ピクシブ百科事典

ジレンマ

じれんま

本来ジレンマとは「ある問題に対して2つの選択肢が存在しており、そのうちどちらを選んでも何らかの不利益を被るため、態度を決めかねる状態」を指す言葉だが、ここではウルトラマンタロウに登場する怪獣のジレンマについて解説する。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマンタロウ
第6話『宝石は怪獣の餌だ!』

別名身長体重出身地
ナメクジ怪獣不明~73m不明~4万3千tエジプト

概要

古代エジプトに伝わる『満月に現れて宝石を探し回り、強いの刺激を受けると、巨大化して町を焼く』と伝えられている伝説のナメクジに酷似した怪獣。
とある幸運を運ぶとされる宝石を主食としており、その宝石の持ち主をから吐く強酸性の溶解霧で殺害して奪い喰らっていた為、何時しかその宝石は災いをもたらす悪魔の石として忌み嫌われるようになった元凶でもある。

主な戦力は上記に上げたから吐く強性の溶解霧のほか、相手に絡みつかせて身動きを封じてしまう程の長さを誇るで、突進攻撃を得意としており、足跡に残った粘液には1万Vもの電気を帯びているとされている。
また、体はナパーム弾にも耐える程の強固さを備えているとされる。

劇中、光太郎がエジプトでさる老婆から(厄介払いとして?)譲り受けた宝石をはるばるエジプトより追いかけ日本に上陸。

宝石を持つ白鳥家に侵入し、彼らが飼っているペットのポチを殺害し身に着けていた宝石を喰らった後、同じく宝石を身に付けて就寝中の白鳥健一を襲うものの偶然、体と宝石の間に物が倒れてきた為に健一は無事だった。次にその宝石をお守りとして身に着けている白鳥さおりを付け狙う。

当初は大人の太さぐらいの大きさだったが、光太郎が沙織を護るために放った『ZATガン』のレーザー光線を受けたことにより、巨大化し、宝石を狙って襲い掛かかるが、そこへ登場したタロウと対決。

当初は口から吐く強酸性の溶解霧でタロウを苦しめるがZATが『スーパーアルカリ液』で酸を中和したため形勢が逆転。

最後は触覚をもぎ取られ、駄目押しに舌をブルーレーザーで焼き切られ衰弱した所へストリウム光線を食らい爆死した。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣 ナメゴン ナメクジ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジレンマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339719

コメント