ピクシブ百科事典

ドラグーンシステム

どらぐーんしすてむ

TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する遠隔操作兵器の名称。
目次[非表示]

概要

ザフト軍が開発した遠隔操作兵器で、ビーム砲と多数の推進姿勢制御用スラスターを搭載した飛行砲台を同時制御し、ニュートロンジャマーの影響を受けない量子通信で遠隔操作する。
所謂ファンネル系の武装であり、ファンネルと違い量子通信で制御するの特徴だが、大量の情報操作のやり取りをしなければならず、扱えるのはパイロットに限られている。また、「空間認識能力」(C.E.におけるニュータイプ能力のようなもの)を持つものがこれを操ると、ビーム砲から放たれる粒子線が再構成され、ビームカーテンやビームバリアが使用可能となる。

欠点は前述のパイロットの技量が高くなければ使えない事、もう一つは無重力の空間(宇宙等)でしか運用出来ない事である。

名前について

ドラグーンシステムの名前は「Disconnected Rapid Armament Group Overlook Operation Network・system(訳:分離式統合制御高速機動兵装群ネットワーク・システム)」の頭文字をとったもの。

第2世代ドラグーン・システム

量子インターフェイスを改良されレスポンスが上昇したことによって、空間認識力を持たない一般人でも操縦可能に。但し、機体操縦とドラグーン制御を同時にしなければならない点は変わっておらず、エース級のパイロットでなければ到底扱えることが出来ない。

ドラグーン・システム搭載機体

ドレッドノートガンダム
プロヴィデンスガンダム
カオスガンダム
レジェンドガンダム
デスティニーガンダム(ブーメラン部のみ)
プロヴィデンスザク
ストライクフリーダムガンダム
アカツキガンダム
デストロイガンダム
ペルグランデ
ガンダムアストレイレッドフレーム(レッドフレーム改のみ)
ガンダムアストレイブルーフレーム(ブルーフレームDのみ)
ニクスプロヴィデンスガンダム
エクストリームガンダムR(リフェイザー・イグニスのみ)

余談

空間認識能力とニュータイプ
SEEDの世界では「ニュータイプ(以下NT)は存在しない」とされている。
NTがいわゆるエスパー的な能力(テレパス、プレッシャー等)を多く持つのに対し、
空間認識能力は基本的にドラグーンやガンバレルといったオールレンジ兵器の制御能力のみ有するものである。
しかし、同能力を持つラウ・ル・クルーゼムウ・ラ・フラガネオ・ロアノークレイ・ザ・バレルがお互いの存在を感知し合う他、キラ・ヤマトも前述のネオやレイに対して反応する描写があるなど、未知の部分も多い。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED オールレンジ攻撃
ビット ファンネル
GNファング ガンバレル
Gビット

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラグーンシステム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5768

コメント