーちゃんが「リカちゃんのお友達」として登場しているごっこ遊びの例)

リカちゃんキャッスル・リトルファクトリー

福島県田村郡小野町には、リカちゃん・ジェニーシリーズの工場および展示施設「リカちゃんキャッスル」が存在する。文字通り「お城」のような施設となっており、製造の様子を見学できるほか、ミュージアムとしてさまざまな展示・撮影スポットが設置され、館内で着て回ることができるような衣装の貸し出しなども行なっている。
これに加え、「お人形教室」として、さまざまな髪色・髪型やドレスを組み合わせて、自分だけのオリジナルリカちゃんを作成できる体験コーナーがある。

全国への出張イベントも行われており、(ほとんどの出張イベントは一日で終わるが)「おもちゃ王国」、「おもちゃのまち」などのテーマパークで、常設でオリジナルリカちゃんが作成できる場所もある。
普通のお店では買えないカラフルな髪色のリカちゃんが買える為、オリキャラ似、好きなアニメキャラ似のリカちゃん(&ジェニーちゃん)を買いに訪れる人も多いのだとか(前髪も通常のリカちゃんと同じものの他、オンザワンレンなど種類があり、後ろ髪もボブヘアーソバージュなど種類があり、目の色、リップの色も種類がある)。オリジナルリカちゃんをブログツイッタードールマーケットなどで発表する人も多い。

直営オンラインショップのほか、リアルショップも存在する。
2014年には、東京都中央区日本橋に、大人向けドールショップ「リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ」がオープンした。キャッスルでも取り扱っていない、限定の衣装が購入できる。
2017年にはリカちゃんとお揃いで着られる子供服ショップとして「リカちゃんキャッスルのちいさなクローゼット」がオープンした。キャッスルオリジナルドールも取り扱っている。

また、キャッスル限定でリカちゃんまたはジェニーのヘッドに、好きな髪色・髪型、カラーメイクを指定してドールをセミオーダーすることができるサービスが存在する。また、古くなったドールのリメイクも同様に受け付けている。以前は全国のイベントでのセミオーダー受付のほか、試験的に別の会社のドールヘッドの植毛代行も受け付けていたが停止している。

なお、タカラトミーとリカちゃんキャッスル(及び関連ショップ)を運営するリトルファクトリー株式会社は別資本の企業である。現在量販店で購入できるリカちゃんは全て中国の工場で製造されているが、キャッスルで取り扱っているリカちゃんは、全て福島の工場での製造となっている。

関連タグ

リカちゃん人形 タカラ 人形
ドール ドールハウス
ジェニー バービー
女児向け 人形遊び おままごと/ままごと 少女趣味

外部リンク

リカちゃん公式ホームページ
リカちゃんキャッスル
リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ

関連記事

親記事

タカラトミー たからとみー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リカちゃん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リカちゃん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 703749

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました