ピクシブ百科事典

フェイズシフト装甲

ふぇいずしふとそうこう

TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場する架空の装甲技術。通称「PS装甲」。
目次[非表示]

概要

一定の電圧の電流を流す事で相転移する効果を持った特殊金属でできた装甲
作動させてアクティブモードに移行すると、グレー色から機体個別のカラーへと変化する。

この装甲はジンの剣やバルカン砲ミサイルレールガンといった実体・実弾攻撃を無効化する事が出来るだけでなく、耐熱性も向上し、単体での大気圏突入の可能や低威力のビームマシンガンは勿論、数百万の重力加速度(G)にも耐えられる。
また、展開中のPS装甲に人体が触れても感電したりする事はない。

弱点として、装甲の展開中は常時エネルギーを消費してしまうという欠点があり、エネルギーが切れると装甲がフェイズシフトダウンし、展開前のメタリックグレーの装甲(ディアクティブモード)に戻ってしまう。
これにより、相手にエネルギー切れを知られてしまう。

また、ストライクガンダム等の初期G系のビームライフルやビームサーベルといった高出力のビーム兵器には弱く、直撃すれば簡単に破壊されてしまう。
実弾もレールガン以上の破壊力を持つ兵器(グフクラッシャーのインパクトバイス、レッドフレームガーベラストレートネロブリッツの可変アームユニット等)には流石に敵わないようだ。

ストライクは機動力に電力を割くというキラ向けの調整を施されているため、比較的防御力が並の白を基調としているが、戦闘に不慣れなカガリが搭乗するストライクルージュは防御力が高めの赤系統に再調整されており、これが後述するヴァリアブルフェイズシフト装甲へ発展する。

シールドにも使えないこともないが、対ビームコーティングと併用すると磨耗などの問題もあって同時装備が不可能であること、何より機体本体そのものが実体攻撃を防ぐため、シールドを対ビーム兵器用に特化させた方がメリットがあるためである(これにより、ビームを防ぐシールドの存在意義を持たせている)。

余談だが、アスランととカガリが遭難したTV版の回にて、イージスガンダムのシールドもシフトダウンしたグレー色になるという作画ミスがあった。

トランスフェイズ装甲(TP装甲)

フェイズシフト装甲の改良型。
通常装甲の内側にPS装甲を備えた二重構造で、弾丸が装甲に着弾した時だけフェイズシフトするようになっている。これにより、欠点だったエネルギー消費を大幅に軽減することに成功し、余剰電力を潤沢に兵装に回せるようになった。
主に連合製のガンダムに使用されている。

外側は通常の装甲(色付き)であるため、装甲が作動していなくともカラフルカラーを保ち、エネルギー切れを露見させにくいという特徴もある(整備場でカラーを保っているのはそのため)

ヴァリアブルフェイズシフト装甲(VPS装甲)

「DESTINY」以降から登場したPS装甲。
装甲に流す電流の量を変化させることで、装備や状況に応じて装甲へのエネルギー配分を最適化し、エネルギー消費を更に抑える事が可能となった。これにより、エネルギー変換効率が上がり、より高出力のビーム兵器の搭載が可能となった。
インパルスガンダムが接近のソードで赤、遠距離砲撃のブラストで黒と、換装ごとに機体色が変化するのはこのため。

主にザフト製のガンダムやストライクEに使用されている。

フェイズシフト装甲系を通して防御力の度合いは電力消費と比例して単色では『黒<緑<黄<白<青<赤』とされる。
もっとも、ブラストインパルスのように兵装に電力を回すために出力を落とした最低限の黒でも大抵の実体攻撃は普通に防ぐ。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
装甲

pixivに投稿された作品 pixivで「フェイズシフト装甲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10917

コメント