ピクシブ百科事典

ウナト・エマ・セイラン

うなとえませいらん

ウナト・エマ・セイランとは、『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場するキャラクター。

CV:松本大

人物像

オーブ連合首長国宰相であり、ユウナ・ロマ・セイランの父親。
オーブ五大氏族であるセイラン家の当主で、宰相として代表首長であるカガリ・ユラ・アスハを補佐している。『MSV戦記』によると隠し財産として価値の落ち辛いイリジウムプラチナインゴットを相当数保持しているらしい。
オーブの政治をカガリに変わって実質的に支配しており、戦争には中立の立場を公言しているものの実際は大西洋連邦寄りの人物で、世界安全保障条約締結の加盟を推進。さらには前の大戦の英雄であるカガリを政治家的な能力より実権を握るための道具とみなしており、息子のユウナをカガリに政略結婚で嫁がせ、自身の影響力保持を保とうとしたが、この目論見はキラ・ヤマトの駆るフリーダムガンダムにカガリが結婚式中に連れ攫われた事で失敗する。

その後は大西洋連邦の要請でオーブ軍の艦隊を地中海へと派遣。さらにはブルーコスモス盟主でロゴス代表であるロード・ジブリールをオーブへと匿い、オーブ攻防戦を巻き起こした。
戦闘開始時はジブリールと共にシャトルで脱出する予定だったが、他の要人と共に避難していたシェルターがジオグーンの突入にあって崩壊し、それに巻き込まれ死亡した。

小説版ではギルバート・デュランダルの演説で世界に反ロゴス運動が広がり、オーブ近海に艦隊が居並ぶ中、邸宅を訪ねて来たジブリールをオーブに関係するロゴス幹部の紹介で顔を合わせた事こそあるものの、このようなことを頼られる間柄ではないと内心疎みつつもプラント側の勝利で連合寄りの自分が失脚する可能性がある事や、連合を掌握しているジブリールに屈する形で彼をオーブへと匿った。
前の大戦の戦後処理に携わっていた政界関係者が責任から辞職していた為、自分を含めて防衛線経験を持つ官僚がいないことや、それまで問題の先送りで正解を渡ってきたがゆえに非常事態の対処法が見つからず狼狽し、ザフトと離反した地球連合軍によるオーブ侵攻が始まった際にはそれまで自分のイエスマンだった閣僚から攻め立てられながらも軍部への迎撃命令や国民への避難命令を後回しにし、自分だけ真っ先に行政府地下のシェルターに逃げる卑劣な面も見られたが、最終的には原作同様の末路を遂げた。

マガジンZで連載されていた漫画版ではジブリールに同行して逃走を図ったが、もうジブリールに用なしと見限られ、ジブリール側に付いたオーブ軍人に殺害された。

関連タグ

オーブ連合首長国

コメント