ピクシブ百科事典

東横桃子

とうよこももこ

「咲-Saki-」の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要っす

鶴賀学園高等部の1年生。
鶴賀学園高校が団体戦に出場するため、麻雀部の最後の1人の人材を求めて学内サーバでネット麻雀を開いたところに参加。部にスカウトされるも乗り気ではなかったが、桃子の教室にやってきた3年生の加治木ゆみに「私は君が欲しい!!」と情熱的にスカウトされ、入部した。団体戦では副将を務める。語尾に「っす」を付ける癖がある…っす。

夕陽に透ける君



プロフィールっす

身長155㎝(少し低い)
誕生日7月26日
3size割と大きい・細い・普通
好きなもの加治木先輩
声優斎藤桃子


関係っす

隣にいる人に大きなアクションを起こさなければ存在を気付かれないほど影が薄く、おしゃれしたり他者とコミュニケーションをとることから距離を置いていたモモ。

だからこそ自分のことを大声を出してまで見つけてくれたゆみには強い感謝の意を示している。そんな二人の結びつきの強さは、モモのイラスト・小説がゆみとのカップリングにまつわるものがほとんどであるのが証明である(かじゅモモ)。

寄り道



ステルスモモの独壇場っすよ!!

麻雀の腕が特別いいという訳ではないが、リーチをかけても警戒されない・自分が振り込んでも気づかれずに無視されるほどの存在感の薄さから「ステルスモモ」の異名を持っている。ステルスする際は体の一部からが滲んでいるようなビジュアルになる。

もも誕


漫画・アニメ双方で名前は表示しながら前半戦が終了するまで顔を出さず、台詞もほとんど口にしないという演出がとられたため、読者視聴者からもステルスすることに成功した。そして県大会副将戦では注目選手の原村和龍門渕透華と同卓にいながらトップの成績を収めた。

ただし実力のある者の前では「消える」のに時間がかかるのが問題で、実はオカルトの類を一切頭から排除している和には姿がずっと見えており、宮永咲の前ではステルス状態を解除させられてしまった。

そのステルスは同チームのメンバーにすら有効で、ゆみは毎度声を出さなければ見つけられないし、妹尾佳織カブトムシと間違えるほどの存在感のなさである。蒲原智美はにおいで見つけられるらしいが…。

関連イラストっす

どくだんじょーっす!
すてるす!もも!


桃-Momo-
ステルスモモ



関連タグっす

咲-Saki- 鶴賀学園 加治木ゆみ 蒲原智美 妹尾佳織 津山睦月
ステルスモモ かじゅモモ

黒子テツヤ:影の薄さを自分の武器にしている人物つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「東横桃子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4017409

コメント