ピクシブ百科事典

カオスガンダム

かおすがんだむ

ZGMF-X24S カオスとは、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号ZGMF-X24S(連合側RGX-01)
全高17.43m
重量91.61t
装甲材質ヴァリアブルフェイズシフト装甲
動力源バッテリー
所属ザフト地球連合軍第81独立機動軍ファントムペイン
パイロットスティング・オークレーコートニー・ヒエロニムス(テストパイロット)


概要

ユニウス条約締結後、ザフトが開発した次世代試作MS群「セカンドステージシリーズ」の1機。型式番号はZGMF-X24S。型式番号の「2」は航空機系統、「4」は開発ナンバー、「S」は「Second Stage(セカンドステージ)」を示す。
宇宙での高機動戦闘を主眼に置いており、MA形態への可変機構と、多彩な武装を備えた強襲用の機体である。
装甲には、ヴァリアブルフェイズシフト装甲が採用されており、デュートリオンビーム送電システムにより、戦闘継続時間の延長が可能である。

特徴的な変形機構を持ちMA形態時は胴を折る様な形で変形する。これには、MA形態でも腕部を使用できビームライフル等の携行火器の使用に対して特に大きな制限がないというメリットがある。また、ビームクロー等近・中近距離用の武装も使用可能で、敵の規模や距離に適した火器を自在に選択出来る。さらに、大出力のビーム砲「カリドゥス改」が使用可能であり、高い加速力と破壊力を活かした一撃離脱戦法を得意としている。

ZGMF-X24S カオス



ドラグーン・システムを発展させた「機動兵装ポッド」は、MS・MA両形態で使用可能であり、オールレンジ攻撃による攻撃方法の選択肢が広い。また、このポッド大気圏内での飛行も可能であり、強力な推進力を活かした機動力を誇っている。

武装

MMI-GAU1717 12.5mmCIWS

頭部に4門内蔵されたCIWS。

MMI-GAU25A 20mmCIWS

胸部に2門装備されているCIWS。

MA-BAR721 高エネルギービームライフル

高速戦闘に適した専用ビームライフル。インパルスのMA-BAR72をMA形態での高速戦闘用に耐え得るように改良したもの。

MA-M941ヴァジュラ ビームサーベル

アビスを除くセカンドステージシリーズに共通採用されたビームサーベル。カオスはMA形態時も腕部に制限が無いために、形態を問わず使用出来る。
ちなみにこのサーベルのマウントラックから下のバインダーはプロペラントタンク。航空(航宙)燃料の類にあまり触れないSEED系では珍しい設定。
ユニウス条約の締結によるミラージュコロイド技術を応用した従来のビームサーベルの使用禁止により、新しい技術でセカンドステージシリーズのMS用に開発された。

MGX-2235Bカリドゥス改 複相ビーム砲

背部センサーに蓋をされる形で内蔵されている高出力ビーム砲。使用時にはセンサー部がスライドし砲口を露出させる。アビスの胸部に内蔵されたMGX-2235カリドゥスを高速戦闘仕様に改修した装備。本機の兵装中最大級の威力を誇るが、設置箇所の関係から使用はMA形態時に限られる。カリドゥスはラテン語で「猛火」の意。

EQFU-5X 機動兵装ポッド

ドラグーンシステムの発展兵器。ドラグーンシステムと同様に使用の際には量子通信で相当量のエネルギーを消耗する。最大の特徴としてパイロットが特別な空間認識能力を持たずとも使用出来るようになっている事と、搭載したカオスの大気圏内飛行を可能とする高推力スラスターを備える。
SEEDシリーズにおけるオールレンジ攻撃兵装はデストロイのシュツルムファウストを除き宇宙での運用に限定されるものが主流であるが、カオスの機動兵装ポッドは珍しく大気圏で使用できる。

MA-81R ビーム突撃砲
ポッド内蔵のビーム砲。発砲時は内部に格納された砲身が伸長する。

AGM141ファイヤーフライ 誘導ミサイル
ポッド内蔵の誘導型ミサイル。ブラストインパルスにも同型の装備が採用されている。

MA-XM434 ビームクロー

両膝、爪先のクローから出力されるビームクロー。MA形態時の接近戦用兵装として使用する他、MS形態時は蹴撃に連動して使用される。イージスのビームサーベル発生装置と類似している。

MMI-RG330 巡航機動防盾

左腕にマウントされる対ビームコーティング仕様の防御兵装。他のセカンドステージシリーズが装備するシールドと比べやや小型でMAでの高機動戦闘を考慮した設計となっており、「巡航機動」という名称となっているのはこの為である。他にも機関砲を内蔵しており、牽制やミサイル等の迎撃にも使用される。MA形態時も腕部にマウントされたままであり、シールドとしての防御と機関砲の射撃はMS・MA双方の形態で同様に使用できる。

MMI-GAU2ピクウス 76mm近接防御機関砲
シールド表側に2門装備されている第1次連合・プラント大戦当時のザフト製ガンダムやゲイツの頭部に採用されたものと同じ対空迎撃用機関砲。

バリエーション

プロトカオス

カオスの試作機。型式番号は「XMF-P192P」。
ザフトでMAに対する有効性を検証する為に開発された機体で、MS形態を有していない。
カオスとの違いとして、カリドゥス改がある部分がコクピットのため、モノアイを有しており、両腕部に当たる部分は機動兵装ポッドが搭載され4つとなっている。両脚部のビームクローと機動兵装ポッドに内蔵された武装はカオスとほぼ同一である。

劇中の活躍

進水式前のアーモリーワンでファントムペインのスティングによって強奪され、守備隊と交戦したのが初陣。
やはり持ち前の機動力を活かし、シン・アスカインパルスガンダムを翻弄するなどコンセプトが正しかったことを皮肉にも証明した。

しかしスティング本人が、イザーク・ジュールアスラン・ザラといったエースパイロットを相手にすることもあったからか思うように成果が挙げられず、アスランのセイバーガンダムにいたってはインド洋での交戦はネオのウィンダムと二人がかりで互角。
最後の出撃となった、ベルリン市街地ではアークエンジェルに身を寄せていたムラサメ隊と交戦して撃墜されている。(名誉のためにいっておくと、スティング本人もステラに関する記憶を消されて情緒不安定になっていたことも理由である。)


余談

  • 機動兵装ポッド

「インド洋の死闘」において、しれっと大気圏内の空中戦で使用されている。元々1/100キットが発売された際の説明ではポッドの推力を飛行にあてる都合上、分離不可とされていた。ところがアニメ本編で使ってしまった後は関係各位で「可能なモノ」と解釈されたのか、「SEED DESTINY オフィシャルファイル メカ編」の描き下ろしイラストでは空中で分離させていたりもする。ある意味現場のライブ感でパワーアップしてしまった例なのかもしれない。
その後、リマスター版で作画が書き直された際に該当のシーンも修正され、機動兵装ポッドを分離せずに戦闘している。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY スティング・オークレー
セカンドステージシリーズ
インパルスガンダム ガイアガンダム アビスガンダム セイバーガンダム 

メビウスゼロ・・・有線式でありカオスより装備数が多いが、ほぼ同じ機構を持つ。どちらかといえばこの機体をコンセプトにしたのかMA形態が酷似している。
イージスガンダム・・・脚部にビームの近接格闘武器を持ち、可変後も使用できるという共通点がある。
ハンブラビ・・・脚部の変形位置こそ異なるが、変形自体が簡易かつ腕部の自由度が高いという共通点がある。

関連記事

親記事

セカンドステージシリーズ せかんどすてーじしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カオスガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カオスガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26777

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました