ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
三つ子とは、三個の受精卵が母体内で育ち、一度の出産で三人生まれた人間のこと。

概要

三個の受精卵が育ち一度に三人生まれた人間。「品胎」「三生児」とも呼ばれる。双子よりも流産しやすい。生まれ方により以下に分類される。


一卵性三つ子

一個の受精卵がまれに二個に分裂する場合がある。この状態が続けば一卵性双生児になる訳だがさらに奇跡が起きて、片方が再度分裂し三個になる場合がある。そして無事出産されれば一卵性三つ子になる。この種類は遺伝子が全く同じなので、容姿性格好みなども似ることが多い。ただし生活環境などにより変化してくるときもある。

なお、受精卵の分かれ方で考えると原初のものと比較して「一人が1/2、他二人が1/4ずつ」という計算になるが、その後それぞれが個別に成長するため、1/2を取った一人が他二人より優れているといったことは特に無く、実際には3人とも完全にそっくりになる。


二卵性三つ子

通常排卵される卵子の数は一個である。しかしまれに卵子が二個排卵されることがある。それぞれが受精し、その状態が続けば二卵性双生児になるが、片方が分裂すれば三個になる。

この種類は三人の内二人のみがそっくりで、一人はその二人とは普通の兄弟姉妹程度にしか似ない。一人だけ異性になるときもある。


三卵性三つ子

偶然、卵子が三個排卵され、それぞれが受精した場合三卵性三つ子となる。普通の兄弟が同時に生まれてくるのと一緒なので、三人それぞれが兄弟姉妹程度にしか似ない。一人だけ異性になるときもある。


pixivでの扱い

三つ子キャラよりも双子キャラの方が圧倒的に多いため、双子タグより少なめである。

オリキャラ絵もよく見られる。


三つ子のキャラクター

※他にも知っている方は追加お願いします。



別名・表記ゆれ

別名: 三生児、品胎

表記ゆれ: 3つ子、三つ児、みつご

関連タグ

人間関係 家族

兄弟 姉妹 兄妹 姉弟 三兄弟 三姉妹

双子 一卵性双生児 二卵性双生児


三つ子の魂百まで・・・こちらは三歳児なので混同注意

外部リンク

多胎児 - Wikipedia

概要

三個の受精卵が育ち一度に三人生まれた人間。「品胎」「三生児」とも呼ばれる。双子よりも流産しやすい。生まれ方により以下に分類される。


一卵性三つ子

一個の受精卵がまれに二個に分裂する場合がある。この状態が続けば一卵性双生児になる訳だがさらに奇跡が起きて、片方が再度分裂し三個になる場合がある。そして無事出産されれば一卵性三つ子になる。この種類は遺伝子が全く同じなので、容姿性格好みなども似ることが多い。ただし生活環境などにより変化してくるときもある。

なお、受精卵の分かれ方で考えると原初のものと比較して「一人が1/2、他二人が1/4ずつ」という計算になるが、その後それぞれが個別に成長するため、1/2を取った一人が他二人より優れているといったことは特に無く、実際には3人とも完全にそっくりになる。


二卵性三つ子

通常排卵される卵子の数は一個である。しかしまれに卵子が二個排卵されることがある。それぞれが受精し、その状態が続けば二卵性双生児になるが、片方が分裂すれば三個になる。

この種類は三人の内二人のみがそっくりで、一人はその二人とは普通の兄弟姉妹程度にしか似ない。一人だけ異性になるときもある。


三卵性三つ子

偶然、卵子が三個排卵され、それぞれが受精した場合三卵性三つ子となる。普通の兄弟が同時に生まれてくるのと一緒なので、三人それぞれが兄弟姉妹程度にしか似ない。一人だけ異性になるときもある。


pixivでの扱い

三つ子キャラよりも双子キャラの方が圧倒的に多いため、双子タグより少なめである。

オリキャラ絵もよく見られる。


三つ子のキャラクター

※他にも知っている方は追加お願いします。



別名・表記ゆれ

別名: 三生児、品胎

表記ゆれ: 3つ子、三つ児、みつご

関連タグ

人間関係 家族

兄弟 姉妹 兄妹 姉弟 三兄弟 三姉妹

双子 一卵性双生児 二卵性双生児


三つ子の魂百まで・・・こちらは三歳児なので混同注意

外部リンク

多胎児 - Wikipedia

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー