ピクシブ百科事典

ミラージュコロイド

みらーじゅころいど

ミラージュコロイドは「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する架空の物質、及びそれを利用した光学迷彩技術。
目次[非表示]

概要

ミラージュコロイドは、可視光線や赤外線をはじめとする電磁波を偏向させる効果を持つ架空の特殊粒子である。その特性はマイクロ・プリズムに近似しており、粒子そのものが電磁場や量子情報を電場するキャリア(伝導体)の特性を持つため、様々な用途に用いられる。要するにSEED版ミノフスキー粒子である。

ステルス用途に使えるため、「核兵器の隠匿」が容易になり得るこの技術は戦争終結後に結ばれた「ユニウス条約」によって、「ミラージュコロイド搭載機の使用は禁止」という形で大きな制限を受けた。
ただし、ミラージュコロイド技術そのものはビーム兵器の根幹等にも使われているため、明確に禁止されたのは「ステルス機能を搭載した機体」のみであり、ステルスに引っ掛からない技術に関しては果てなく開発・運用されている。

主な使い道

ミラージュコロイド・ステルス

前述のとおり可視光線や電磁波を偏向する特性があるため、このコロイドを表面に定着させる事で自機の姿を背後の景色にカモフラージュする事ができ、機体の隠匿が可能となる。要するに迂回型の光学迷彩の一種である。目視捕捉の基本となる対象物の光の反射が行われないため、これを展開されると相手側からは視認が行えなくなり、電磁波もレーダー反射しなくなるため電子的な索敵も困難となる。

ミラージュ(蜃気楼)という名前の由縁たる用法で、ザフト・連合を問わず研究がなされていたもののであり、ジン戦術航空偵察タイプにおいて停止時での運用に成功、ブリッツガンダムによって戦闘時での使用に耐用するレベルで実現する。もっとも、ミラージュコロイドを定着させるためには装甲表面に電磁場層を形成する必要があるため、多大な電力消費が発生する。また、電磁場層を相転移によって乖離させてしまうことから、PS装甲との併用が行えない。

足跡や航跡など外部への影響や、それに伴って発生する音までは消去できない。もっとも、真空である宇宙空間では音の問題点はなくなるものの、大抵の場合「移動にスラスター噴射等を必要とする」ため、ノズル周囲の粒子が吹き飛ばされ熱紋・電磁波の秘匿が不可能となるという別の問題が発生する。従って、ガスなど熱を発しない推進剤の使用や、慣性移動などの手段を取る必要がある。

  1. 水中ではコロイドが水に溶解し、装甲に定着しないためこれまた使用不可。
  2. C.E.71年当時は黒色の装甲でしか使用出来なかったが、後に黒色以外の装甲にも使用可能に改良された。
  3. C.E.73年時点では条約でミラージュコロイドが規制されている他、この技術を探知する技術の確立で絶対的な優位とまでは言えなくなった。(それでも視認できないと言う強みは残る。)
※ブリッツガンダムの場合連続85分間(小説では80分)という使用時間の制限があるが、劇中において時間制限が問題となる描写はなかった。

電子妨害用途

先述の通りミラージュコロイドは可視光線と電磁波を偏向するため、これを利用した派生技術も幾つか存在する。デスティニーガンダムの場合、周囲の空間にミラージュコロイドを放散させ、そこにエネルギースクリーンを投影する事で自機の残像を形成し相手側の捕捉を妨害する。コロイドそのものの持つ電磁波偏向特性もあるため、レーダー側の攪乱も可能というワケである。

ビームサーベル技術

ミラージュコロイドそのもののキャリア特性と電磁場を利用すれば、磁性を持った粒子ビームの偏向さえも可能である。それらの技術によって形成された空間の中にビームを放射すれば、刀身上のビームを発生させる事も可能。これがCEにおけるビームサーベルの原理となる。
要するにIフィールドをミラージュコロイドに置き換えたものであるが、このビームサーベルでは同じ磁場で固定されたサーベルと衝突した場合、すり抜けてしまう特性がある。一方で、後にザフトではミラージュコロイドを用いらない刀身形成技術の開発に成功していたりもする。

ゲシュマイディッヒ・パンツァー

フォビドゥンガンダム及びその系列機が装備するエネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒパンツァー」もミラージュコロイド技術の恩恵を多分に与かっている。これまたコロイドのキャリア特性と磁場固定技術の応用によって空間に見えない場を作り、発射されたビームを磁場によって歪曲してはまうというからくりだ
同機に搭載されている誘導プラズマ砲「フレスベルグ」も理屈は同じで、この辺りは宇宙世紀の技術の「Iフィールド」に似ている。
この技術がどういうわけか水分子の構造に干渉するようで、フォビドゥンブルー等の水中戦用MSの対水圧装備といった応用まで確立されている。

その他

ゴールドフレーム天に装備された「マガノイクタチ」、さらに「マガノイクタチ」をライブラリアンが「ストライカーパック」として発展、ヴァンセイバーに装備することによって空力制御を行い、飛行能力を最適化する。外伝の「ASTRAY B」では粒子を媒介に敵の電子機器にコンピューターウイルスを送信する「バチルスウェポンシステム」を搭載した「ゲル・フィニート」が、「ΔASTRAY」でミラージュコロイドだけでなく「クリスタル化」という独自の機能も併設された「ネロブリッツ」が登場しているほか、VS ASTRAYにはミラージュコロイドを利用して自身の姿を偽装する「アストレイ ミラージュフレーム」が登場している。
他にも、巨大兵器の隠匿に使用されるなど、ミラージュコロイドは(二つの意味で)見えないところでかなりの活躍している。その影響は大きく、ヤキン・ドゥーエ戦後に結ばれた停戦協定には「ミラージュコロイドシステムの軍事使用禁止」も盛り込まれるほどだった。
ミラージュコロイドステルスに関して厳重に制限しているためなのか、ビームサーベルに使うには許されるなど条約には抜け道もあり、ファーストの核よろしく最終的には破られている。

ミラージュコロイドを装備した兵器

地球連合軍

・GAT-X207 ブリッツ
・GAT-X207SR ネロブリッツ
・GAT-SO2R NダガーN
・TS-MA2 メビウス(SEED ASTRAY Bに登場)
・ガーティ・ルー(特殊宇宙戦闘艦)

ザフト

・ZGMF/TAR-X1 ジン戦術航空偵察タイプ
・AMF-103A ディンレイヴン
・ZGMF-X11A リジェネレイト
・ZGMF-X42S デスティニー
・ZGMF-X56S/θ デスティニーインパルス
・ジェネシス

オーブ連合首長国

・MBF-P01-Re アストレイ ゴールドフレーム天(未完成)
・MBF-P01-Re アストレイ ゴールドフレーム天
・MBF-01 アストレイ ゴールドフレーム天(完全体)
・MBF-P01-Re2 アストレイ ゴールドフレーム天ミナ
・MBF-P01-Re3 アストレイ ゴールドフレーム天ハナ
アストレイ ゴールドフレーム天ミナC

ライブラリアン

・LH-GAT-X103 ヘイルバスター
・LN-GAT-X207 ネブラブリッツ
・MBF-P05LM アストレイ ミラージュフレーム(機体偽装、近接戦センサー用の特殊タイプ)

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED ブリッツガンダム

関連記事

親記事

ブリッツガンダム ぶりっつがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラージュコロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35337

コメント