ピクシブ百科事典

カガリ・ユラ・アスハ

かがりゆらあすは

カガリ・ユラ・アスハとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「逃げるな!…生きるほうが、戦いだ!!」

CV:進藤尚美

人物像

オーブ連合首長国代表ウズミ・ナラ・アスハの娘(養子)。
明るく活発な性格で、男勝りな一面も見受けられる。
義父亡き後は彼の遺志を継ぎ、オーブの代表として自分に出来る事を模索する。

実父はユーレン・ヒビキ、実母はヴィア・ヒビキ博士ら夫妻で、ウズミと生前交友があった事から養子縁組が結ばれた。キラ・ヤマト(キラ・ヒビキ)とは二卵性双生児の関係にある(その事実が明らかになった際には、カガリは自分が姉だと主張している)。
学生時代はオーブの士官学校で正規訓練を受け、その流れから国防軍には根強い人気を持っている。おかげで身体能力もそれなりにあり、ガンダムエース掲載の『SUITS CDコミック』では腕相撲でキラを負かす事も。

また、コーディネイターのキラとは違ってカガリはナチュラルだが、カガリも一度キラやアスランと同じく「SEED」を発現させており、人種と「SEED」の有無は無関係であるという事実を示した。

一国家の姫という立場でありながら、父に「お前は世界を知らん」と言われてアフリカのレジスタンス組織に参加。砂漠の虎の異名を取るザフトのアンドリュー・バルトフェルドに対して抵抗を続けた。
そしてバルトフェルドとの戦いの最中、キラの乗るアークエンジェルに接触する事になり、彼らと行動を共にする。
その後、アスランとの運命的な出逢いを経てオーブが地球連合軍からの攻撃を受けた際には父の手でオーブ軍の宇宙艦「クサナギ」へ乗艦させられ、宇宙へ脱出。
その後、アークエンジェル、エターナル、クサナギの三隻同盟の一員として、ストライクルージュに乗り戦い抜いた。

顔立ちは比較的線の細いキラと比べて男顔。趣味は体力作りで、考えるより先に身体が動くタイプ。
そのためか(あるいはドレスなどを嫌ったためか)、キラもアスランも初めて彼女と会った時に男と間違えている。
しかし、戦いの中で思い悩み涙をながすキラに対して「大丈夫だ」と優しく抱き締め宥めたり、互いの思想から決裂し実父に撃たれたアスランの心情を思い、「まだどうにかなるかもしれないじゃないか」と励ましたりするなど、母性や女性らしい気遣いも出来るという面も持つ。

政治家として

よく言えば裏表のない、悪く言えば直情。親父さんに窘められると反抗して自身の出自を顧みずにゲリラ活動を行ったかと思えば、自国が窮地に立たされれば機動兵器に乗って最前線で戦ってしまったりもする。正規の軍事訓練を受けているためオーブ国防軍からは評判がよく、出自と来歴がそんなこんなで国民の人気も高い。ヤキン戦役後はそのカリスマ性を見込まれてオーブに出戻り、国家元首の座に就いた。
だが、父であるウズミとは異なり根回しができるパイプや腹芸を決め込む器量はなく、その後の政権運営はセイラン家以下官僚にいいように言いくるめられ傀儡化が目立った。連合の圧力からプラントへの軍事協力を疑われた際は(デュランダルが黙殺し続けていたからとはいえ)プラント本国に乗り込み直談判、その際に自身の思想を吐露するなど本音と建前の使い分けができない政治家として致命的な欠点を露出する。
とはいえ彼女なりに国や組織を利他的に思いやる気持ちはあるので、政略とはいえ連合とパイプを持つセイラン家との結婚には渋々賛成したりもした。最終的にはアスランとの恋愛よりも国家の運営をとるなど落ち着いた態度も見せはした。


搭乗機体

FX-550 スカイグラスパー
MBF-02 ストライクルージュ
ORB-01 アカツキ

関連イラスト

お嬢様、中に入ってください
無題


カガリ



関連項目

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
カガリ アスラン・ザラ アスカガ キラ・ヤマト

pixivに投稿された作品 pixivで「カガリ・ユラ・アスハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 818765

コメント