ピクシブ百科事典

フェイズシフト装甲

ふぇいずしふとそうこう

TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場する架空の装甲技術。
目次[非表示]

概要

一定の電圧の電流を流す事で相転移する効果を持った特殊金属でできた装甲。通称「PS装甲」。

機能

通電されていない状態(ディアクティブモード)ではモノクロだが、通電しアクティブ状態になるとカラフルに変化。電圧や相転移率に応じて色彩が変化する。このため塗装が不要というメンテナンス上のメリットがある。

アクティブになったPS装甲は表面の位相転移現象によって強度を変化させ、音速クラスで振り回される実体剣やレールガン、ミサイルといった物理攻撃による熱を含めた運動エネルギーを光子に相転移させ、完全に無効化してしまう。
熱も分子を励起させる運動の一種であるため大気圏突入時の高温にも耐え、耐久値以下であればビームに対しても通常装甲を凌駕する防御性能を見せる(ビームも荷電粒子を高速射出する物理攻撃の一種であるため、運動エネルギーを持つ)。
装甲はフレームを介した通電プラグによって電力供給され、表面に通電現象が起こっているわけではないため、展開中のPS装甲に人体が触れても感電する事はない。

逆に言えば耐久値を超えたエネルギーは防護できず、MSに標準搭載されるビーム兵器には貫通されてしまう。
同様に、亜光速クラスのプロジェクタイルを持つレールガンなど、ビーム兵器級の加速率とエネルギーを持つ実体攻撃でも貫通されてしまう。
ただし相転移率は装甲の防御面積に比例し、ジェネシスのように要塞クラスの面積を持つPS装甲なら、全体で相転移し続けることで陽電子ビームすら防ぐことが可能だった。
また、被撃による装甲内側への衝撃伝達までは相殺しないため、必ずしもパイロットが無事とは限らない。

特筆すべき弱点として、アクティブ状態中は常に装甲表面の位相を変化させているため、稼働時間に比例した電力を消耗、最終的に電池切れに陥る。(ごく一部を覗いてCEのMSはバッテリーで稼働しているため)
外からのエネルギーを受けるために相転移が発生するため、被弾時はさらに電力消費が発生する。
エネルギーが切れると装甲がディアクティブモードに戻ってしまう「フェイズシフトダウン」を起こし、機体の稼働すらままならなくなる。加えて装甲色がメタリックグレーに戻ってしまうため、敵にもエネルギー切れを知られてしまう。

シールドに使うことも可能ではあるが、摩耗などの問題により対ビームコーティングと併用が難しいこと、何より機体そのものが実体攻撃を防ぐため、シールドを対ビーム兵器用に特化させた方がメリットがあるためシールドへの採用は少ない。
なお、PS装甲に対ビームコーティングを併用した例としてはアビスガンダムが存在する。こちらは水中での運用を前提とした特例と言えよう。

余談だが、アスランとカガリが遭難したTV版の回で、イージスガンダムのシールドもシフトダウンしたグレー色になる作画ミスがあった。

諸勢力での実用化

兼ねてより理論は存在した技術であったが、宇宙船の甲板を製造するアドヴァンス・スペース・ダイナミック社のもと大西洋連邦の技術仕官マリュー・ラミアスが実装に漕ぎ付ける。無重力下でしか製造できない特殊合金技術を拠り所とし、ヘリオポリスにて開発された初期GAT-Xに採用された。

これらのGAT-Xを鹵獲したザフトでも解析され、以後は同軍のガンダムタイプ等にも実用化されていく事となる。
GAT-X開発に携わったオーブ連合首長国では、開発ライセンスの問題から同技術は秘匿されていたが、後に領土近辺で大破したストライクを改修する事で解析に成功した。ストライクのデッドコピーであるストライクルージュでは「パワーエクステンダー」による電力容量が増大した事と、試験的に搭載されたAIが制御系に介入したことで、戦闘に不慣れなカガリのために防御力が高めの赤系統に再調整されている。この時の技術は後に各勢力に流出し、ヴァリアブルフェイズシフト装甲へ発展する。

フリーダムガンダム ディアクティブモード



発展系

トランスフェイズ装甲(TP装甲)

フェイズシフト装甲の改良型。主に後期GAT-Xのガンダムに使用されている。
通常装甲の内側にPS装甲を備えた二重構造とし、通常装甲内のセンサーが衝撃を感知した時にPS装甲に通電することで、被弾時のみフェイズシフトするようになっている。
これにより、欠点だったエネルギー消費を大幅に軽減することに成功し、余剰電力を潤沢に兵装に回せるようになった。
外観は通常の装甲であるため、フェイズシフトダウンを敵に悟らせないという特徴もある(整備場でカラーを保っているのはそのため)。
また、外側から露見し辛い特性を生かしてバイタルパートのみにPS装甲を施し、コストカットも可能となった。

余談(TP装甲)

ガンダム作品において標準的なMSでの複合装甲は珍しいが、初代ガンダムの「ガンダムセンチュリー」版設定では「発泡金属や複合材を重ねた重装甲がジオン・連邦軍機を問わず採用されている」という設定であった。
後に既存の超鋼スチールやガンダリウム合金との設定的兼ね合いから初代ガンダムの設定は変遷していき、複合装甲の設定はRX-78の一次装甲の構造として名残が見られる程度となったが、ある意味でTP装甲は先祖返りした設定と言えるのかもしれない。

ヴァリアブルフェイズシフト装甲(VPS装甲)

「DESTINY」以降から登場したPS装甲。インパルスガンダムをはじめとするザフト製のガンダムやストライクEに使用されている。

ストライクルージュ開発の折に発生した通電率と装甲強度の変化率を参照し、装甲に流す電流の量を装備や状況に応じて調整、装甲へのエネルギー配分を最適化しエネルギー消費を更に抑える事が可能となった。
単なる省エネルギーだけでなく、戦闘レンジに合わせて装甲強度を最大化したり、分子配列の変化によって対水圧に適した相転移率に変化するなど応用性の高い技術。
変わり種としては、装甲にかかる電圧をプログラミングで細かく調整し、表面に任意のマークを発生させる、といった使い道もある(ただし、実装に比して労力は大きい)。

フェイズシフト装甲系を通して防御力の度合いは電力消費と比例して単色では『黒<緑<黄<白<青<赤』とされる。
もっとも、ブラストインパルスのように兵装に電力を回すために出力を落とした「黒」でも、大抵の実体攻撃は普通に防ぐ。

余談

元々は「ガンダムSEED」一作目に登場するガンダムを最強の存在にするよう作られた設定とのこと。番組初期には携行型ビームライフルを装備する機動兵器はガンダムくらいしかいなかった(戦艦用の収束火線砲やD装備のバルルス改もあるが、サイズが大きい)ので、Nジャマー下のドッグファイトでガンダムを倒せるのはガンダムだけという構図になるとのこと。
ちなみにそのカラーチェンジ要素は多分に「平成ウルトラマンシリーズ」の影響を受けたんだそうな。

ガンダムが登場するシミュレーションゲーム(Gジェネやスパロボなど)では機体の特殊能力として扱われ、実弾ダメージをエネルギーと引き換えに軽減する効果で再現されることが多い。
逆にアクションゲーム(ガンダムVSシリーズなど)では設定がゲームバランスの都合で再現できないため、敗北時や撃墜時に装甲色が変わるという演出のみにとどまっている。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
装甲

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED きどうせんしがんだむしーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェイズシフト装甲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32484

コメント