ピクシブ百科事典

ザクウォーリア

ざくうぉーりあ

ザクウォーリアとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

ジンゲイツに続くザフトの正式モビルスーツ。型式番号ZGMF-1000。
ザクの名は「Zaft Armored Keeper of Unity」の略称であり、意訳すると「に身を固めたZAFTの統一の保護者」と言い換える事が出来る。

ZAFTの新型量産MSシリーズ「ニューミレニアムシリーズ」の一番手であり、ニューミレニアム、即ち「新たなる千年王国」を担うにふさわしいMSとして製造された。
PS装甲こそ持たないものの、その性能は前大戦での最新鋭機ゲイツどころか、初期GAT-Xシリーズに肩を並べるほどの性能を誇る(あるいは、それ以上とも)。

最大の特徴は、ザフトストライカーパックとも言うべき『ウィザード』の存在であり、本機はストライクや連合の量産MSのストライカーパック同様、ウィザードを換装することで様々な戦局に対応することができる。
また、ストライクと違いウィザードパックを装備しない状態でもそれなり以上の戦闘能力を発揮する。

劇中では単なる雑魚メカではなく、シリーズ前半では、主役のガンダムと共にチームを組んで戦っているなど、オマージュ元と比べて大躍進している。

デザインについて

デザインは、初代ザクと同じく大河原邦男が手がけている。
その名の通り、ファーストガンダムザクをリファインしたようなデザインである。
緑色のカラーリング、シールドとスパイクアーマー、ザクマシンガンを模したビーム突撃銃など、ザクを模倣しつつSEEDらしさを加えたデザインとなっている。

発表された際のファンの反応は賛否両論であった。
SEEDは宇宙世紀と違う世界の話なので、その世界観に合ったオリジナルの敵機体を出してほしかったという意見が非常に多かったが、そのフリッツヘルメットを模したような頭部やスラスターがバランスよく配置された脚部など、デザイン的に評価するファンも少なくない。

基本武装

ビーム突撃銃
ビームアサルトライフル。一発の威力を抑え連射を可能にした、通常のビームライフルよりも手数を重視したもの。
ゲイツのビームライフルからかなり小型化が進んでおり、マガジン式のバッテリーで稼働させることで、機体への負荷も最小限に抑えている。
予備マガジンは肩部シールド裏側にマウントされる。

ビームトマホーク
シールドに格納されたビームトマホークというだけあり、投擲しての使用も可能。

ハンドグレネイド
MS用の手投げ弾で、腰のラッチから取り外して使用する。
様々な弾種があるが、劇中ではほとんど描写されなかった。

キャットゥス500mm無反動砲
ジン用に設計された無反動砲。水中戦や後方支援の為か、DESTINYの時代でも携行している機体は少なくない。

ウィザード

ブレイズウィザード
ストライクの「エール」にあたるウィザード。二基の大型スラスターにより機動力を飛躍的に向上させると共に、スラスター前部のミサイルポッド「ファイヤビー」で火力を向上させているバランスの良いウィザード。
宇宙用の装備だが、地上戦に於いても(飛行こそできないものの)機動力向上のために多くの機体に装備された。
主な使用者はハイネ・ヴェステンフルスレイ・ザ・バレルアスラン・ザラ

ガナーウィザード
遠距離用のウィザードで、エネルギータンクと折りたたみ式長射程ビーム砲オルトロス」のみで構成されたシンプルなウィザード。
オルトロスと突撃銃は独立しているため、両方使用することが可能。
エネルギーは付属するタンクからほとんどが賄われるため、機体の稼働時間の大幅な延長に成功している。
主な使用者はルナマリア・ホークディアッカ・エルスマン

スラッシュウィザード
近接専用のウィザードで、ウィザード本体にはビームガトリング砲「ハイドラ」を二門、白兵戦装備として大型ビームアックス「ファルクス」を搭載している。
ハイドラもガナーのオルトロス同様、エネルギータンクが本体のジェネレーターと独立している。
劇中ファルクスはカオスのアンチビームシールドを容易く切り裂くほどの威力を見せていた。
主な使用者はイザーク・ジュール
なお、このスラッシュウィザードは現時点で立体化が少ないため、ある意味不遇のウィザードである。

ブースターウィザード
外伝にのみ登場。
左右上下に展開したスラスターが特徴的なウィザードで、ブレイズと違い多方向にスラスターが向いているので、細かなマニューバーを可能とする。
また、スラスターに備え付けられたを展開することで、大気圏内での飛行が可能。
現在、使用者はイライジャ・キールしか確認されていない。

ケルベロスウィザード
ケルベロスバクゥハウンド専用の装備だが、ウィザード規格が統一されているためザクでも使用可能。
主な使用者はスーアイザック・マウ

イージーウィザード
ドムトルーパーに装備されているウィザード。
「イージー」の名が付く通り、地味な形状をしており、追加武装はビームサーベルのみ。
設定上、ザクにも装備可能。

ナイトウィザード
同じくドムトルーパーに装備されている(ただしこれは、ザフトの機体コンペに正式採用された場合である)ウィザード。
ドリルランスを装備できる。
設定上、ザクにも装備可能。

ノクティルーカウィザード
「SEED-MSV」に登場。
水上スキーのプレートと肩部に装着する可動翼、水上・水中用センサー内蔵のセイルフィンがセットになっており、ウィザード装着以外にも肩部、頭部パーツの換装作業を要する水上戦闘用のウィザード。
これを装備したザクはほとんど別機体のような姿形となる。

ホスピタルウィザード
野戦病院の役割を担う医療施設を搭載したウィザード。
このウィザードを運用する機体も、ホスピタルウィザード運用に特化した改修が施されている。
キャンピングカーのキャビン部分を思わせる移動式の医療設備を三基搭載し、モビルスーツの走破性を以って通常の航空機や車両では辿りつけない場所への救難活動を行い、またモビルスーツに搭載されたバッテリーを利用する事で発電設備の無い場所であっても高度な医療活動が可能となる。
主な使用者はミハイル・コースト

バリエーション

一般機、及びそれをベースとしたもの

一般機
劇中で最も良く見られた機体。機体色はグリーン
セイバーを与えられる前のアスランが、二度この機体に搭乗している。
また、ディアッカもガナーを装備した本機を愛用した。

ルナマリア機
ルナマリアのパーソナルカラーである真紅に塗装された機体。主に装備したウィザードはガナー。
だが、ルナマリア自身は「射撃はニガテ」と語っており、なぜガナーを装備しているのかは不明(一説によると『バスターガンダムのパイロットであったディアッカ・エルスマンに憧れていたから』らしい)。
アーモリーワン襲撃事件では整備不良で戦線離脱し、その後も目立った戦果は挙げられていないと、やや不遇な感のある機体。

ハイネ隊仕様
通称オレンジショルダー。ハイネ・ヴェステンフルスの指揮下にある隊員のパーソナルカラー。彼の死後は、所属部隊を問わず彼を慕うものがオレンジショルダーに塗装したという。
放送当初、ガンプラと連動し、このハイネ隊仕様のザクのガンプラがもらえるキャンペーンが展開された。
レクイエム中継コロニー付近の戦闘で、イザーク率いるジュール隊の中に数機ほどその姿が確認できる。

ライブ仕様
ピンクに派手なマーキングと、視聴者の度肝を抜いた式典用のザク。
ラクス(正確にはミーア)がライブを行う際に、彼女を乗せて随伴機と共に登場した。
いうなれば公式痛機。まるで痛機ブームを先取りしたかのようなそのデザインは、今でも視聴者の網膜に焼き付いている。らしい。まぁ(別シリーズだが)ファイヤーバルキリーの方が先だが。
(ただしここでの定義を見る限り、ミーアザクもファイヤーバルキリーも正確には痛機ではない)
通称ミーアザク
実は最終回でも登場し、ブレイズウィザードを装備してメサイアから出撃した(リマスター版ではブレイズザクファントムに差し替えられている)。
そしてまさかの連合VSザフト2でも登場。武装はハンドグレネイドしかないが、なんと踊る事が出来、僚機に自分の覚醒ゲージを譲渡する効果をもたらす。 なお、覚醒するとBGMがミーアの持ち歌である「Quiet Night C.E.73」に変化する。

アイザック専用機
外伝にのみ登場。ジュール隊所属のアイザック・マウがバクゥハウンドに続き使用した。
所属基地に合わせたネイビーブルーのカラーリングと、ケルベロス使用のために最適化された、両肩のスパイクアーマーが特徴。
使用ウィザードはケルベロス。

スー機
民間軍事会社所属のパイロット・スーの機体。
スーの人間離れした能力に合わせてチューンナップが施されている。
カラーリングは赤と黒、使用ウィザードはケルベロス。

視聴者デザイン機
ガンプラと連動して行われた視聴者オリジナルデザインのザクを募集するキャンペーンにおいて、最優秀賞に輝いたデザインのザク。黒いボディに炎が燃えているかのような模様があしらわれている。
同じくキャンペーンで登場したオレンジショルダーの「ハイネ隊仕様」のザクとともに、ブレイズウィザードを装備して活躍する姿が、レクイエム中継コロニー付近での戦闘で確認できる。

ディアッカ機
リマスター版に登場。
色はTV版に登場したディアッカ専用ザクファントムと同じくグレー。

ザクファントム

エース専用の高性能機で、額の角と両肩共通のシールドが特徴。
性能的にはウォーリアを引き離しているわけではないが、高品質な部品を使用したことによるスペックアップと、通信や指揮機能の強化が行われている。

レイ機
パーソナルカラーであるに塗装された機体。
パイロットのレイは好んでブレイズを使用した。
こちらも目立った戦果を劇中で上げることはできなかったが、ネオエグザスとは序盤で死闘を繰り広げた。

ハイネ機
グフ受領前のハイネの愛機。パーソナルカラーはオレンジで、使用ウィザードはブレイズ。DESTINY本編では少ししか登場していないが、スペシャルエディションなどでは活躍シーンがさらに追加されている。

イザーク機
白服に昇格したイザークの愛機。番組後半でグフに乗り換えるまで本機を使用した。パーソナルカラーはスカイブルー。
スラッシュを使用し、奪取されたカオス・アビス・ガイアを相手に引きを取るどころか圧倒して見せ、シンに「これがヤキンを生き抜いたパイロットの実力か」と言わしめた。

ディアッカ機
番組後半、ディアッカはブレイズウィザードを装着した黒いザクファントムに乗り換える。
ちなみに漫画版ではガナーを装着している姿が確認できる。

リーカ機
パーソナルカラーは桃色で、ブレイズを使用。
この他にも、紫色の機体も存在している。

これらに当てはまらないもの・カスタム化された機体


ザク量産試作型
MSV出典。
史上初の「核動力搭載型量産機」を目指して試作された、ザクのプロトタイプ。こっちが先輩である。
PS装甲を搭載し、大戦後、生産された47機が秘密裏に各地の戦場でテストされたと言われている。のちに「ユニウス条約」の締結でお蔵入りとなった。その後はザフトの新兵器「ニュートロンスタンピーダー」開発のためのほぼ全機が解体され、核動力が転用された、または核動力からバッテリーに変更されたと言われているが、詳細は不明。
形式番号がZGMF-X999である事から通称「9ザク(キュウザク)」と呼ばれることも。

ザクスプレンダー
インパルスの前身とも言える機体で、分離・合体機構の実証実験及びデュートリオン送電システムの実験のために建造された。
しかし本機のコアスプレンダーは戦闘機というよりは「脱出ポッド」とでも言うべき粗末なもので、上半身・下半身も完成体であるインパルスに比べて飛行性能を著しく欠く。

ホスピタルザクウォーリア
文字通り、野戦病院の役割を持ったザク。病院の機能を持ったホスピタルウィザードを搭載し、ザフトの地上基地にはこれが必ず配備されているらしい。
原則戦闘には参加しないが、元ザフトのエースミハイル・コーストはこれを駆ってテロリストのM1アストレイを撃退したことがある。

コマンドザクCCI
通信や索敵に特化した機体で、戦闘能力をほとんど持たないため護衛機を要する。
パラボラアンテナやアンテナガンなど、偵察に特化した周辺機器が特徴。

プロヴィデンスザク
ドラグーンシステムの試験機で、「空間認識能力に依存しない新型ドラグーン」を実戦投入するための実証機。
レジェンドの前身にあたり、フォルムやディテールもレジェンドとのつながりを感じさせる。

マディガン専用ザクファントム
機体に走る白い十字のペイント、の役割を備える鋭角な両肩のブレードシールドなどを装備した機体。
パイロットであるカイト用にピーキーな調整がなされており、各種ウィザードも使用可能。

イライジャ専用ザクファントム
サーペント・テールのイライジャ・キールが、大破した専用ジンの代わりにカイト・マディガンから譲り受けた機体。
機体の一部にPS装甲を搭載し、装甲を起動すると前の愛機であるジンと似たような赤い文様が浮かび上がる。
頭部には、イライジャ専用機おなじみのバスターソードを搭載。

関連イラスト

種ザク
ZGMF-1000 ザクウォーリア


ザクウォーリア



関連項目

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ザク ギラ・ドーガ ヤクト・ドーガ
ザフト
グフイグナイテッド ドムトルーパー
誤射マリア
ミーア・キャンベル
フェイズシフト装甲

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクウォーリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112840

コメント