ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「プレゼントを落とすなよ!」

「機体を遊ばせていられる状況か!こいつで出る!」

「キラ!ソードを射出するぞ!」

機体データ

型式番号FX-550
全高12.46m
動力源バッテリー
所属地球連合軍大西洋連邦(制式採用)
パイロット

概要

大気圏での運用を考慮して設計された戦闘機

地球連合軍がストライクの戦術支援用に開発した戦闘攻撃機で在り、ストライカーパックシステムを装備する事で強力な武装を運用出来る。

胴体下部に可動式のノズルを持つVTOL機でも在り、カタパルトを必ずしも必要としない利点を持つ。


試作機

劇中では地球に降下したアークエンジェル試作機が2機艦載され、1号機をムウ・ラ・フラガが使用した。

2号機は正式パイロットが決まら無かったが、カガリ・ユラ・アスハトール・ケーニヒ等が使用。

1号機にはランチャーストライカー、2号機にはソードストライカーが主に装着された。

その特性から空中でストライカーパックを分離してストライクにドッキングさせる芸当も可能で、劇中ではこれを用いて帰艦する事無くストライクを連続換装させ、ザラ隊を撃退している。

第30話にてイージスの攻撃で2号機が破壊される。

その後も1号機は運用されるが、アラスカでの戦闘後にムウがストライクのパイロットと成った事で使用され無く成る。


2年後でもアークエンジェルに艦載されており、自身の機体キラ・ヤマトに貸しているカガリがオーブへ向かう為に本機を借りようとしたり(なお、これは別の機体を使用したため未使用)、ネオ・ロアノークをアークエンジェルから解放したマリュー・ラミアスが本機を譲渡している(その後戻って来たが)。


制式仕様機

小説版『DESTINY ASTRAY』では連合軍の制式採用モデルが登場している。

傭兵のカイト・マディガンが個人所有している物は、窮地のジェス・リブルエールストライカーやGフライトを届ける為に度々使用されている。

その他に、連合軍で使用されている物はランチャーストライカーを装備していた。

『SEED ECLIPSE』では、アークエンジェル搭載機とは別にODRが所有する物が運用されている。

パイロットがODRのメンバーを騙す為に、エクリプスへジンライストライカーを届けた後は機体トラブルを演出して不時着している。


武装

20mm機関砲

機首部の両側面2門、計4門を装備。


中口径キャノン砲

胴体部両側面に計2門を装備。


砲塔式大型キャノン砲

背面に装備するビーム砲。回転砲塔で在る為、敵機が横に追走しても攻撃が可能。


ウェポンベイ

主翼の付け根付近と翼端にそれぞれ配置。

付け根付近はミサイル爆弾を任務に応じて積載可能と成っている。

主な装備は、対艦ミサイル、中距離用空対空誘導弾、レーザー誘導方式1000ポンド通常爆弾、短距離用空対空誘導弾、滑走路破壊爆弾、250ポンド通常爆弾、1000ポンド通常爆弾などを積載する。劇中では、主に対艦ミサイルが使用されている。

翼端はストライクの肩部を模した形状で、ストライカーパックシステムの装着が可能と為っている。

また、側面にはハードポイントが備えられている為、ストライクのビームライフルやアンチビームシールドを搭載可能。

その他の装備は、リコネッサンスパック、コンフォーマルタンク、火力増強パック、電子戦用パック、ブースターパック等を装着出来る。


立体化

「EXモデル 15 1/144 ガンダムシードメカセット1」名義でメビウスゼロとセット発売されている。色分けは足りないがHGやコレクションシリーズに対応しており、各ストライカーパック装着に対応している。


PGでもエールストライカーとのセットで発売。それから15年近く後になってランチャーとソードの方も発売され、こちらにも対応している。


RGではランチャーストライカーとソードストライカーとのセットで発売。同ブランドのエールストライクガンダムのエールストライカーにも対応。


余談

  • 制式採用に伴いC.E.73年代では連合軍部隊へ普及してダガーLやウィンダムの支援をしていると設定されているが、『SEED DESTINY』での連合軍に制式採用モデルの姿は確認出来ない。
    • ダガーL等ストライカーパックに対応するGATシリーズの量産型MSの拡充やOSの改良に伴うナチュラル用MSの操縦性の改善に伴うストライカーパックの運用方法の変化が大きく、特にMSが1機に対して戦闘機を2,3機も引き連れるくらい運用よりもMSを3機配備すれば良く、3機に各々の役割を持たせられるので有れば戦場のど真ん中で装備換装を行わずに済む為である。
    • 1機を換装して異なる役割に対応させる運用は「個人の資質を重用」する傾向が強く、特にザフトで採用されるものであり、実際にセカンドステージシリーズで在るインパルスのシステムとして、無人機のスカイグラスパーとも言える「シルエットフライヤー」が開発されている。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED MSV 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

戦闘機 VTOL 試作機 量産機

ストライク ストライカーパックシステム

コスモグラスパー

スピアヘッド:ベースと成った地球連合軍のVTOL戦闘機

関連記事

親記事

ストライクガンダム すとらいくがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41964

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました