2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号FX-550
全高12.46m
動力源バッテリー
所属地球連合軍三隻同盟
パイロットムウ・ラ・フラガネオ・ロアノーク)、カガリ・ユラ・アスハトール・ケーニヒ


概要

大気圏での運用を考慮して設計された戦闘機
地球連合軍がストライクの戦術支援用に開発した戦闘攻撃機であり、ストライカーパックシステムを装備する事で強力な武装を運用できる。
劇中では地球に降下したアークエンジェルに試作機が2機艦載され、1号機をムウ・ラ・フラガが使用した。2号機は正式パイロットが決まらなかったが、カガリ・ユラ・アスハトール・ケーニヒなどが使用。
1号機にはランチャーストライカー、2号機にはソードストライカーが主に装着された。
その特性から空中でストライカーパックを分離してストライクにドッキングさせる芸当も可能で、劇中ではこれを用いて帰艦することなくストライクを連続換装させ、ザラ隊を撃退している。
第30話にてイージスの攻撃で2号機が破壊される。
その後も1号機は運用されるが、アラスカでの戦闘後にムウがストライクのパイロットとなったことで使用されなくなる。

2年後でもアークエンジェルに艦載されており、自身の機体キラ・ヤマトに貸しているカガリがオーブへ向かうために本機を借りようとしたり(なお、これは別の機体を使用したため未使用)、ネオ・ロアノークをアークエンジェルから解放したマリュー・ラミアスが本機を譲渡している(その後戻ってきたが)。

武装

20mm機関砲

機首部の両側面2門、計4門を装備。

中口径キャノン砲

胴体部両側面に計2門を装備。

砲塔式大型キャノン砲

背面に装備するビーム砲。回転砲塔であるため、敵機が横に追走しても攻撃が可能。

ウェポンベイ

主翼の付け根付近と翼端にそれぞれ配置。
付け根付近はミサイルや爆弾を任務に応じて積載可能となっている。
翼端はストライクの肩部を模した形状で、ストライカーパックシステムの装着が可能となっている。また、側面にはハードポイントが備えられているため、ストライクのビームライフルやアンチビームシールドを搭載可能。

対艦ミサイル
主翼の付け根付近のウェポンベイに搭載。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
ストライクガンダム ストライカーパックシステム
コスモグラスパー
スピアヘッド(ベースとなった地球連合軍のVTOL戦闘機)

関連記事

親記事

ストライクガンダム すとらいくがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33975

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました