ピクシブ百科事典

デスティニー・プラン

ですてぃにーぷらん

デスティニー・プランとは、『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場する社会思想。
目次[非表示]

概要

プラント最高議長ギルバート・デュランダルによって提唱された社会システム構想。
デュランダルは「戦争の原因は自身への不当な評価や現状への不満」にあると考え、「人は自分を知り、精一杯できることをして役立ち、満ち足りて生きるのが一番幸せだろう」という思想に基づき、このプラン導入により、効率的な社会システムの完成を目指していた。
デュランダル曰く「究極の人類救済プラン」

内容は人間遺伝子を解析する事による人材の再評価と人員の再配置である。
遺伝子の解析によって個人の適性や個性を見出し、その解析結果に合った職業に就くことで誰も不満を抱かず、争いも生まれないことを理想とし、さらには国家間の争いを失くすことも視野に入れていた。
生まれ持った「性格」「知能」「才能」「重篤な疾病の有無」を遺伝子解析で解明し、その情報に基づきその人間の特性に適した役割を与え、親のコネ等不正な手段で地位を手に入れた人間を蹴落とし、年齢や経験に関わらず、その職や地位に適した人間がその地位を与えられる事となる。

しかし、このシステムは基本的に強制であり、また職業振り分けは遺伝子解析の結果のみで本人の実力や希望は無視されるため、後天的な努力によって職業を得た人間はその職を追われることになる等、プランが実施された場合は徹底的に才能だけが重視される弱肉強食の世界となり「職業選択の自由」は消滅すると言える。
事実ラクス・クライン達は「人々から決定権を国家が取り上げて管理する」「世界を殺すシステム」と断じ、アスラン・ザラも「そぐわないものは淘汰、調整、管理される」と予想していた。
またキラ・ヤマトは漫画『THEEDGE』内で「遺伝子で職業が決まるなら、より職業の適性の高い優れた人間を狙って製造する方向へと加速する」と危惧している。

デュランダルはこのプランが急速な社会の変化をもたらす事から支持を得にくいと考え、プラント内部でも極秘に計画を進めており、ブレイク・ザ・ワールド後の戦争を経て戦争の原因と断じたロゴス壊滅とロード・ジブリールの死をもって世界の気運が高まった段階で実施を公表した。
当然ながらプラント・ザフト内には動揺が広がった。しかしプランの全貌が把握しにくい事とコーディネイターには有利になる為明確な反対意見は出なかった。
シン・アスカは「今の世界を根底から変えようとするシステム」と評して期待を寄せていたが、同時に小説版では「野球選手になりたくて頑張ってきた人が、ある日突然『君の能力では無理だ。歌手になりなさい』と言われて『はいそうですか』と納得できるものだろうか」とこのプランの問題点を解りやすく例えて考えていた。

地球の各国家は突然の発表とマニュアル公布に混乱。以前からプランの詳細をつかんでいたクライン派やオーブ連合首長国はもちろん、スカンジナビア王国、そして地球連合も反対を表明。
これに対してデュランダルは反対派を「人類の敵」とみなして修復したレクイエムを発射し月のアルザッヘル基地を連合艦隊諸共壊滅させた。
この、今までの穏健路線をも捨てた強硬姿勢が仇となり、反対派はデュランダルとの戦闘を決断。さらにはザフト内部でもプランに懐疑的だった者達の疑念が深まり、イザーク・ジュール達の離反にもつながった。
その後のメサイア攻防戦にてデュランダルが戦死。さらにプランの要となるデータバンクが収められている要塞メサイアが破壊されたことで、プランはとん挫した。

ただし、いったん落ち着いたとはいえ、ナチュラルとコーディネイターの戦争の危険が続いているSEEDの世界にとって、デスティニー・プランが間違っていたかは断言できない状況であり、メサイア攻防戦は言わば「自由=明日を捨ててでも平和を取る」か「次の戦争が起こる危険を残してでも希望と可能性を取る」という戦いであった。
上記の通りプランは否定されたが、見方を変えれば、このような反発必至の策を取らなければいけないほどに両種族間の「負の連鎖」が悪化しているということでもあり、これが次の戦争への序章になってしまうか否かは誰にもわからない。
また、民衆、特にナチュラル側からすればデュランダルに半ば騙された形になってしまっており、ロゴス壊滅により沈静化したブルーコスモスが活発化する危険がある。
幸いにして、ASTRAYシリーズ等のその後を描いた作品を参照する限り、小競り合い程度はあるものの、少なくとも本格的な戦争状態にはなっていない模様である(未確認ではあるが、「戦争が泥沼化した」という説もある)。

※もちろん、仮にデュランダルが勝っていてプランが続行され、反対勢力が弾圧されたとしても、さらに人々の反発を招く可能性も十分にあり、平和どころかさらなる混乱を生んでいたかもしれない。

ちなみに、このプランでは「才能のある人が高い地位を得られる」のでコーディネイターが圧倒的に有利なように思われるが、遺伝子解析によって潜在的な素質も含めて評価されることによってナチュラルの側がむしろ有利になる可能性も否定はできない。(実際パイロットとしてのラウやムウ、マリューの白兵戦能力などコーディネーターより優れている、匹敵するナチュラルも存在する。)
ただコーディネイターはプランに対応して、ナチュラル以上の“素質”を持ったを作り出せばいいし大半のナチュラルは不利なことには変わりがない。
また公平な選抜によって選ばれてもナチュラルはコーディネーター側に裏取引を疑われたりコーディネーターは遺伝子操作を妬まれる可能性もある。
遺伝子操作の有無で終末戦争になりかけた世界ではやはり劇薬のようなものかもしれない。


スーパーロボット大戦では

基本的には主人公勢力はこのプランと敵対する事になるが、他作品のネタを絡めたアレンジが加えられている。
スーパーロボット大戦Zでは「ニュータイプに覚醒する可能性を持った人物を探し出す」という目的のためにプランが流用され、遺伝子的に不適応と判断されたフロスト兄弟が人類に憎悪を抱くきっかけとなった。
また第3次Z天獄編ではプラント国防委員長となったレイ・ザ・バレルがこのプランの真の目的は「御使いに立ち向かうためにSEEDの素質を持つ人間を探し出し、クロノ保守派から守る為」であったと説明された。

スーパーロボット大戦Lではさらに大胆な解釈がなされ、「SEED能力の持ち主の発見」「人間のゼントラ化」の為にプランを用いて、そういった人間たちを集めて地球を防衛する組織を作る対異星人戦略の延長線として提唱されている。
またこの政策によって「遺伝子だけで人間の適性が決まるのか」という問題点が解決されている。(人間のゼントラ化は完全に遺伝子で決まる為。)

原作終了後の世界観であるスーパーロボット大戦UXでは生まれながらにしてファフナーのパイロットとなることを義務付けられている竜宮島の子供達にシン本人が人の運命を生まれで決めようとしたためプランが否定された事を語っている。

スーパーロボット大戦Vでは敵対組織である超文明ガーディムはかつて徹底的な管理体制を敷く文明体制ゆえに自身の文明を滅ぼした話を聞かされたアスラン・ザラがデスティニー・プランを連想している。

余談

現実のドイツにおいては、日本でいう小学校ぐらいの段階で早々と大まかな進路が決定されるという制度があり、類似点が指摘されることがある。
とは言え、あくまで「大まかな進路」が定められるだけでそこから先は自由だし、その大まかな進路に逆らうことが許されないなんてことはない(ドイツはEUに属していて、EUは加盟国間の移動が自由なので、ドイツ語を公用語とする他EU諸国に移住して進路を蹴っ飛ばすのも大いにアリである)。さらに言うならその進路を正しいと決定づける根拠もどこにもない。デスティニープランの特徴である「不自由さ」や「容赦のなさ」はドイツの教育制度には無いと言えるだろう。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ディストピア
共産主義

狂四郎2030 PSYCHO-PASS 似たような社会システムが完成した世界が描かれている。この世界では実際に「アスランの言う「そぐわないもの」=犯罪係数という数値の高い者」が隔離されたり、即時処刑されたりといったことが日常茶飯事である。
またデスティニープランと同じく、世界規模の戦争がきっかけで発案や設立に至ったという点も共通している。

惑星サマーン スター☆トゥインクルプリキュアに登場する惑星。まさにこの計画が実現された世界と言える。
一方で視聴者に対する徹底した配慮から上作品のようなハード感はない。

恋と嘘 デスティニープランにおける進路強制とは異なるが、こちらは政府が定めたシステムによって16歳の頃に結婚相手が決定されそれ以降は恋愛が禁じられる(拒否すれば社会不適合者の烙印を押される)という、『システムが決定を下す、選択の自由がない』ディストピアが描かれている。(ちなみSEEDにおいてもプラントではコーディネーターの出生率の問題故に定められた相手としか結婚できない婚姻統制がある、と言うかデュランダルはそれが原因でディスティニープランと言う極論に奔った)

すばらしい新世界  1930年代に発表されたディストピアの古典小説。「遺伝子」という単語こそ出てこないが、全ての人間が人工子宮で生産されて、幼少期から適正職業への徹底的な専門教育だけが施されて短命な社会人を生産するので、全く競争が発生せず、全く発展しない未来社会が舞台。小説終盤ではこの社会の問題点も議論されている。

三船栞子 「スクフェスALL_STARS」に登場するキャラクター。当初は「適性に合ったことをしなくては幸せにはなれない」という考えから自身が生徒会長となった虹ヶ咲学園に新入生に対して適性試験を行い、それぞれの適性に合った部活に振り分けるというシステムを導入しようとしたが当然生徒たちの反感を買ってしまったためあなたとの話し合いの末に考えを改めた。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY きどうせんしがんだむしーどですてぃにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デスティニー・プラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9928

コメント