ピクシブ百科事典

三尋木咏

みひろぎうた

「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」の登場キャラクター。
目次[非表示]

「全てがわかんね~」

プロフィールだってよ~

誕生日2月23日
年齢24歳
出身神奈川県
身長145cm
体重37kg
血液型AB型
所属横浜ロードスターズ
称号Cat Chamber
CV松岡由貴

阿知賀編Blu-ray2巻同梱の「プロ麻雀せんべいカード」より引用。

プロ麻雀士としては若手のトップランカーであり、首位打点王・ゴールドハンドの受賞歴がある。
また日本代表の先鋒も務めている。

わかんねえ人物紹介

プロの麻雀士の一人で、いつも着物扇子を身に着けているのが特徴。

何でもお見通しっぽい言動をしつつも、「しらんけど」「わかんね~」が口癖なので、役に立つんだか立たないんだか「わかんね~」人である。
そんなこんなで飄々とした解説を行い、隣で実況している針生アナを煙に巻く発言も多いんよ。
まあ、実際のところはプロらしいところも随所に見られるため、「能力」とは無関係な視聴者の立場に立って解説している、というのが一番根強い説である。ただその捉えどころのない仕事ぶりからこども麻雀クラブの子供たちには「また三尋木プロかー」と言われてしまっている。

成人しているとは思えないほどの身長体重(ロリババア?)であり、喋りや容姿も相まってアニメの放送が進む度にファンは増えていった。

今年度のインターハイ団体戦では、阿知賀女子学院の1・2回戦で解説を担当している。

華麗なる(?)仕事ぶり

  • の持っていたドラの数を覚えており、彼女のドラ爆体質を指して「阿知賀のドラゴンロード」と名付ける。
  • 異能の力の無いの打ち方を「阿知賀の中じゃ彼女が一番上手い」と評価。「鳴きが上手い」とも。
  • インターハイ2回戦のオーラスで穏乃がピンチに陥り、針生アナが「これで決まりでしょうか」と言ったところ「あいつ(穏乃)のツラ見ろ。むしろ何か始まってるぜ」と諌め、実際に穏乃は逆転を果たす。


IH準決勝からはふくすこコンビに仕事を持って行かれており、ファンからは再登場を望まれている。が本人は「休めるからよくねー?」とかのたまう。

新人アナの実力



うふっは!昔の話だってよ。

シノハユ』にも登場。主人公白築慕らより3学年年下だが、小学2年生で全国小学生麻雀選手権に出場し、瑞原はやりに勝っているという実力者。

咏さんさんねんせい


この頃から既に着物姿で、ゲン担ぎで自由に形を変えられる不思議なぬいぐるみを着けている。

翌年も出場し、決勝戦で白築慕善野一美小禄心と対決する。
善野が同時に安手で上がった事により帳消しになった(ダブルロン無しの頭ハネルールであるため)が、小禄が飛び終了しそうになるほどの圧倒的な攻撃力を見せ、最終局までトップを走っていた。だが、オーラスで赤土晴絵直伝のピンポイント対策を実行した小禄に大量振り込みを喫し、逆転敗北となった。

麻雀

本編では詳細な闘牌シーンが描かれたことがなかったため不明な点が多いが、日本代表でエース枠である先鋒を務める以上、物凄い強さの持ち主であることは間違いないだろう。
プロ麻雀カードでは「圧倒的火力」、WEEKLY麻雀TODAYでは「迫り来る怒涛の火力」と評されているあたり、先鋒にオーダーされるのも頷ける高打点型の打ち手のようだ。

シノハユ』の時点でも火力の高さに注目が集まっており、はやりが52300点も稼いでいたにも関わらず2位止まりとなるほど。「迫り来る怒涛の火力」は小学生時代には既に開花していたようだ。

PS Vita「咲-Saki-全国編Plus」の有料DLCにて待望のプレイアブルキャラクターとして実装された。能力は「タンヤオ、字牌、ドラ、清一色のいずれかの牌を引きやすくなる」というもので、シノハユでも描かれたような火力の高さが再現されている。

関連イラストとかマジっすか

うたさん
三尋木プロに心奪われたので


三尋木プロはわかんねーかわいい
わかんねー



関連タグとかしらんし

咲-Saki- 阿知賀編 針生えり 咏えり
小鍛治健夜 藤田靖子 大沼プロ

pixivに投稿された作品 pixivで「三尋木咏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 646489

コメント