ピクシブ百科事典

カガリ・ユラ・アスハ

かがりゆらあすは

カガリ・ユラ・アスハとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「逃げるな!…生きるほうが、戦いだ!!」

CV:進藤尚美

人物像

オーブ連合首長国代表ウズミ・ナラ・アスハの娘(養子)。
明るく活発な性格で、男勝りな一面も見受けられる。
義父亡き後は彼の遺志を継ぎ、オーブの代表として自分に出来る事を模索する。

実はキラ・ヤマトとは二卵性双生児の関係にあり、その事実が明らかになった際には、カガリは自分が姉だと主張している。
また、コーディネイターのキラとは違ってカガリはナチュラルだが、カガリも一度キラやアスランと同じく「SEED」を発現させており、人種と「SEED」の有無は無関係であるという事実を示した。

一国家の姫という立場でありながら、父に「お前は世界を知らん」と言われてアフリカのレジスタンス組織に参加。砂漠の虎の異名を取るザフトのアンドリュー・バルトフェルドに対して抵抗を続けた。
そしてバルトフェルドとの戦いの最中、キラの乗るアークエンジェルに接触する事になり、彼らと行動を共にする。
その後、アスランとの運命的な出逢いを経てオーブが地球連合軍からの攻撃を受けた際には父の手でオーブ軍の宇宙艦「クサナギ」へ乗艦させられ、宇宙へ脱出。
その後、アークエンジェル、エターナル、クサナギの三隻同盟の一員として、ストライクルージュに乗り戦い抜いた。

顔立ちは比較的線の細いキラと比べて男顔。趣味は体力作りで、考えるより先に身体が動くタイプ。
そのためか(あるいはドレスなどを嫌ったためか)、キラもアスランも初めて彼女と会った時に男と間違えている。
しかし、戦いの中で思い悩み涙をながすキラに対して「大丈夫だ」と優しく抱き締め宥めたり、互いの思想から決裂し実父に撃たれたアスランの心情を思い、「まだどうにかなるかもしれないじゃないか」と励ましたりするなど、母性や女性らしい気遣いも出来るという面も持つ。

搭乗機体

FX-550 スカイグラスパー
MBF-02 ストライクルージュ
ORB-01 アカツキ

関連イラスト

お嬢様、中に入ってください
無題


・・・その姫というのは止めて頂けないか?
カガリ



関連項目

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
カガリ アスラン・ザラ アスカガ キラ・ヤマト

pixivに投稿された作品 pixivで「カガリ・ユラ・アスハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496902

コメント