ピクシブ百科事典

インフィニットジャスティスガンダム

いんふぃにっとじゃすてぃすがんだむ

インフィニットジャスティスガンダムとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

形式番号ZGMF-X19A
全高18.90m
重量79.67t


概要

ストライクフリーダムと同様にザフトによって設計されていた次世代機のデータを盗用し、クライン派ファクトリーで様々な最新技術を投入され完成したモビルスーツ
型式番号は原型機の「ZGMF」を使用しているが、実質的にはターミナルのオリジナル機といっていい程に手を加えられている。ファクトリーでの本機改良において、アスラン・ザラの搭乗を前提にスペックの最終調整が行われている。これはキラ・ヤマトの強い提言により、ストライクフリーダムとの連携運用を念頭において行われた。

本機はZGMF-X09A ジャスティスからの流れを汲む航宙・航空用リフターを装備しているのが特徴である。
バックパックにマウントされているファトム-01はジャスティスのファトム-00の発展形であり、主に主翼の大型化、スラスターの推力の引き上げなどの改良が行われ、より強力な空間機動が可能となっている。
また、ハイパーデュートリオンエンジンの搭載によって機体出力及び戦闘能力はジャスティスの数倍にまで引き上げられており、デスティニーレジェンドに匹敵する。

武装は、中~近距離戦闘と得意とした旧ジャスティスとアスランの技量を鑑み、さらに近距離戦での択を増やした特殊な物となっている。

フレームはストライクフリーダム同様、VPS装甲材を用いており、機体の運動速度が設定値を上回る負荷が掛かった場合、フェイルセーフ機構が発動する。
予備電力をも活用して内部骨格部材のPS装甲素材作動値を瞬間的に極大値まで引き上げ、フェイズシフトダウンを防止する。VPS装甲作動値が最大にされたとき、部材で抑えきれなかった負荷は光として外部に放射され発光し、インフィニットジャスティスの場合は銀色に輝く(ストライクフリーダムは金色、デスティニーでは鈍い金属光)。

武装

MMI-M19L 14mm2連装近接防御機関砲

頭部内蔵のバルカン砲。

MMI-GAU26 17.5mmCIWS

胸部に内蔵されたバルカン砲。ミサイルを迎撃する。

MA-M1911 高エネルギービームライフル

接近戦に特化した本気に併せ、フォアグリップの無い片手撃ち専用のビームライフルとなっており、ジャスティスの使用していたルプス・ビームライフルに比べコンパクトな形状をしている。

MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベル

ストライクフリーダムに装備されているものと同型のビームサーベル。ジャスティスのサーベル「ラケルタ」を改良し、次世代機に対抗できる出力と威力を持つ。
ただし、この時点でようやくセカンドステージシリーズの「ヴァジュラ」と互角と、意外にも性能は控えめ(機体エンジンの差により、出力自体は大幅に向上していると思われる)。
連結機構「アンビデクストラス・ハルバード」を持ち、アスランはこの連結サーベルを好んで使用する。
劇中では当兵装の巧みな取り回しにより、デスティニーガンダムを翻弄。アロンダイトとのサーベル合戦では、一戦目ではデスティニーの両腕を一瞬で切り裂き鮮やかに完勝。二戦目ではアロンダイトの実体部分を切りつけて真っ二つに破壊している。
またパルマフィオキーナにもパワー勝ちし、デスティニーのマニピュレータを爆砕した。

MR-Q15A グリフォン ビームブレイド

膝からつま先に設置されている近接格闘用武装。
ガイアガンダムと同じ武装ではあるが、こちらは斬り蹴りで敵に攻撃するタイプの武装。
アスランのイージスガンダム搭乗時代の運用実績を参考に、本機の武装が採用されたといわれている。
劇中ではデスティニーのフラッシュエッジ2ビームブーメランをサマーソルトキックで蹴り飛ばしたり、ルナマリアインパルスの右腕とデスティニーの右脚を破壊し、完全に戦闘不能に陥らせる活躍を見せた。

MX2002 ビームキャリーシールド

ビームシールドを兼ねた実体シールド。ビームブーメラン、アンカーが内蔵されている複合武装でもある。
その為、実体盾部分は対ビームコーティングされた武装を防ぐ保険としても機能する。
異なる性質のシールドを2枚重ねている+発生器が大きい分、他のビームシールドよりもかなり強固であると思われる。
事実、デスティニーのフラッシュエッジを容易く弾き、長射程ビーム砲をも完全に防ぎきり、アロンダイトに弾き飛ばされたといっても、実際は防御を崩されただけでシールド本体が損傷した様子は無かった。

RQM55 シャイニングエッジ ビームブーメラン

シールド先端部に装備されているビームブーメラン。フラッシュエッジの強化発展型であり、その他のビームブーメランに対してビーム刃が長めになっている。
シールド接続時には大型ビームサーベルとしての機能を果たし、劇中ではシュペールラケルタビームサーベルと共にデスティニーのパルマフィオキーナを潰している。

EEQ8 グラップルスティンガー

シールド内に内蔵されているアンカー。機体を掴んで引き寄せる等の用途に使う。

MS支援空中機動飛翔体「ファトゥム-01」

ジャスティスガンダムに装備されていたリフターの改良型。
前機に比べ、主翼の展開機構の単純化と大型化、スラスター推力の向上が図られている。
また、リフター底面にグリップが設けられており、「上に乗る」だけでなく「下にぶらさがる」といった運用も可能となっている。
また、機関砲系の実弾兵装は廃止され、代わりに複数のビーム刃とビームサーベルを装備している等、主に接近戦用途でかなりの重武装化がなされており、射出してリフターそのものを大型のビームカッターの様に発射する事で接近戦だけでなく遠距離からのビーム刃攻撃までも可能としている極めて強力な武装にして推進装置である。

ただし、後述のハイパーフォルティス装備とメインスラスターを担っているが故に、リフター射出時に万が一リフターそのものが破壊、撃墜等で消失した場合、本機の砲撃戦能力の喪失と機動力の大幅な低下が懸念される。

劇中では戦艦を横から貫通して撃墜する、巨大要塞砲に叩き込んで破壊する等、凄まじい活躍を見せた。

MA-6J ハイパーフォルティス ビーム砲

ファトゥム-01に装備されているビーム砲。セイバーのスーパーフォルティスを凌ぐ威力を持つ。

MA-M02S ブレフィスラケルタ ビームサーベル

ファトゥム-01の先端部に設置されている固定式のビームサーベル。

MR-Q17X グリフォン2 ビームブレイド

ファトゥム-01のウイング部に設置されているビームカッター。

対装甲ナイフ

ファトゥム-01の機首に設置されてる先端部分。VPS装甲展開時には黄色くなる。

名称

発表当初は「ナイトジャスティスガンダム」という名前であったが、スーパーフリーダムガンダム共々改名された。

劇中の活躍

本編42話より登場。キラ・ヤマトの判断により、アスランに本機体を届ける為に(と同時に、ラクスを秘密裏にオーブに降ろし、議長の情報戦略へのカウンターに備える為)、初出撃時はラクス・クラインが搭乗し、宇宙からオーブへと降下した。

その後、ラクスの説得を受け、再起したアスランが本機体に搭乗し、シンとレイを同時に相手取り苦戦するキラに助太刀すると、シンに自分と同じ轍を踏むなと言う旨の説得をかけつつ、説得を聞かず攻撃してきたシンに対して応戦。
最終的には、混乱状態にあり本調子でなくなったシンをカウンターの一太刀で撃退する事に成功する。

作品終盤では、メサイア攻防戦・レクイエム破壊戦でも活躍。
レジェンドのオールレンジ攻撃を完璧に捌き切りこれを退け、
デスティニーに対しては、無理をせず防戦からの反撃と言うスタイルを崩さず(機体特性・得意分野的にも最上の選択)、終始善戦。
最終的には、ラケルタビームサーベルとシャイニングエッジによる同時攻撃によるカウンターでデスティニーの撃墜に成功する。
更に、ファトゥムを用いて戦艦ミネルバを横から一気に貫通・撃沈するという勲功を上げ、
続いて直系数十キロはあると思われる巨大レーザー砲、レクイエムにもファトゥムを撃ち込み、破壊に成功している。

デザイン面ではジャスティスに比べ、鋭角的かつ洗練されたフォルムを持つ。
プラモデル・マスターグレード版ではSEED系列最後発ということもあり、全MG中屈指のプロポーション・可動範囲を誇った。

ゲーム作品

メディアミックスのゲームでは優遇された性能を持つ場合が多い。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.(EXVS
ガンダムVSガンダムでは登場できず、ガンダムVSガンダムNEXTではストライクフリーダムのアシストとしてのみの登場だったが、今回ついにプレイアブルに昇格。
(余談だが、NEXTのボス版ストライクフリーダムがミーティア装備時に呼び出したときは、ミーティアを装備しフルバーストを放つ)
ストライクフリーダムデスティニーがコスト3000(最高コスト)なのに対し、本機体は準最高コストのコスト2500で参戦。
幾度かのアップデートを経て、
同コスト帯最高の機動力と迎撃力、射撃、格闘を兼ね備えた高性能万能機となった。
別段火力や射撃、格闘が大きく秀でている訳ではないが、
前述の通りその全てがハイレベルに纏まっており、
初心者から上級者まで乗り手を選ばない優秀な機体に仕上がっている。
なお、機体選択時に、アスランが劇中では言わなかったインフィニットジャスティスの名を呼んでいる(これはストライクフリーダムも同様)。

EXVSFBにはアシストにスラッシュザクファントム、覚醒技にミーティアによるソード攻撃が追加されたが、
特殊格闘の連続蹴りが無くなってしまった(但し格闘中に特殊格闘を入力すれば連続蹴りが出せる)。
家庭版では無料DLCにラクス・クラインが搭乗した本機が参戦。
しかし、コストが最低値の1000コスト、特殊格闘派生と変形の削除等、アスラン機と比べて性能がかなり下がっている。
アスラン機と異なりアシストがストライクフリーダムに変更されており、覚醒技もストライクフリーダムのハイマットフルバーストとなっている。

EXVSMBではサブ射撃のファトゥム01が単発強制ダウン(以前は多段ヒット)に変更された他、
覚醒時限定で格闘CSを使うとミーティアとドッキング可能になる。
後述のボス仕様と比べて性能は低いが、ボスと異なりヒットストップが無いという利点があり、
フルバーストや格闘の威力は、プレイヤー機からみればそれなりに高い。
フリーダムやストライクフリーダムと違ってレバー入れ格闘があるが、その代わり強力な射撃CSが無いのでこちらは格闘向けといったところか。
ラクス・クライン搭乗版はモバイル会員限定で参戦。ゲーム全体のシステム変更によりコストが1500に上昇している。

EXVSMBONではストライクフリーダム、フリーダムと同様に格闘CSにSEEDが追加された他、アシストもスラッシュザクファントムからストライクフリーダムに変更された。
SEEDの追加に伴い、前作のミーティア装着は削除された。

なお、同時にボス仕様の本機体『インフィニットジャスティスガンダム(ミーティア装備)』が登場し、
高い耐久力と性能が格段にアップした各種武装でプレイヤーに襲い掛かる。
出現は3-A(EX)と比較的序盤のステージに登場する。
体力をある程度減らすとミーティアとドッキングし、ミサイルや大型ビームソード、照射ビーム砲で攻撃してくる。
何度かダメージを与えた後ミーティアをパージし、ボス機体同様に常時覚醒状態になる(この時ミーティアが破壊されているのか覚醒技や格闘CSは使ってこない)。

このボス仕様のインフィニットジャスティスはボス機体同様ダウンしにくいようになっており、有り得ない程の長いコンボを叩きこむことが出来る。
その為一部プレイヤーからはサンドバッグ、MBから参戦したフリット・アスノの台詞「命はおもちゃじゃないんだぞ!」からとっておもちゃと呼ばれているらしい。

『VS.コンクエスト』にてレイドボスとして登場した時は、ブランチバトルコースのものと異なり最初からミーティアを装着している。
パージが無いため覚醒はしないものの、リーチの長い格闘やミサイルと同時に放つフルバーストの威力が高く、かなりの強敵である。

関連項目

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ジャスティスガンダム
ストライクフリーダムガンダム デスティニーガンダム レジェンドガンダム アカツキ
アスラン・ザラ ラクス・クライン

pixivに投稿された作品 pixivで「インフィニットジャスティスガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124164

コメント