ピクシブ百科事典

プラント

ぷらんと

複数の意味を持つ単語。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. plant植物や、施設工場を指す英単語
  2. モンスターファームに登場する植物モンスター
  3. ニコニコ動画で活動している歌い手
  4. レッドツェッペリンロバート・プラント
  5. 機動戦士ガンダムSEEDシリーズに登場するスペースコロニー群・国家。この記事で記述。


概要

アニメ及び各コミック作品「機動戦士ガンダムSEED」に於けるスペースコロニー群であり、続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」では国家の名前でもある。
砂時計型をしたコロニーの総称で、プラント1基を1区、10区で1市とカウントしており、C.E.71年時点では全12市・計92基が存在していた。(SEED)
しかし、2度目の大戦であるC.E.72年に連合の軌道間全方位戦略砲・レクイエムによって4基のコロニーが全壊、その残骸による二次被害で2基のコロニーが崩壊した。(SEED DESTINY)

TVシリーズ本編前

成り立ち

元々はジョージ・グレンが羽根クジラ(エヴィデンス01)を持ち帰った際に建造した研究コロニー「Zodiac」だったのだが、これが拡大に伴う費用捻出から大西洋連邦・ユーラシア連邦・東アジア共和国の三国(プラント理事国)に出資を依頼し拡大した事で大規模コロニーとしてのプラントの歴史が始まる。この際にジョージは地球上の国家へのエネルギーおよび、工業製品の供給を目的とした大規模生産基地としての役割をバーターした。
あくまで「地球のための工場」と言う位置づけであり、この時点では国家でもなんでもなかった。
プラントはジョージ・グレンが設計した関係か、建設に携わったのはコーディネーターがほとんどである。

この当時、地球上では、コーディネーターが優れた業績を上げる事が多く、ナチュラル間で反コーディネイター感情が非常に強くなっていた。
特にブルーコスモス等によるコーディネーターへのテロ活動も散発するようになった。もちろん、コーディネーターの多く住まうプラントにもテロ行為が行われた。非武装かつ自治権のないプラントには対抗手段がなく、その事に対する不満が広がる。
また、プラントは食料生産を厳重に禁じられており、その輸入を100%地球側の輸入品に頼っていた(食料自給が成立してしまうと、地球から独立する危険性が有ったため。古典的なプランテーション政策の一つ)。こうした事に対する不満も非常に強くなっていった。

そこで、プラントのコーディネーターの有志(パトリック・ザラシーゲル・クラインなど)は、政治結社「黄道同盟」を設立。食料生産制限撤廃と自衛権獲得を求める活動を開始した。

深まる対立

その後地球上では、まずジョージ・グレンが暗殺される。実行犯の少年は心神耗弱を理由に無罪とされた。プラント側は犯人の引き渡しを要求したが、地球側はこれを退けている。
この暗殺にはブルーコスモスが関わっていたとも言われるが真相は不明。とはいえ、コーディネーターにとっては地球への反感を持つに十分な事件であった。

その翌年、今度は「S2型インフルエンザ」と呼ばれるインフルエンザが地球上で流行。
このインフルエンザは従来型のワクチンが効かず、多くの死者を出した……のだが、なぜか「ナチュラルの死者が多数なのに対し、コーディネーターの死者はゼロ」と言うあまりに不自然なものであった。
そのため、S2型インフルエンザウイルスの蔓延は、コーディネイターがジョージ・グレン暗殺の報復及びナチュラル殲滅のためにおこなった作戦であるという噂が爆発的に広まる。
事実は不明だが、実際問題「ナチュラルだけ殺すウイルス」の不自然さは凄まじく、これにより、ナチュラルの反コーディネイター感情は頂点に到達。在地球コーディネイターのプラント移住が本格化する。
(なお、翌年にプラントはS2型インフルエンザのワクチン開発に成功し、地球に供給しているが「ウイルスを作ったからワクチンも作れるんだろう」とナチュラルの疑念を高めるだけであった。これに関しても真相は不明)

こうして、ナチュラルの対コーディネーター感情は悪化し、一方プラントには反ナチュラルの感情を持つコーディネーターが集まっていった。


プラント独立、そして開戦へ

そんな折、プラント内でブルーコスモスによるテロが発生し、エネルギー生産部門が破壊された事で、プラントのエネルギー供給量は大幅に低下。
にも関わらず、理事国側はエネルギー輸出停止を認めず、現行のノルマの達成を要求してきた。
これに対してプラントの技術者は一斉サボタージュを行うが、地球側はモビルアーマーによる威嚇を敢行。
これによってプラントの独立機運は一気に高まる。

特に先述した黄道同盟は、軍事用MSを開発。「ZAFT」と名前を改め、プラント評議会の多数派を占める事に成功する。
自治獲得・貿易自主権獲得を掲げ、南アメリカ合衆国・大洋州連合(つまり、プラント理事国以外の国家)と、独自の貿易を開始する。

連合国側は、プラントに対し、シーゲル・クライン議長の解任と議会の解体、並びに自治権の完全放棄を要求。これを拒否したプラントに対し、「南アメリカ合衆国からの食糧輸送船を撃沈」と言う報復措置に出る(マンデンブロー事件)。

これが決定的となり、プラントはついに禁じられていた食料の自給生産を開始。これを止めるため再度の軍事的威嚇行動を行った理事国に対し、ザフトが軍事攻撃を行い、勝利をおさめる(L5宙域事変)。

勝利を収めたプラントは、地球側に完全な自治権と対等貿易を要求。しかし、この交渉にあたったプラント評議会議員が、ブルーコスモスにより暗殺される。この暗殺に理事国の関与が判明した事からプラントは地球に対する輸出を停止。プラントの生産力に頼っていた理事国側は困窮し、緊張感が最高潮に達する。

国連事務総長がプラント、理事国双方に呼びかけ、交渉の場が設けられる(月面会議)も、爆弾テロにより会議参加予定の地球側理事国の代表者と、国際連合事務総長を含む国際連合首脳陣が死亡してしまう(コペルニクスの悲劇)。

犯人は不明だが、会議に参加する予定だったシーゲルだけが都合よくシャトルの故障により到着が遅れて難を逃れ、そのため理事国側はこれをプラント側によるテロと断定(後の関連書籍の裏設定にて、ロゴスの工作であったと判明)。
同時にこれを地球各国及びナチュラル全体への宣戦布告と見なすと発表。

そして、C.E.70年2月11日。旧理事国が設立した地球連合は、プラントに宣戦布告を行い、ついに戦争が開始された。そしてその3日後、決定的な衝突を招く事件が発生する事となる。

開戦後、SEED本編に至るまで

2月14日、農業用コロニー「ユニウスセブン」が核攻撃によって壊滅、24万3721名が犠牲となった……そう、SEED視聴者なら良く知っているであろう、あの「血のバレンタイン事件」である。

この事件を受けてシーゲル議長は、「プラントは我等コーディネイターの国である」と宣言、徹底抗戦を表明(黒衣(喪服)の独立宣言)。戦争が本格化する。

まず、地球連合がプラントの友好国であった南アメリカに侵攻、これを制圧。
次いで、ザフトはビクトリア宇宙港への地上降下作戦を行うが、地上戦力の支援が無かったためにこれは敗北に終わる。

この失敗を踏まえたザフト側は、ニュートロンジャマーの地球投下を決定。4月1日、実行される。これによって全地球上で核分裂装置の使用が不可能となり、核分裂炉の原子力発電をエネルギー供給の主としていた地球上の各国家がエネルギー面において窮乏し、10億の死者を発生させる(エイプリル・フール・クライシス)(プラントからのエネルギー輸出を受けた親プラント国とは対照的に一連の流れで連合加盟国はエネルギー危機で窮乏していく形となったが、これには連合軍部が原子力発電の代替となる太陽光発電技術を軍事利用に優先させた事で民間の被害の拡大に繋がっている)。

この状況は太陽光発電でエネルギー自給が可能なプラントにとって外交カードとなったため、友好姿勢を持つ地球国家に対してエネルギーの輸出を表明。元々プラント利権に与れず反地球連合(プラント理事国)寄りだったオセアニアの「大洋州連合」、北アフリカの「アフリカ共同体」イスラム諸国の「汎ムスリム会議」を親プラント国家として味方に引き入れ、地球連合(理事国)VSプラント+地球の友好国家という図式を形成する事に成功した。

このニュートロン・ジャマーの効果と、ザフト製MSの性能により、ザフトはこの後戦争を有利に進めていく。
戦局を打破するため、地球連合軍が極秘裏に、中立国オーブと手を組んで高性能MSの開発を行い……。

そして、そのMSを奪取すべく、ザフトはコロニー「ヘリオポリス」を襲撃する。機動戦士ガンダムSEED、本編の開始である。

終戦

この後の戦争の顛末については、ここに書き連ねるよりもSEED本編を見て頂いた方が早い。

シーゲル・クラインの失脚とパトリック・ザラの台頭、ムルタ・アズラエルの影響力拡大、さらにニュートロンジャマーキャンセラーの開発により、互いの殲滅戦にまで発展した戦争は、パトリックとアズラエルの死亡によって沈静化。
アイリーン・カナーバら旧クライン派議員から地球連合への停戦が申し入れられることで、一応の終結となった。

ユニウスセブン跡にて、地球連合とプラント臨時評議会間終戦条約である「ユニウス条約」が締結される。
『核エンジン及びニュートロンジャマーキャンセラーの使用禁止』、『コロイド技術の軍事利用の禁止』、『MS保有数の制限』、『国境は戦前に戻すこと』などが盛り込まれ、今後の相互理解努力と平和とを誓う事となった。この時にプラントは独立も認められ、正式な主権国家となった。

コーディネーターの分布

コーディネイターの総人口は地球・宇宙圏を含めて5億人・うちプラント在住者は6000万人……とする資料も有る(『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』。ただ、同資料には『多くのコーディネイターは宇宙とプラントに生活の場を移している』という記述もある。実はSEEDシリーズのノベライズ版ではプラント以外にも多くの中立コロニーが存在しており、宇宙開発においてコーディネイターは各所で活躍しているのだという。また、迫害の理由から少数ではあるものの地球圏にコーディネーターが存在し、民間軍事企業や中立国に根を下ろしている。

また、火星圏にもコーディネーターが住んでいた(と言うか、火星圏に適応するために遺伝子操作して作られたコーディネーターがいた)。火星圏やDSSDといった宇宙開発の拡大にはプラントからの出資もあり、前者には遺伝子プールの提供もしていたという。

地球各勢力との繋がり

上述のように大洋州連合、アフリカ共同体や汎ムスリム会議とは友好関係にあり、特に大洋州連合は技術競争で大西洋連邦と対立していた事からプラントとの繋がりが根深かった。また、オーブ連合首長国とは一次大戦期に「表向き関係は持っていない」ながらも同国に在籍するコーディネイター技術者との繋がり等で水面下の関係を持っていた(一次大戦終結から二次大戦勃発までは表立った外交関係にあった)。

また、スカンジナビア王国はプラント初代議長であるシーゲル・クラインの母国であったため、同国が地球連合加盟国であったころから水面下の協力関係にあり、地上用MSのテスト等も行われていた。また、シーゲルは宇宙開発に熱心だった男であったため、彼の在任時はDSSDや火星オーストレールコロニーへの投資も行われていた(この関係はデュランダル議長の時代にも継続されており、プラントは連合とともにオブザーバー権を有していた)。

また、上述のように地球圏の理事国によって出資されたコロニーであるため、プラントはその金融資本を牛耳るロゴスによって設立された側面もある(メディアワークスから刊行されたデータコレクションにおいては、ロゴスはプラントと連合が開戦に至るまでの事件やテロを工作していたという。)。そもそもザフト初期は地球圏(ユーラシア方面)の軍需企業であるアクタイオン・インダストリーから戦車のような兵器類の輸入を行っており、量子通信技術やビームシールド等も同社と提携開発するなど後々の時代において関係は継続している。尚、アクタイオン社の主要株主もまたロゴスである。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

新たに巻き起こる戦火

ユニウス条約により、世界は再び安定を取り戻そうとしていた。
しかし、ユニウスセブンで大切な者達を亡くした遺族の中には、ナチュラルへの憎悪を忘れられず、「前議長パトリック・ザラの採った道(ナチュラル殲滅)こそ正しい道だ」と主張し続ける者達も存在し、その主張の元、サトー達はユニウスセブンの軌道を変え、地球に落下させようと行動を開始。
グラディス隊とジュール隊による破砕作業でユニウスセブンは砕かれたが、その破片は地球に降り注ぎ、多くの犠牲が出てしまう。
この事件は、「ブレイク・ザ・ワールド」と称されることになり、この未曾有の危機を起こしたのがコーディネイターであると地球側が知った事で、再び争いの種が蒔かれることとなってしまう。
地球側からは、『犯人の身柄引き渡し』、『賠償金』、『ザフトの武装解除』、『デュランダル現政権の解体』、『連合理事国の最高評議会監視員派遣』という要求が求められ、これが果たされない場合は、「プラントを地球人類に対する極めて悪質な敵性国家とし、此を武力を以て排除するも辞さない」と共同声明を発表。連合側の宣戦布告と開戦により、再び戦端が開かれてしまうのだった。

地球各地域への進出

『自衛権』と言いながらも、ユーラシア西側の連合軍に支配、圧政を強いられている地域の開放(ガルナハン等)なども行っている。裏設定ではこの頃より、ユーラシアや東アジア方面の連合参加国は大西洋との軋轢からプラントと密約する行為を働いており、後の反ロゴス同盟結成への布石となっていく。

ロゴスの告発から始まった新たな火種

連合に迎合しない者達への見せしめのためのデストロイによるベルリンを始めとする三都市の壊滅。
これに憤りを感じたギルバート・デュランダル議長による「ロゴス」の告発。
「ロゴス」を共通の敵として1つにまとまったコーディネイターとナチュラルだが、この背後には地球連合軍内における内部抗争が多いに関係していた。そもそも一次大戦末期に大西洋連邦が入手したニュートロンジャマーキャンセラーは同国が独占しており、他の連合加盟国は核武装やエネルギー輸出カードによって外交力に大きな差を付けられていたのだ。これに業を煮やしたユーラシアや東アジアは水面下においてプラントと接近し、デストロイやレクイエムの情報はプラントに渡っていた。時のプラント議長であったデュランダルはそれにの動きを察知しながらも見逃すだけで地球連合の瓦解を誘発させ、さらに前述のように独立や救援を要請した地域を庇護することにより親プラント国はおろか地球圏の多くの国家を味方に引き入れることに成功したのである。
ロード・ジブリール以外のロゴスメンバーを逮捕することが出来たが、彼は他のメンバーを囮に、セイラン家を頼ってオーブへと逃げ延びた。
オーブにジブリールがいる事を知ったことでオーブと戦端を開いてしまうが、そこでもまた捕獲することならず、宇宙のダイダロス基地への逃亡を許してしまう。
この事が後のプラントコロニー6基の崩壊とそれに伴う多くの国民の犠牲に繋がってしまうのである。

DESTINY PLAN

現最高評議会議長:ギルバート・デュランダルは戦争が無くならない理由を「何時になっても克服出来ない自分達の無知と欲望である」と主張し、人類存亡を賭けた最後の防衛策としてDESTINY PLANの導入実行を宣言した。
このプラン、議会にまず挙げて評議会の承認を得てプラントで施行するのであれば何の問題もないが、議長の独断である。一方で同時機の地球連合はすでに内部分裂を起こしていたため、同プランに表立った反対を表明したのは大西洋連邦のみであった。また、その大西洋連邦ですらプラントと事なかれな手打ちをしようとした政治中枢と反対表明を固辞した軍部で分裂が発生しており、アルザッヘル基地へと改修したレクイエムを放ち月面の戦力は壊滅状態に追い込まれる事となる。
この一連の流れは地球連合(主に大西洋)の残存とあれだけ連合加盟を忌避していたオーブが本格的な連合軍を結成する事態を生み、最終的にはレクイエムやメサイアの損失によってプラント側は停戦の手打ちを迫られることとなった。


その名前

SEED時点でのコロニー群(自治権をもつ独立国家ではない)の正式名称は、「Productive Location Ally on Nexus Technology」で、頭文字で「PLANT」と読む。
DESTINY時点では自治権を獲得した独立国家になった為、正式名称を国家の名前として「Peoples Liberation Acting Nation of Technology」と改名した。(頭文字は「PLANT」には変わりない。)

エネルギー事情

宇宙世紀と同様、コロニー国家であるプラントのエネルギー源は太陽光発電である(過去には原子炉も用いていたが、上述の血のバレンタインの参事からプラント周囲にも抑止のNジャマーを置く必要が出たため、積極的に使われなくなった)。もっとも、その発電効率はなんと80%の高効率品(!)を使用しており、プラントは完全なエネルギー自給が可能なだけでなく70億の連合加盟国に対して余剰エネルギーを輸出さえできた。どういうワケかこの太陽光発電技術は漏洩したようで、地球連合加盟国ではアークエンジェルのような宇宙戦艦に採用されるに至っている(これを民間に回せばNジャマー投下後でも地球のエネルギー危機はあっさり解決したのだが、連合軍部が軍事利用を優先したために多くの死者が出た。ASTRAYシリーズによれば、結局、民間へのスピンオフでこの問題が解決されたのはDESTINYの時代まで待ったという。)。

生産事情

上述の通り食料生産は理事国に固く禁じられていたため、開戦までは輸入に頼る有様だった。自活の為ユニウスセブンを改装し農業生産も画策していたが、これはよく知られる血のバレンタイン事件によって頓挫している。その後、食料に関しては親プラント国とエネルギー供給とのバーターで賄っていたが、ヤキン戦役終盤にはユニウス市の幾つかが改装され、再び自活路線に舵を取りつつある(裏設定においては本編後半でラクスとアスランが邂逅したコンサート跡も農地にするため取り壊されつつあったという)。

その反面、元々理事国に対する工業生産コロニーであったために工業技術と生産力は随一である。宇宙でしか生産できない材質も作れたために地球圏はプラントの発明した規格をベースとしており、これは理事国との戦争機運が高まった際にすぐさまMS用部品に転用可能なほどだった。また、宇宙に所在する都合上、宇宙用シャトルや船舶の製造も得意分野としており、これもまた戦時体制への突入とともに軍用艦や機動兵器のためのロケットエンジンに転用されていく事となる。

各プラント

※:作中に明確な名前が出てきたものを明記する。

  • アプリリウス
……アプリリウス市に所属する首都(首基)

  • ユニウスセブン
……ユニウス市に所属する農業用プラント(その為、非武装)
   このコロニーが血のバレンタインによって崩壊、約24万の罪なき尊い命が犠牲になり、この事件が切っ掛けで地球軍と本格的武力衝突(全面戦争)に発展した。

  • アーモリーワン
……アーモリー市を構成するプラントの1基で、軍事工廠のあるコロニー。
   新造艦や新機体(セカンドシリーズ)の為の進宙式を控え、準備のためにてんやわんやの中、カガリ・ユラ・アスハ氏が議長との会談の為に訪れ、地球連合軍第81独立機動群(通称:ファントムペイン)によるMS強奪事件に巻き込まれた。またコロニー自体も穴が開くなどの多大な被害を受けた。

  • ヤヌアリウスワン~フォー
……ヤヌアリウス市を構成する4基。C.E.74年に地球連合軍ダイダロス基地から発射された軌道間全方位戦略砲・レクイエムの攻撃で崩壊した。住民も全て犠牲になっている。

  • ディセンベルセブン・エイト
……ディセンベル市を構成する2基。同上の経緯で破壊されたヤヌアリウスフォーが衝突し崩壊した。住民を全て犠牲になっている。

プラント最高評議会

プラントに於ける最高意思決定機関。首都(首基)であるアプリリウス市に政治拠点を持つ。
政治体制は事実上の共和制になっているが、プラント政府はザフト(自由条約黄道同盟)の一党独裁であるため、党内人事と評議員選出は実質同一である。

評議会の構成員は、互選制と呼ばれる政治に適性のある成人(15歳以上)から選ばれる制度で決まり、12の市から1人ずつ選ばれている。これは成人年齢に達すると自動的に各市民の来歴が詳細に公表(!)され、プラント市民の投票で決定されるというある意味強制的な民主主義システムである。

C.E.71年(機動戦士ガンダムSEED)時点の代表は以下の通りだが、C.E.72年(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)の代表は何処の市輩出で専門分野は何かということが不明である。

機動戦士ガンダムSEED時の構成メンバー

市の名前専門分野代表者氏名備考
アプリリウス市天文、宇宙物理学、宇宙論、宇宙惑星学、宇宙生命学シーゲル・クライン穏健派筆頭。ラクス・クラインの父親
ディセンベル市初等教育全般パトリック・ザラ急進派筆頭。アスラン・ザラの父親
マティウス市航空宇宙工学、造船工学エザリア・ジュール急進派No.2。イザーク・ジュールの母親
フェブラリウス市基礎医学、臨床医学、生化学、分子生物学、応用生体工学タッド・エルスマン急進派→穏健寄りの中立派。ディアッカ・エルスマンの父親。息子のMIAが切っ掛けで穏健寄り中立派に転向
マイウス市応用機械工学、基礎冶金学、応用冶金学、応用材料工学、ロボット工学ユーリ・アマルフィ穏健派→急進派。ニコル・アマルフィの父親。息子の死が切っ掛けで急進派に転向
ユニウス市基礎農林水産学、応用農水工学、社会工学ルイーズ・ライトナー元々は穏健派だったが、血のバレンタインが切っ掛けで急進派に転向。同市の所属コロニーであるユニウスセブン崩壊が全面戦争の発端
クィンティリス市基礎化学、応用化学ジェレミー・マクスウェル急進派。ラスティ・マッケンジーの父親。姓が違うのは離婚したから。
セプテンベル市電子工学、情報工学、人工知能工学、総合情報学アイリーン・カナーバ穏健派No.2でありクライン派。臨時最高評議会議長となり、ユニウス条約を締結させた
ヤヌアリウス市基礎微細工学、応用微細工学アリー・カシム穏健派。
セクスティリス市基礎物理学、理論物理学、素粒子物理学、高次元物理学、数学オーソン・ホワイト急進寄りの中立派。ニュートロンジャマーの開発者
オクトーベル市人文科学総合ヘルマン・グールド急進派であり、ザラ派
ノウェンベル市多目的実用生産工学パーネル・ジェセック穏健寄り中立派


機動戦士ガンダムSEED DESTINY時の構成メンバー

再選組

ルイーズ・ライトナー
アリー・カシム
オーソン・ホワイト
パーネル・ジェセック

新任組

ギルバート・デュランダル(最高評議会議長)
タカオ・シュライバー(国防委員長)
アラン・クラーゼク
エドアルド・リー
ジョージ・アダマン
リカルド・オルフ
ノイ・カザエフスキー
クリスタ・オーベルク

歴代最高評議会議長と国防委員長

歴代最高評議会議長国防委員長
初代シーゲル・クラインパトリック・ザラ
2代目パトリック・ザラパトリック・ザラ(議長と兼任)
3代目ギルバート・デュランダルタカオ・シュライバー


プラント防衛を主とする志願制の義勇軍が存在する。本職と兼任する者も多い。
詳しくは→ザフトへ。

プラント市民

レノア・ザラ
ロミナ・アマルフィ
ミーア・キャンベル
キングT@KED@
サラ
……「機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 二人のラクス」から登場したミーアの付き人兼監視役の女性。ミーアが偽者だと知りながら、ラクス暗殺を唆す。最後はアスランの返り討ちに遭い死亡。
マール
……キングT@KED@と共にミーアのマネージャーを務めていた男性。

二次大戦後のプラント

ギルバート・デュランダルの政治的手腕によって地球連合が内部分裂した結果、大西洋連邦を除いた同組織の国家のいくつかは親プラント寄りとなった。一方で、オーブ連合首長国との最終決戦後、同国が連合加盟国の主導国家となったことや、ラクス・クラインが調停役として招聘されたことから表向きは地球各国と停戦の状態にある。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ザフト
ジオン公国

pixivに投稿された作品 pixivで「プラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69905

コメント