ピクシブ百科事典

ストライクE

すとらいくいー

ストライクEとはストライクノワールの本体となるストライクの発展機である。
目次[非表示]

機体概要

制式番号GAT-X105E
全高17.72m
重量64.8t
装甲材質ヴァリアブルフェイズシフト装甲


ファントムペインのMS開発計画「アクタイオン・プロジェクト」に基づいて開発された。同計画は初期GAT-Xシリーズの再生産を行った後に実戦・トライアルデータから得られた意見を参考に改修を行う方式をとった。その際のX105ストライクを担当したのはファントムペインに籍を置くスウェン・カル・バヤン中尉。

万能型パックとして開発されながらもデータに乏しかったIWSPを装着したストライクIWSPを元に、改修作業はスウェンによる実働データの蓄積と徹底的なダメ出しを行いながら進行した。そのため基本構造はストライクを引き継ぎつつ、頭部冷却システムの配置見直しに伴うマスク部中央のダクトスリット変更や、両肩部のサブスラスター追加など細部にわたって仕様変更が行われている。また、当時から技術流出で一般化されていたパワーエクステンダーや操縦支援AIは標準搭載し、電源系統の増強や自動制御率の高いナチュラル用OSの弱点をカバー。装甲はソフトウェアが装備電力に対応し消費電圧を制御するVPS装甲を導入した。

完成した機体は当初の予定通りストライク改装型のEとIWSPの改装型であるノワールストライカーをワンパッケージにしたストライクノワールとして運用された。その一方で、ストライクE本体は汎用性が高いものとして完成したため、トライアル用として複数機が製造されており、ファントムペインの次期主力機開発のテストベッドとして転用された。そうした計画の中には肩部スラスターとの兼ね合いから武装を別箇所に移動したアナザーストライカーと呼ばれる改修型ストライカーパックも新開発されている。

制式番号の末尾にある「E」は強化を意味するエンハンスド(Enhanced)の頭文字。

武装

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
ダガーLを始めとする連合系MSにイーゲルシュテルンに代わって標準装備される両側頭部の対空防御機関砲。口径はイーゲルシュテルンの6分の1サイズまで小型化されたものの、威力が2分の1に抑えられた事で実質3倍近い威力を持つ。

ビームライフルショーティー
取り回しの良い小型のビームライフル。使用しないときは両腰のスカートにマウントされる。取り回しを考慮して銃身を拳銃サイズにまで切り詰めた結果、従来と比べて射程が15%程度落ちたとされるが、本機の近接戦闘スタイルに見合った牽制用としては十分な効果を発揮する。

57mm高エネルギービームライフル
ストライクガンダムのものと同型のビームライフル。I.W.S.P.とのセットで運用される。

EQS1358 アンカーランチャー
本来はストライクEの正式な装備ではなく、改修の際にパイロットであるスウェン本人の希望により取りつけられたもの。ワイヤーはMSクラスの重量を持つ質量体であっても懸架可能な強度がある。

ストライカーパック

ストライクと異なるレイアウトを持ち、特に肩部ユニットに干渉しない、複数装備する等の改良を加えられている。また、I.W.S.P.を使用したデータから、ノワールストライカー等の新兵装が製作された。

アナザートライアルソードストライカー

両腕にマイダスメッサーを移植したパンツァーアイゼンを装備したもの。
VPSのカラーリングは水色。

アナザートライアルランチャーストライカー

コンボウェポンポッドを背部ランチャーストライカー基部に移植、肩部ブースタへの干渉を避けた。
VPSのカラーリングはモスグリーン色。

I.W.S.P.

主にルカス、スウェンが使用した装備形態。
基本的にはストライクガンダムと同様であり、エネルギー負荷と重量バランスの問題も同一である。
VPSのカラーリングは白と紺色。

ノワールストライカー

主にスウェンが使用した装備形態。
装備後のカラーリングからストライクノワールと呼ばれる。

関連機体

ストライクガンダム

開発の基になった機体。

ライゴウガンダム

東アジアガンダム。
ルカス・オドネルが搭乗したストライクEを基にしたフジヤマ社の新型MS。

関連イラスト

【ガンダム】SEED GAT-X105 E + I.W.S.P



関連タグ

ストライクガンダム ストライクノワール

関連記事

親記事

ストライクガンダム すとらいくがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライクE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4084

コメント