ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

小林立による麻雀漫画。

ヤングガンガン』にて2006年から連載中。また、2007年にはインターネットラジオが放送され、同年にCDドラマ化。2009年と2014年にテレビアニメ化。さらには実写ドラマ化もされている。


従来の麻雀漫画のイメージとはかけ離れた、萌え絵の美少女な主人公たちが、競技麻雀の世界で競い合うという極めて健康的な麻雀漫画でありながら、麻雀の描写も丁寧であることが特色である。


麻雀漫画の例に漏れず一部の登場人物が特殊能力や超能力のようなものを持っているのが特徴であるために、時たま「これは麻雀漫画じゃなく超能力漫画」と呼ばれてしまうこともあるが、それを含めても麻雀自体の描写も丁寧である。ちなみに登場人物の一人である原村和を始め、複数のキャラクターが百合気質であるため、本作品は百合漫画の一つにも数えられる(後述する世界観もそれに見合った内容になっている)。


本編及び阿知賀編ではドラゴンボールネタが登場することがあり、有名な所では県大会団体戦の決勝終盤、咲が「(靴下を)脱いでもいいですか?」(DBでは天下一武闘会準決勝、天津飯戦で重たい道着を脱いだ)シーンや、阿知賀編の園城寺怜の能力の使い方が、どう見ても対ベジータ戦での界王拳だったり、倒れた後にパワーアップしてるとかのたまってるのはサイヤ人の特性だろ!と突っ込みを入れたくなるものも。また立-Ritz-では、やはりどう見ても悟空中の人だろ!という人物まで登場し、大暴れしていた。


「はいてない」「つけてない」を公式でやってのけており、更にはアニメ版の公式ホームページにもタグとして「はいてない」が登録されている

また、作者の手癖(本人のブログで明言)の為巨乳キャラは回を追う毎に爆乳化が進行して行っている

※作中時間経過で実際に大きくなっている事が明言されているのはだけ


世界観

21世紀、世界の麻雀競技人口は1億人の大台を突破。

日本でも大規模な全国大会が毎年開催され、プロに直結する成績を残すべく高校麻雀部員達が覇を競っていた。

これはその頂点を目指す少女達の軌跡……。


麻雀というものが子供世代にも浸透した世界が舞台となっている。登場人物の多くが女性(女の子)であり男性はあまり登場しないが、男性プロ及び男子部員も存在しているため、別に女性のみが麻雀を嗜む世界、というわけでは無いのである。しかし、実力的には女性の方がかなり上である事を、作者の小林氏は示唆している(男子のインハイチャンピオンは、大阪 千里山の泉ちゃんレベルの実力、男子は大きい上がりが少なく地味だとか)。



麻雀の大会ルール

基本ルール

作品内における麻雀の大会ルールとしては、赤ドラ4枚、多家和(ダブロン・トリロン)無し(いわゆる「頭ハネ」)、アリアリ、ダブル役満無し、数え役満あり、と一般的な競技ルールとは程遠い、運の要素が強いのが特徴的。

さらに変わったルールとしては『大明槓での嶺上開花の「責任払い」がある』という点である(一応現実の競技麻雀の公式ルールにも実在するが、嶺上開花自体の和了率の低さから採用している大会はほぼ皆無。フィクションの分野でも採用しているのは少ない)。

昨年までは競技ルールに近いレギュレーションを採用していたらしいが、今年は大幅な変更があった事を、作中で藤田プロが明かしている。


団体戦ルール

物語の主でもある団体戦のルールとしては、各チーム5人ずつ選手を登録し、先鋒・次鋒・中堅・副将・大将の順に半荘1回ないし2回ずつを打つ事になる。なお、留学生は先鋒にはオーダーする事が出来ない。

夏のインターハイではこの順番を変更する事は出来ないが、春季大会・秋季大会ではオーダー変更が可能な様である。また、控えの補欠選手がいれば代わりを務めることもできる。


持ち点(配牌原点)は100,000点でチーム全員の共有。ウマやオカは無く、純粋に点数を引き継いでいく。このルールで半荘戦(県予選準決勝までは1回、県予選決勝戦以降は2回)を行い、次のプレイヤーに交代。最終的に点数が最も高いチーム(奈良県予選2回戦・全国大会2回戦および準決勝は上位2校)が勝ち抜けとなる。トビ(箱割れ)はあるため、トビが起きた場合は大将戦まで回らずに試合が終わることもある。なお、トビが起きた際はその時点での点数によって順位が決定される。

ちなみに全国大会1回戦で清澄高校の竹井久が、中堅戦でトビ終了を達成している(相手になった3校の副将・大将は、全国大会で何もしないで敗退という結構可哀想な状態である)。

都道府県予選においても鹿児島県の決勝で副将戦でトビ終了があり、西東京都予選やアニメの長野県予選では先鋒戦でのトビ終了まで確認されている。


登場人物

太字は各校の部長/主将/キャプテン。

また、年齢表記がある場合は、咲関連作品の共通ルールとして、「インターハイの開催されている8月1日現在」として扱いますが、シノハユは時間軸が違う(小学6年生時の比較で16年前)ため、注意してください。


ふくよかすこやかインハイレディオ

(※白糸台高校等、全国大会のトーナメント表左側(Aサイド)の学校は阿知賀編を参照してください。)


実写

2016年12月(あるいは2017年1月)に毎日放送TBS、および地方のTBS系列局の一部でテレビドラマ版が放送された。全4話。2017年2月には実写映画も公開された。主演は浜辺美波


アニメ

1期

2009年4月から9月までテレビ東京系列全6局にて全25話が放送されたほか、びわ湖放送やMONDOTV、さらにはBSジャパン鹿児島テレビでも放送されている。

そして、2022年の3月からデジタル放送を開始したBS松竹東急で最初のアニメの1つとしても放送された、他も続いて放送された為、合計1年と1ヶ月間の放送となる。


主題歌

  • オープニングテーマ

「Glossy:MMM」(第2-14局、第1・25局ED)

作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 虹音 / 歌 - 橋本みゆき

第1局はEDで流れていたがクレジットはオープニング扱いで、OP映像は画面中央への額縁サイズ、クレジットはロールタイプとなっていた。

第13局まで東横桃子は顔の見えない登場だったが、第14局のみ顔が見えた状態で登場している。

第25局はBD版で咲のスカート丈と和の髪型等に修正が加えられている。

3期『全国編』第13局EDとしても使われている。


「bloooomin'」(第15-24局)

作詞・作曲・歌 - Little Non / 編曲 - Little Non、安藤高弘


  • エンディングテーマ

エンディングテーマはストーリー展開によって変わり、通常絵柄なシリアス調(「残酷な~」)と二等身キャラのコミカル調(ほか2曲)の2パターンが用意されており、「阿知賀編」「全国編」でもこの手法が継承されている。


「熱烈歓迎わんだーらんど」(第7・10局除く第2~14局)

作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 福本公四郎 / 編曲 - 安藤高弘 (GloryHeaven) / 歌 - 宮永咲、原村和、片岡優希、染谷まこ、竹井久(植田佳奈、小清水亜美、釘宮理恵、白石涼子、伊藤静)

第20局では挿入歌として使用された。


「残酷な願いの中で」(第7・10・18・22局)

作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - rino / 編曲 - 虹音 / 歌 - 宮永咲、原村和(植田佳奈、小清水亜美)

「熱烈歓迎わんだーらんど」のカップリング曲。

DVD/BD版ではTV放送版から一部映像に修正が加えられている(サビ部分の咲のスカートの靡き方等)。


「四角い宇宙で待ってるよ」(第18・22局除く第15~24局)

作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 木下智哉 (GloryHeaven) / 歌 - 宮永咲、原村和、片岡優希、染谷まこ、竹井久(植田佳奈、小清水亜美、釘宮理恵、白石涼子、伊藤静)

第19局のみ特殊ED。


各話リスト

話数サブタイトル
第1局出会い
第2局勝負
第3局対立
第4局翻弄
第5局合宿
第6局開幕
第7局伝統
第8局前夜
第9局開眼
第10局初心者
第11局悪戯
第12局目醒め
第13局微熱
第14局存在
第15局魔物
第16局結託
第17局悪夢
第18局繋がり
第19局友達
第20局姉妹
第21局追想
第22局約束
第23局本気
第24局夏祭り
第25局全国

全国編

2014年1月~4月冒頭に、テレビ東京系列全6局とAT-Xで放送。

製作は前シリーズである『阿知賀編』を担当したStudio五組で全13話。詳細はリンク先を参照。


インターネットラジオ

『咲らじ-清澄高校麻雀部-』と題して、2007年5月31日から2008年1月31日まで、全14回が放送された。パーソナリティは植田佳奈宮永咲役)と小清水亜美原村和役)。

ドラマCDのプロモーションとして放送された番組だが、前半でゲストを招いての麻雀実戦が特徴だった(第1、7、11回はゲスト無し)。なおゲストで植田、小清水に勝ったのは福山潤須賀京太郎役)と小野坂昌也(咲の父役)。

ここで登場したゲストはドラマCDの配役公開も兼ねており、基本的にアニメのキャスティングに引き継がれている(ラジオゲストでアニメ未登場は喜多村英梨藤田咲)。


派生作品

咲-Saki-阿知賀編episode of side-A

部活開始!


月刊少年ガンガン2011年9月号から2013年4月号まで連載された。

月刊少年ガンガンでの連載終了の7年後に月刊ビッグガンガンで2020年4月号から連載が再開された。

作画は五十嵐あぐりで、単行本は既刊7巻。こちらもアニメ化された。


原村和幼馴染である高鴨穏乃が、和と再会するために阿知賀女子学院の麻雀部を復活させ、全国を目指す。


咲日和

サービスしてサービス!ほらウィンク!


ヤングガンガン2011年13号に掲載され、18号から正式に連載。

その後、ビッグガンガン2011年Vol.01からはこちらに移籍後2018年Vol.04まで連載された。

作画は木吉紗で、単行本は全7巻。

本編14巻特装版にてOVA化された。


本編や派生作のキャラたちが麻雀をしていない日常を描くゆるふわ4コマ漫画


立-Ritz-

リツハユ


ヤングガンガンで何度か突発掲載され、さらにビッグガンガンに短期連載された。

作画は『ムダヅモ無き改革』等の大和田秀樹。単行本は全1巻。


本作製作の舞台裏を描いている……はずなのだが、公式には性別不明の小林立が美少女漫画家になっていたり、植田佳奈がお嬢様ぽくなっていたりする。


シノハユ the dawn of age

ツイッターのとか③

ビッグガンガン2013Vol.10より連載。

作画は五十嵐あぐりで、単行本は既刊15巻。


プロ雀士達や監督たちの学生時代を描いており、瑞原はやりの故郷島根県松江市を舞台に、そこへ移り住んだ白築慕母親を探すために全国へと挑む。


怜-Toki-

センシティブな作品

ビッグガンガン2016Vol.07から連載。

作画はめきめきで、単行本は既刊9巻。


阿知賀編』で登場した園城寺怜たちの過去を描く。


染谷まこの雀荘メシ

まこ先輩

ヤングガンガン2019年12号から月イチ連載された。

作画はめきめきで、単行本は全3巻。


染谷まこが雀荘「roof-top」に来店した客に料理を振る舞う物語となっている。


咲-Saki-_re:KING'S_TILE_DRAW

re:

ガンガンONLINEアプリで2020年3月25日から月イチ連載…だったのだが、不定期連載状態が度々見られる。

作画は極楽院櫻子で、単行本は既刊2巻。


『咲』の女性キャラを男性化させたリファイン作品。


咲とファイナルファンタジーXIV

マンガUP!アプリで、2021年1月22日から月イチ掲載。作画は木吉紗

咲のキャラクター達が『ファイナルファンタジーXIV』をプレイし、実際に冒険したりゲーム内にある麻雀ゲームしたりする物語となっている。


関連タグ

麻雀 嶺上開花

はいてない つけてない おっぱい あぶないしふく

巨乳 貧乳 ※小学生です ※中学生です

阿知賀編 咲日和 シノハユ 立-Ritz- 怜-Toki- 咲-Saki-_re:KING'S_TILE_DRAW



カップリング

咲-Saki-のカップリング一覧


users入り


表記ゆれ

※検索漏れを起こしますので、見付けたら正しいタグを付けてあげましょう。

「咲-saki-」 「咲」 「咲-Saki」「咲-saki」 など

「咲-Saki-」pixivにおける正式なタグ名なので検索漏れを起こさないよう注意してほしい。

  • アルファベット部分は『S』のみ大文字で、他は小文字。
  • 『Saki』の両側に『-』(半角ハイフン)が付く。

関連作品

  • ガールズ&パンツァー』⇒「現実ではまずありえない高校生の公式競技」、「主人公の姉が女子高生最強」、「高い実力を持ちながら冒頭では当該競技に苦手意識を抱いていた主人公」と共通点が多い。

  • ぽんのみち』⇒数少ない麻雀アニメとしては本作と同様に美少女キャラクター達をメインとした「もう一つの美少女麻雀作品」

  • ごきげんよう、一局いかが?」 ⇒ぽんのみちより前に始まった初心者向け麻雀漫画。美少女キャラメインなのは本作及びぽんのみちと同じ。因みに作者はなかよし版ぽんのみちのコミカライズもしている。

外部リンク

ヤングガンガン公式サイトの紹介ページ

アニメスペシャルサイト


pixiv内のグループ

咲-saki-


他の記事言語

Saki

関連記事

親記事

小林立 こばやしりつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174339688

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました