ピクシブ百科事典

サードステージシリーズ

さーどすてーじしりーず

サードステージシリーズとは、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する架空の兵器のカテゴリである。
目次[非表示]

[MOBILE SUIT NEO OPERATION SYSTEM]
 GUNNERY
 UNITED
 NUCLEAR
 DEUTERION - ADVANCED
 MANEUVER
 (SYSTEM)

概要

セカンドステージシリーズの技術フィードバックから作られた、さらなる次世代高性能モビルスーツ群。

ヴァリアブルフェイズシフト装甲を筆頭とした最新技術はそのままに、新型動力「ハイパーデュートリオンエンジン」、光波防御帯「ビームシールド」、推進システム「ヴォワチュールリュミエール」といったさらなる次世代技術が導入されている。引き続き全領域対応型のガンダムタイプとして開発されたものの、可変・合体や特定の領域での戦闘に特化させたセカンドステージシリーズとは設計思想が根本的に異なる。

ハイパーデュートリオンは核エンジン(原子炉)を併用した動力機関であることから実質的にユニウス条約を反故にしてしまっているが、そもそも開戦時に連合が核攻撃を加えた時点で形骸化してしまっているので解禁もやむなしである。
その一方で核エンジンを解禁した実情を隠匿する目的で、表向きの分類はセカンドステージシリーズ扱いになっていたりとザフト内の大人の事情をか垣間見させる部分もある。
セカンドステージシリーズで実用化された技術や、ユーラシアやDSSDといった外部組織から流入した技術を反映してさらなる高性能化が図られた結果、ファーストステージシリーズ双方の技術的優位性を兼ね備えたといえる。

該当機種はデスティニーレジェンドの二種類であるが、ザフトではニューミレニアムシリーズで没を食らったドムトルーパーをこの枠で復活させようともしていたらしい。

新技術

ハイパーデュートリオンエンジン
セカンドステージ後期機体(より厳密にはサードステージに位置する)デスティニーやレジェンド、ターミナルで開発されたストライクフリーダムやインフィニットジャスティスに搭載された発展モデルの新型ハイブリッドエンジン。
従来式の核分裂エンジンとデュートリオンビーム送電システムを両方積んだ単純な理屈のもので、「核エンジン側はより小型化・高出力化した超小型核原子炉(ウルトラ・コンパクト・ニュークリア・リアクター)」を採用したのでこれだけでも従来機よりも高出力らしい。そもそも作中でこれらの機体がデュートリオンチャージをした事もないので、事実上のハイパワーの功績は超小型核原子炉にあるようなもんである。

関連タグ

ザフト ザフト製MS・戦艦 ユニウス条約
セカンドステージシリーズ

関連記事

親記事

セカンドステージシリーズ せかんどすてーじしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サードステージシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4129

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました