ピクシブ百科事典

レイ・ザ・バレル

れいざばれる

『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』の登場人物。 CV:関俊彦
目次[非表示]

概要

シン・アスカルナマリア・ホークと共に、ザフト軍の新造戦艦ミネルバに所属するMSパイロット。
ギルバート・デュランダルに心酔しており、公の場以外では彼を「ギル」と呼んでいる。また、彼の命令を忠実に実行する冷淡さと、その命令に背く存在はたとえ味方であろうと排除する冷酷さを持ち合わせている。逆に、デュランダルが関わらない事柄に対してはあまり関心を示さないこともある。
友人であるシン、優柔不断さや視野の狭さから彼をイラつかせたアスラン・ザラ、生まれる前からの因縁があるキラ・ヤマト等は議長と関わっておらずともなんからの関心を抱いた可能性は高く、結果論ともいえる。

その正体はラウ・ル・クルーゼと同じく、ムウ・ラ・フラガの父親アル・ダ・フラガのクローンとして生み出された存在であった。自らに先が残されていないことから、シンをデュランダルの力たりえる存在となるように導こうとしていた。

また、自らの失敗を糧として生み出された存在であり、完全な「スーパー・コーディネーター」たるその力を自身の信念とは相容れない理想論で振り回すキラ・ヤマトには強い憎悪を抱いている。

一方シンとよき友人にして同志であり、キラに憎悪を抱くシンを、戦闘スタイルのヒントを与えるなどして支え、結果成長したシンはキラに打ち勝ち撃墜した。
アスランの説教を真に受け、事情も知らずに被害者たるシンを遠まわしに攻め立てるルナマリアをたしなめることもあった。

最終決戦ではついにキラと相対し、世界の生まれ変わりのため、自らの身とともに道連れにしようと激突する。しかし、どのような存在であろうと命は命であることに変わりは無いという
キラの言葉に一瞬戸惑った隙を突かれ、機体は大破。しかし、機体に残された僅かな推進剤を使って、からくもメサイアへの到達に成功する。
そして、デュランダルと銃を突きつけ合って相対するキラを背後から銃撃しようとするが、キラの戦ってでも自由な未来を掴まんとする覚悟を聞き、敗者となったデュランダルの幕を引く形で、最終的に彼が撃ち抜いたのはデュランダルであった。

そして、そこに駆け付けたタリアに母という存在を感じながら、デュランダルとタリアとともに、崩壊するメサイアの爆炎の中に消えていった。

搭乗機体

ブレイズザクファントム
レジェンドガンダム

関連イラスト

レイ
レイ


レイの最期

pixivに投稿された作品 pixivで「レイ・ザ・バレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 398402

コメント