ピクシブ百科事典

小鍛治健夜

こかじすこや

水着 と ネコミミ が 似合う アラサー 実家暮らし だよ
目次[非表示]

概要

小鍛治健夜とは、「咲-Saki-」および「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」に登場するキャラクターである。
声優:後藤沙緒里
タグが「小鍛『冶』健夜」となっている場合があるが、正しくは『さんずい』の方の『治』であるので注意。

プロフィール

阿知賀編Blu-rayの特典であるプロ麻雀せんべいカードより)

カードナンバーS-01
年齢27歳
誕生日11月7日
出身茨城県
身長153cm
体重42kg
経歴土浦女子-恵比寿-つくば
所属つくばプリージングチキンズ
称号Grandmaster

来歴

プロ雀士。東東京地区大会やインターハイ準決勝などで解説を務める。
10年前のインターハイでの優勝や、リオデジャネイロ東風フリースタイル戦での銀メダル獲得など、輝かしい経歴を持つ。また、史上最年少八冠保持者でもあった。

しかし現在は地元のクラブチームに所属しており、ランキングに関わる大会にはあまり出ていない。世界ランクの順位は973位。なお、独身の実家暮らしであり恒子を家に招いた際には母親に男友達を連れて来いと言われている。

ところが、世界ランクは最高で2位!と、とんでもない成績を残していた。国内では無敗を誇り、恵比寿時代は毎年のようにリーグのMVPに選ばれ、永世称号七冠を与えられている。彼女がプロの第一線に居続けていたら、藤田プロ三尋木プロ達にも影響を与えていたに違いない。

国内無敗とは2位以下になったことがない・連対率(2位以上)が100%・4位になったことがない、のどれを指すのかは不明だが、運の要素が強い麻雀、しかもプロの世界において一度も負けたことがないというのはもはや人外の域であると言っていい。

なお、麻雀を始めたのが高校3年生時という事が判明し、現在の対木もこエイスリン・ウィッシュアート同様に爆発的なスピードで成長し、全国区の、しかもトップレベルの力量を手にした事が分かっている。10年前の当時も強敵であったであろう臨海女子新道寺女子をも凌いで団体戦で優勝している事から、彼女以外のメンバーも相応の実力を持っていたことは想像に難くないが、ある意味「遅咲きの天才」である彼女の功績は計り知れなかったと思われる。この辺りは後々シノハユで明らかにされるでろう。

すこやん


人外の強さを持っているはずだが、実際に麻雀を打っている描写は今のところほとんどない。
唯一の情報はとしては、10年前のインターハイの準決勝で現在阿知賀女子学院の監督を務める赤土晴絵と対局したことがあり、快勝を続けていた阿知賀女子学院を一蹴。晴絵の心にしばらくに触れられなくなるほどのトラウマを植え付けるほどの強さで勝利したということだけ。
阿知賀編のOPでは晴絵と対峙する彼女の背景に何やら幾何学的な模様が表れていたが、それが能力によるものなのかは分かっていない。ともかく相当な実力を持っていることは確かなのだろう。

ふくよかすこやかインハイレディオ

すげえ何それ!


実況解説ペアとしてインターハイで一緒に仕事を務めるアナウンサー福与恒子とはプライベートでも仲が良く、ラジオ番組「ふくよかすこやかインハイレディオ」のパーソナリティーを2人で務めている。

恒子は健夜より4歳年下であるが、お互いを「すこやん」「こーこちゃん」と呼び、ため口で話す仲である。恒子のズレた発言やテンションの高さに振り回されることもしばしば。
また長野県の地区予選で解説を務めた藤田靖子プロとも面識がある。容姿からだと想像しがたいが、小鍛治プロの方が年上(藤田は25歳)である。

咲日和

咲-Saki-のスピンオフ漫画・咲日和では『大人の巻』に登場する。そこでは恒子とのデコボココンビっぷりを存分に発揮していて、ウインクの下手さや水着ネコミミが似合うことが衆目に晒された。

サービスしてサービス!ほらウィンク!
Grandmaster


名台詞「アラサーだよ!!」も咲日和が発祥。

関連イラスト

おはようすこやん!
ふくすこ



関連タグ

咲-Saki- 阿知賀編
福与恒子 ふくすこ ふくよかすこやかインハイレディオ 
赤土晴絵 藤田靖子 三尋木咏 シノハユ

関連リンク

すこやんの故郷

pixivに投稿された作品 pixivで「小鍛治健夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1036499

コメント