ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カガリ・ユラ・アスハ

かがりゆらあすは

カガリ・ユラ・アスハとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの登場人物である。
目次 [非表示]

「逃げるな!…生きるほうが、戦いだ!!」

プロフィール

誕生日C.E.55年5月18日
星座牡牛座
血液型A型
年齢16歳 (SEED) →18歳 (DESTINY)
身長162cm (SEED) →164cm (DESTINY)
体重54kg (SEED) →48kg (DESTINY)
CV進藤尚美 (TV版) →森なな子 (劇場版)

人物像

オーブ連合首長国代表にしてアスハ家の当主のウズミ・ナラ・アスハの娘(養子)。義父亡き後は彼の遺志を継ぎ、オーブの代表として自分に出来ることを模索する。

明るく活発な性格で、大変男勝りな一面も見受けられる。


大変男勝りな性格が起因してなのか、一人称は「わたし」だが、二人称はキラ・アスラン・シンなど親しい人物や自分より身分が低い人物には「おまえ」、激昂した際は「てめえ」にも変わり、「アンタ」や「あなた」を使う素振りは劇中では全くない。公の場所なら敬語を一応使うが、そうでもない限り、言葉遣いも常に男性口調且つ命令口調で、ラクスルナマリアのように女性語を使う素振りは全くない。実義両親を除き呼称も敵味方関係なく「名前・苗字+呼び捨て」で呼び、敬称や役職名を使って呼ぶ素振りは全くない。


実父はユーレン・ヒビキ、実母はヴィア・ヒビキ博士ら夫妻で、母のヴィアがウズミと生前交友があった事から養子縁組が結ばれた。本作の主人公キラ・ヤマト(キラ・ヒビキ)とは双子の関係にある(公式人物相関図では双子の姉弟と記載されている)。

学生時代はオーブの士官学校で正規訓練を受け、その流れからオーブ国防軍には根強い人気を持っている。おかげで身体能力もそれなりにあり GBAゲーム「友と君と戦場で」のイベントでは(多少コミカルな展開とはいえ)腕相撲でキラを負かす事も。

またキラとは違ってカガリは遺伝子操作もされておらず、自然分娩で生まれたナチュラルだが、カガリも一度キラやアスラン・ザラと同じく「SEED」を発現させており、人種と「SEED」の有無は無関係であるという事実を示した。


一国の姫という立場でありながら、父に「お前は世界を知らん」と言われて、アフリカのレジスタンス組織に参加。砂漠の虎の異名を取るザフトのアンドリュー・バルトフェルドに対して抵抗を続けた。

レジスタンスでの活動の間に兵器の操縦方法も習得していたようで、モビルスーツの腕前に関しては「M1アストレイ隊より自分の方が強い」と豪語するほど自意識過剰。

ただしスーパーコーディネイターとしての遺伝子操作に成功した器であるキラと同じ遺伝子を持っているだけに、シミュレーターとはいえ撃墜数では高評価を出していたりと元々の素質は決して悪くはない。実際彼女のとっさの援護で戦局が好転した事もあったが、さすがにザフトや連合のエースパイロット相手だと分が悪くなる。


そしてバルトフェルドとの戦いの最中、キラの乗るアークエンジェルに接触することになり、彼らと行動を共にする。

その後、アスランとの運命的な出逢いを経てオーブが地球連合軍からの攻撃を受けた際には父の手でオーブ軍の宇宙艦「クサナギ」へ乗艦させられ、宇宙へ脱出。

その後、アークエンジェル、エターナル、クサナギの三隻同盟の一員として、ストライクルージュに乗り戦い抜いた。


顔立ちは比較的線の細いキラと比べて男顔。そのためかキラもアスランも初めて彼女と会った時に男と間違えている。趣味は体力作りで、考えるより先に身体が動くタイプ。

しかし、戦いの中で思い悩み涙をながすキラに対して「大丈夫だ」と優しく抱き締め宥めたり、互いの思想から決裂し実父に撃たれてしまったアスランの心情を思い、「まだどうにかなるのかもしれないじゃないか」と励ましたりするなど、母性や女性らしい気遣いも出来るという面も持つ。


政治家として、オーブの姫として

カガリ・ユラ・アスハと言うキャラクターを語る上では、どうしてもオーブと言う国家そのものも含めた政治面についての話になりがちである。

これは、SEED~DESTINY時代を通して、「地球圏を二分する異なる民族同士が互いを絶滅させるための戦争を始める一歩手前」というコズミック・イラ世界における政治の舵取りがいかに難しいかということが作中でも散々語られている通りなので、その政治に携わる主要キャラクターとして仕方ないと言えば仕方ない。


彼女自身の政治家としての姿は、よく言えば裏表のない、悪く言えば直情的な当人の性格がそのまま反映されたタイプ…

だったのはDESTINY中盤までで、自身の政治家としての姿勢を見つめなおし、再起したDESTINY後半からは、人が変わったかのように冷静かつ毅然とした女傑タイプの政治家に変貌する、と言う極端な二面性を持つ。


まだ政治家として活動を始める以前の姿ではあるが、父に窘められると反抗して自身の出自を顧みずにゲリラ活動を行ったかと思えば、自国が窮地に立たされれば機動兵器に乗って最前線で戦ってしまったりもする。正規の軍事訓練を受けているためオーブ国防軍からは評判がよく、出自と来歴がそんなこんなで国民の人気も高い。

ヤキン戦役後はそのカリスマ性を見込まれてオーブに出戻り、戦死した父ウズミの跡を継ぎ国家元首の座に就いた。

しかし、父であるウズミとは異なり根回しができるパイプや腹芸を行う程の能力はまだ開花しておらず、その後の政権運営はセイラン家以下官僚にいいように言いくるめられ傀儡化…「お飾りの姫」状態が目立った。首脳会議では強気な姿勢ではいるが、政治家としては若輩者だと自覚しているため最終的には合理的な物言いの官僚たちの意見に流されることが多い。

連合の圧力からプラントへの軍事協力を疑われた際は(デュランダルが黙殺し続けていたからとはいえ)プラント本国に乗り込み直談判、その際に自身の思想を吐露するなど本音と建前の使い分けができない政治家として致命的な欠点が露出しており、にもかかわらず作中では自身を棚にあげてセイラン家を非難したり(はっきり言って少なくとも作中の時点では政治家としては婚約者のユウナの事をとやかく言えないレベルである)、政治家として未熟かつ稚拙な面ばかりが目立った。


ただし、セイラン家の行動は合理的と言えば聞こえはいいが、オーブの理念を全否定し、ウズミらが危惧し命がけで防いだ「どちらかの勢力に組み込まれればその道具となるだけ」という状況を良しとする舵取りであり、それはコズミック・イラの世界において破滅的な結果しかもたらさない事は国民ですら理解している事である。その為、オーブの政変に関してはやはりセイラン家に問題があると言わざるを得ない。


不味いことに、オーブ国防軍司令部にもセイラン家の腐敗が進行していた。

オーブのために命懸けでユニウスセブンを破壊してくれたミネルバに、騙し討ちという形で「恩知らず」な行為をしたのはユウナ・ロマ・セイランであり、それを止められなかったカガリ・ユラ・アスハにも責任はあり、「必要以上にミネルバの恨みを買う」危険性を誰も指摘しなかったオーブ司令部の問題である。

悲しいことに、劇中この決定の不味さを明確に理解していたのは現場のトダカ一佐だけであり、彼は後にクレタ沖の決戦で悲劇的な最期を遂げる。


彼女なりに国や組織を利他的に思いやっていたが、それが災いし口八丁なユウナに「オーブのため」「お父上が起こした悲劇を繰り返さないため」と連合とパイプを持つセイラン家との政略結婚をするしかないとカガリは思い詰めるようになっていく。

全てはカガリを徹底的に孤立させ、自由な行動を許さずキラ達にも会わせずに正常な判断を奪って彼女を「お人形」の花嫁にするユウナの策略であった。

カガリの侍女であるマーナがカガリの手紙をキラ達に届け、キラ達はカガリの置かれた異常な状況と、きょうだいであるキラさえ呼ばれていない異常な結婚式を潰す決意をするのだった。


結婚式に乱入しカガリを拉致したキラ達はカガリに責められるが、逆にカガリが置かれた異常な状況と異常な判断を指摘される。上記の通りセイラン家を立たせていたら作中以上にオーブは連合の属国化が進んでいたことは明白なので、キラの手段はともあれ結果的にはオーブの未来をつないだ結果となっており、後にセイラン家がクレタ沖海戦とザフトのオーブ侵攻を招いたことで、カガリは自分の判断が致命的に間違っていたことを悟っている。


なお、作中では政治家として成長しているシーンもきちんと存在し、エンジェルダウン作戦前後では自分に出来ること、自分がなすべきことについてきちんと自分の中で整理をつけ、良き元首になれるよう努力する、だから今後も力を貸して欲しい、と部下達に直接語り掛けるシーンもあった。

最終的にオーブに戻り元首に復帰した後は、上記の通り序盤とは一転して冷静かつ俯瞰的な評価・対応を取り始め、感情的になる姿は一切見られなくなり、言葉だけではない成長をきちんと見せてくれた。

これは、作中序盤の理知的な姿勢と一転し、自身の計画を最終段階に進める時期が来た事を悟り、世論を盾に強引な武力行使など手段を選ばない醜態が増えて来たデュランダルとは対照的である。

また、自身が戦場に出る必要が無い状況に置いては、(DESTINY序盤からも元々政治家としてのみ活動していたが)作中後半からは個人的な恋愛も捨て完全に国家の運営者としての道を選んでおり、軍事行動を取る実働部隊としての行動は准将~中将の正式な軍籍を与えたキラとラクス達に任せ、自身はオーブに残って政治面でのバックアップに徹する方針に切り替える等、完全に一政治家として生きる道を改めて選んだ事が窺える。


そもそも論になってしまうが、最初に記載した通り、コズミック・イラ世界における政治の難しさやオーブと言う国家の特殊性等は、現実世界の尺度では到底評価を行う事が出来る物ではない点にも留意する必要があるだろう。

これは、似た立場であるリリーナ・ピースクラフト等に対しても言える事である。


なお、福田監督は『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY PERFECT PHASE FAN BOOK』にて「民衆の中に入って、自分も傷つきながらも民衆を引っ張っていくのがカガリ」、「プライベートより公務を優先する「地の女神」としてのカガリをぜひ見て欲しかった」と語っている。


SEED FREEDOM

本作では世界平和監視機構コンパスの発起人となっている。トーヤ・マシマにいずれはオーブの首長を任せようと教育中。福田監督は自身の公式X(旧Twitter)で、今回のカガリはとてもかっこいい、と思う。一杯一杯の中から成長して、今回はカガリがみんなを支える。ガンダムSEED本編から見てもらえればわかると思うけど、カガリは両澤も僕も入れ込んで育ててきたキャラですから。当時もなんか勘違いな解釈をぶっ込まれると反発もしました今回も『天の女神、地の女神』ですから。と言及された。

シーンの一つではAKATSUKIと表記されたファイルと他二冊が彼女のデスクの上に置かれている。オーブは半年前のフリーダム強奪事件の借りがあるため、ファウンデーションに不信感を抱きつつも協力の申し出を受け入れるか悩む。彼らの罠により世界がゆれ動く中、(感情的になって会議後机に額を打ち付けるなどかつての姿を匂わせる描写もありつつ)情勢を落ち着かせようとする、猶予ならない事態となれば再度国に緊急事態を発現し、自身はパイロットスーツを着てコンパスの援護に動くなど、為政者として成長した姿が描かれた。


アスランとの関係に関して監督は舞台挨拶で、 トーヤが一人前になればカガリは代表を引退してアスランとのドラマが始まると話したそうだ。


余談

明確な理由は不明だが、劇場版『機動戦士ガンダムSEEDFREEDOM』ではメインキャラクターの中で唯一TVシリーズからキャストが交代されている。


弟(兄)であろうキラは一部の(ほとんどが社会的に重要な立場にいる)人間達に出生の秘密を知られているのだが、その姉(妹)であるカガリの方はほとんど出生に関する影響が描かれていない。そもそもキラと姉弟(兄妹)だと自覚はしていても、彼がスーパーコーディネイターとして生を受けたことや実の両親であるヒビキ夫妻に関する事などは未だに知らない節がある。

劇中ではクルーゼは「オーブのカガリ・ユラ・アスハ」を知ってはいても、まさかそれが件の双子の片割れであるとは当然知らなかっただろうし、デュランダルの方もキラにばかり注目していて、彼女がその姉(妹)である事実に果たして辿り着いていたかは定かでは無い。

キラとカガリが双子である事は事実だが、どっちが姉で弟、どっちが兄で妹かは明言されていない(カガリ自身は「私が姉だな」と言い張ってはいるが真相は不明)。


DESTINY中盤に登場したコニール・アルメタは前作のカガリと同様にレジスタンス組織に参加した少女であったが、こちらは連合の圧政に立ち向かうためにザフトの助力を得る等、カガリとは真逆の立場であった。ちなみに当のコニールはカガリとは直接関わらなかったものの、終盤ではデュランダルの支持者となってオーブを(連合と同一視する形で)批判していた。


「SEED DESTINY」名義で外部出演の「スーパーロボット大戦Z」ではワンシーンの為にアカツキのパイロットとなっている。そのせいか声はなく、チート等で戦闘させると人工知能のSEが流れる切ない扱いであった(同様の扱いを受けたパイロットもいる)。パイロットとしての能力はきちんと設定されているのだが、作中で覚醒したはずのSEED技能がない。

スーパーロボット大戦K」では、TV本編でのカガリへの批判からか直情的に動く場面は鳴りを潜めており、部隊の支援に尽力するなどして本編より政治家として完成されている事から、「もはやカガリではなくKガリ」と言われている。しかしそのせいで、相対的に本編のカガリの未熟さが改めて際立つ結果にもなってしまった。EDではコンパスの先駆けとも言える地球防衛隊の総司令に就任していた。


そして、「スーパーロボット大戦DD」では「SEED」の戦いからプレイヤー部隊ディバイン・ドゥアーズと盟友関係となっており、原作通り連合との同盟を押し切られてしまうが、彼らの力を借りて本当にオーブ軍を戦わずして撤退させる事に成功し、悩んだ時も周囲からフォローされる等、原作と比べると幾らか救われている。


搭乗機体

FX-550 スカイグラスパー

MBF-02 ストライクルージュ

ORB-01 アカツキ

メディアミックスでの活躍

Gジェネレーションシリーズ

「カガリ!もう君を泣かせはしない………!」 - アスラン・ザラ

「カガリ様!わたしも援護します!」 - ジュリ・ウー・ニェン

(C.E.71)「貴様が死ねば、わたしがオーブ首長だ!」/(C.E.73)「この機会に、わたしの手で殺してやろう………!」 - ロンド・ギナ・サハク

「カガリ。オーブを背負う者の意地を見せよ!」 - ロンド・ミナ・サハク

「あ、アスランさんの事は、任せてください!」 - メイリン・ホーク


デビューは『SEED』。『PORTABLE』からはC.E.73バージョンも参戦。

『WARS』からは何故か自軍参入できない状況が続いたこともあった。

『CROSSRAYS』では上記のような掛け合いが多く発生するようになった。


関連イラスト

お嬢様、中に入ってください無題

カガリセンシティブな作品


関連項目

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

アスラン・ザラ キラ・ヤマト ウズミ・ナラ・アスハ

オーブ連合首長国 五大氏族

ユーレン・ヒビキ ヴィア・ヒビキ ラクス・クライン

カガリ 金髪 金眼

セミショート ミディアムヘアー イエローヒロイン グリーンヒロイン オレンジヒロイン


コンビ・カップリングタグ

アスカガ キラカガ


関連・類似人物

オスカル:金髪、中性、漢女、性格、カリスマ性、やんごとなき身分、男装麗人、恋人とは身分差の恋愛という面など非常に似ている。カガリのオマージュでもある。

天王はるか:金髪、短髪、金色、ボーイッシュ、一途な愛、漢女なところなど似ている。

藤乃静留シズル・ヴィオーラ:声が同じ、舞-HiME及び舞-乙HiMEの主要人物。カガリに対して、彼女達はおっとりとした性格。

関連記事

親記事

五大氏族 ごだいしぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9352517

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました