2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

パーフェクトストライクガンダム

ぱーふぇくとすとらいくがんだむ

パーフェクトストライクとは、HDリマスター版機動戦士ガンダムSEEDに登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

「おーおー、かっこいいねぇ。どうせ俺は新米だけどね!」

機体データ

型式番号GAT-X105+AQM/E-YM-1
全高17.72m
重量127.85t
パイロットムウ・ラ・フラガ


概要

ストライクガンダムにエール、ソード、ランチャーのストライカーパックシステムを統合した「マルチプルアサルトストライカー」を装備した形態。

エールストライカーソードストライカーのシュベルトゲーベル、ランチャーストライカーのアグニのマウント用アームを増設し、装備している。また、三種のストライカーパックシステムの同時装備はエネルギー消費量が激しく、複数のバッテリーパックを数珠繋ぎにして装着している。
同じく三種のストライカーパックの機能を統合した装備に「IWSP」があるが、本装備がそれの前身的存在であるかは不明。
パイロットはムウ・ラ・フラガ

本装備はスカイグラスパーと同時にアークエンジェルに運び込まれたものである。
しかし、これを見たキラ・ヤマトは、種類の増えた武装の効率的な運用が難しく、重量の増加によって機動性が低下するなどの欠点を見抜き、そのリスクを避ける為に使用を控えていたため、最後まで使用する事はなかった。
その後、地球連合軍によるオーブ連合首長国攻撃の最中、連合を脱走しオーブ軍に加勢したアークエンジェルによって使用された。

なお、戦闘シーンがあったのはHDリマスター版PHASE-38『決意の砲火』のみ(出撃シーンだけならPHASE-40にも登場している)であり、オリジナル版及びスペシャルエディションには登場しない。初出はアイキャッチが先であり、チーフメカ作画監督の重田智氏曰く、「多分皆アイキャッチだけの出番だと思ってたと思うんですが、自分も描いててそう思っていた。(監督の)活躍させるんだという言葉に愕然としたのはこっちもだった」「作画が大変なので、あんまり出てこないで欲しくなかった」とのこと。

元ネタはSDガンダムBB戦士ストライクガンダムにおけるプラモオリジナルギミック。
当初の名称は「スーパーストライクガンダム」であり、こちらは追加バッテリーパックも武装マウント用のアームも装備されていない。

AQM/E-YM-1 マルチプルアサルトストライカー

エール、ソード、ランチャーの3つのストライカーパックの機能の同時運用を取った統合兵装型ストライカーパック。
エールユニットの後部には電力不足を補うための白いバッテリーが増設されている。
戦闘では空になったバッテリーから順次パージすることができ、デッドウェイト化することを防いでいる。元々はガンプラのBB戦士シリーズのオマケギミックとして存在していたものだが、HDリマスター版のオーブ攻防戦においてムウ・ラ・フラガの乗機として正式に登場(本放送時はエールストライクだった)。3つのパックの装備や機動性を存分に生かし、カラミティを含む連合軍を退ける活躍を見せる。
HDリマスター版ではスカイグラスパーと共にアークエンジェルに積み込まれたものの、キラは多機能故の操縦系の複雑化ストライカー非搭載時の2倍もの重量から来る機動力低下を懸念して使用しなかったという設定になっている。
PSVita用ソフト「Battle Destiny」にも登場している。また、ガンダムEXVSシリーズにも参戦しており、ダメージを受け、残り耐久が減っていくに連れて、背面の追加バッテリーがパージされるという細かな演出が再現されている。

ゲームにおける本機

登場が非常に少ないためか、ゲームなどの外部作品では登場しないことが多いが、近年ではガンダムブレイカーやガンダムVSシリーズにストライクガンダムと一緒に登場したりと、日の目を見る機会が少しずつ多くなってきている。

Gジェネレーションシリーズ

クロスレイズから登場。ストライクガンダムから開発する。
性能的にはストライクの上位互換で、武装もビームと実弾両方を所持しているため相手によって使い分けが可能。弱点はEN消費とPS装甲の効果で燃費が悪い点。
ENを優先的に強化したり、EN関係のOPパーツを装備させたりするのがいいだろう。

ガンダムVSガンダムシリーズ

マキシブースト稼動と同時に初参戦。パイロットはムウ・ラ・フラガ。コストは準高コストの2500。
普通のビームライフル、近距離迎撃で活躍する判定は小さいが当てやすいブーメランに使いやすいアンカー、単発ダウンと曲げうち可能な照射を使い分けれるアグニ、肩バルカンとセットで撃てるので弾幕形成に一役買うミサイル、と必要なものすべてがそろっている万能機。対艦刀の格闘は地味に強判定なので、格闘主体機と組む場合はそれを活かして攻めに付き合うことも(多少なら)できる。

ただし機動性は全体的に重く、降りテクや旋回性能に恵まれておらず同コストの中でも足回りは悪い方。武装も率直ゆえ搦め手に乏しくよくも悪くも万能機なのが難点。

続編であるEXVS2ではミサイル関連にテコ入れが入り、コンボウェポンポッドの性能が大きく向上。更にアップデートで念願の降りテク(しかも結構お手軽)を獲得し、武装面の性能が充実したことで一躍環境機体に仲間入りした。その後のアップデートで弱体措置を受け使用率は落ちたが、依然として万能機として強力な迎撃能力からくる手堅さがウリの機体として一部のプレイヤーに使用されている。

しかし続編の EXVS.2クロスブースト ではコマンドが一部入れ替えられた。主力だったバルカン&ガンランチャーは格闘CSから射撃CSに、射撃CSだったアグニ照射はレバー後特殊射撃になり、弾数制が設けられ(撃ちきりリロード12秒)、曲げ性能も低下。格闘CSには新規アシストとしてバスターガンダムが追加。段幕を張る性能は前作より上がっているが、前作にあった「アグニを撒きながらバルカン→メインキャンセルで安全に落下」するお手軽強ムーブは不可能になった。工夫すれば実現できなくはないが、指とボタンの負担は大きい。さらに他機体が軒並み貰っていた耐久値アップはこの機体に入らず、自衛力と援護力に綴りがみられるようになってしまった。

コマンドは変更されたとはいえ、シンプルで射撃も格闘も使い分けしやすいため、彼の続編での搭乗機同様、初心者が基本操作を覚える機体候補としてよく名前が挙がる。

なにかこれを使えば勝てるような武器がなく自分の腕がストレートに出るので、きっちりと堅実な戦い方をすれば勝てるのできっちり戦況を見ていこう。
目指せ「エンデュミオンの鷹」。

立体物

ガンプラ

1/144

リマスター放送後の2013年2月下旬にHG SEED1/144で発売。
バックパック部分を除きソードストライカーとランチャーストライカーがHG化したのは今回が初。MGνガンダムで初採用のKPS素材がマルチプルアサルトストライカーとアグニのアームの黒パーツに使用された。当時はREVIVE版のHGCEエールストライクが出ていなかった(ちょうど一年後の14年2月下旬発売)ためエールストライカーパック共々旧型HGのエールストライクがベースになっている。

後に発売されたHGCEはストライカーパックの規格は全てジョイントが共通なので、ニコイチすることでREVIVE版ストライクでもパーフェクトストライク再現が可能となっている。マルチプルアサルトストライカーを形成する部分はE8・E9・F12の3パーツだけなので、手順はHGCEのエールストライカーからこの部分を交換するだけ。ただしパンツァーアイゼンに完璧にフィットするジョイントがなく、付属のA16のものには対応しておらず、HGCEのシールド接続用のN13パーツだと少し緩め。
ちなみに劇中でもやっていたシュベルトゲベール両手持ちは旧HGには腕の引き出し機構がないためHGCEでないと再現が出来ない。そのHGCEですら各ストライカーパックが干渉しまくるため、高い可動範囲をもってしてもギリギリと言った程度。

また、EGストライクもHGCEとほぼ同じ規格なのでマルチプルアサルトストライカーパックの装着が可能。ただしパンツァーアイゼンを装着する方法はなくなってしまう。こちらも高い可動範囲のおかげでシュベルトゲベールの両手持ちはなんとか可能。
バンダイ側も仕様を熟知しているためか、EGストライク発売直後の時期にHGパーフェクトストライク再販を告知している。

RGはエールストライクと、スカイグラスパーとのセットでランチャーストライカーパックとソードストライカーは立体化されているにも関わらず、それらを繋ぐジョイントとバッテリーパックは未発売のため一般販売のパーツのみでは再現が不可能。
後にプレミアムバンダイ限定でスカイグラスパーを除くそれらとジョイントとバッテリーパック全てを合わせたパーフェクトストライクが2019年に発売されている。

1/100

単体での発売はなく、2013年4月に発売された「MGエールストライクガンダム Ver.RM」のエールストライカーにランチャーストライカーパックとソードストライカーパックに対応した隠しジョイントが仕込まれ、そこに各ストライカーパックと付属のバッテリーパックを取り付けることで再現が可能。
ランチャーストライカーパックはVer.RMにも無改造で取り付けられる一方、ソードストライカーは旧MGにしか対応しておらず付属のアダプタを付ける必要がある。

ランチャーストライカー/ソードストライカーパックは2008年発売の「MGランチャー/ソードストライクガンダム」でしか一般販売されていないものの、プレミアムバンダイでは「MG 1/100 エールストライクガンダム Ver.RM用 ランチャーストライカー/ソードストライカーパック」名義で度々単品販売されている。

後にプレミアムバンダイ限定で全てをメタリックカラーとチタニウムフィニッシュにしたハイエンド版「MG 1/100 パーフェクトストライクガンダム スペシャルコーティングVer.」も発売された。

1/60

2020年に「PG パーフェクトストライクガンダム」が発売された。
リニューアルされづらいPG(2004年発売)がベースなのでさすがに本体各所にも改修が入り、アクセントにエクストラフィニッシュのディテールパーツも追加された。
エールストライカーパックも一部ランナーを変更することで無理矢理対応させた形なので、MGと違いジョイントを隠すことは出来ない。
ランチャーストライカーパックとソードストライカーパックはストライク発売15年目にしてこれが初のPG化で、各バックパックに分解することも可能。

また、「PG ストライク」と「PGスカイグラスパー+エールストライカー」をすでに持っているユーザー用に「PG 1/60 ストライクガンダム用 パーフェクトストライクガンダム拡張パーツ」もプレミアムバンダイ限定で単品販売された(こちらには本体のディテールアップパーツは付属しない)。

アクションフィギュア

2013年にROBOT魂で発売されている。
本体のストライクは既発のエールストライクと共通なものの、マルチプルアサルトストライカーパックの重量に耐えるため腰部に大幅な改修が加えられている。
また、インド洋戦で使用されたバズーカ砲もボーナスパーツとして付属する。
そのすさまじいボリュームからROBOT魂でも20m超えの一部大型機体を除けば、屈指の巨大サイズのボックス形態での発売となった。それでも当時はまだまだコストが安かったおかげで原価は5000円を切っていた(実際この後に発売されたストライクノワールは明らかに内容に反して7000円超えというとんでもない高額になったことで色々と話題になった)。

2017年にはNXEDGE STYLEでも発売。
ランチャーとソードのバックパックも付属し、エール・ランチャー・ソードにも分解できるなどかなりプレイバリューの高い仕様となっている。

ちなみにMETAL BUILDはかつてのRG同様ストライク本体と各ストライカーパックは立体化されているのにそれらのジョイントとバッテリーパックは発売されていないという状態のため、パーフェクトストライクガンダムの再現は不可。
逆に「METAL BUILD ストライクルージュ オオトリ装備」を使うことでマキシマムパーフェクトストライクガンダムの方が先に再現可能になっているという事態になってしまった。

関連イラスト

よくばりストライカー
パーフェクトストライク



血のバレンタインデー☆



関連リンク

チーフメカ作監・重田智氏が語る ここが変わった!機動戦士ガンダムSEED HDリマスター

関連項目

機動戦士ガンダムSEED ストライクガンダム ムウ・ラ・フラガ
デスティニーガンダム
全部乗せ

トリニティフォーム…3フォームのてんこ盛り繋がり。
ガンダムパーフェクトストライクフリーダム:パーフェクトストライクガンダムをモチーフに、ストライクフリーダムガンダムを作り変えたガンプラ。本機同様、エール・ソード・ランチャーの装備が使用できる。

関連記事

親記事

ストライクガンダム すとらいくがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パーフェクトストライクガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「パーフェクトストライクガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178093

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました