ピクシブ百科事典

バクゥ

ばくぅ

バクゥとは、TVアニメ作品「機動戦士ガンダムSEED」に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

諸元

機体名 バクゥ(BuCUE)
型式番号 TMF/A-802
全高 11.07m
重量 69.30t


概要

地上の地球連合勢力制圧のため投入されたザフトが製造した陸戦用MS。

地盤、地形の不安定な環境であっても高い走破性、機動性を確保する目的で低重心かつ安定性に優れた四足歩行式を採用しているのが最大の特徴。さらにすべての足に無限軌道(キャタピラ)を装備しており、特に、人型のMSでは足元がおぼつかない砂漠などの環境では他を寄せ付けない機動性を発揮する。
その動きは正に肉食獣さながらの敏捷さであり、リニアガン・タンクを始めとする地球連合軍地上部隊の機甲兵力をことごとく打ち破り、以降の地上戦力の主流となった。

機動性と火力を活かした正面突撃を主戦術としており、装甲は前面に集中している。一方で胴体などコクピット回りの装甲は他のMSより薄く、また四足歩行という形態ゆえに腹部側が死角となりやすい上、転倒すると咄嗟に起き上がることができないという弱点がある。一応、無限軌道使用時はうずくまる姿勢をとることでこの弱点をカバーしている。

劇中では登場当初はその性能で抗戦するゲリラに対し圧倒的優位を誇り、砂漠戦に不慣れなストライクガンダムも機動力で翻弄する。しかし、RPGなどの歩兵用手持ち火器で一時ダウンしたり、地雷を食らう、挙句の果てには腹部からの突き上げでひっくり返されてからゼロ距離でアグニを撃たれるなど、弱点を突かれてそのほとんどが撃破された。
それでも、地上戦力としてはこれまでのザウートなどより機動性などにおいて優秀であることから、続編のC.E.73においても改修を受けて現役である。ただし、デストロイガンダムに踏まれるなど、前よりやられ役感が強くなったのはお約束。

武装

450mm2連装レールガン

背部ターレット用のオプションの1つ。プラズマ化した弾頭を電磁投射する武装で、地球連合軍の戦車程度の相手であれば一撃で破壊可能。回転式のターレットに搭載されるため、360度全方位に向けて攻撃が可能。

400mm13連装ミサイルポッド

背部ターレット用のオプションの1つ。こちらも搭載箇所が回転式のターレットなので、360度全方位に向けて攻撃が可能。

2連装ビームサーベル

後述の後期型が装備する近接戦闘武装。
地球連合軍から強奪した第1期GAT-Xシリーズを解析して実用化した装備で、高速機動中にすれ違いざまに敵機を斬り裂く事ができるようになった。

バクゥとはMS(モビルスーツ)である

旧来のシリーズでは非人型の機体はモビルアーマーとされる事が多かった。

しかしこの機体はMSとされ、登場当初かなり物議を醸した。何故ならザフト製のメカニックには他にモビルアーマー級と呼ぶべき兵器が存在せず、やがてザフトにはモビルアーマーの概念がないという設定で定着したためである(逆に地球連合軍はモビルアーマーを開発しまくっている)。

実際劇中でもザフト軍がモビルスーツと戦艦以外で開発したのはジェネシスのような戦略兵器やミーティアのようなモビルスーツ用大型オプションしかなく、pixiv百科事典でもザフト兵器をまとめた記事名が「ザフト製MS・戦艦」なことからもそれが如実に現れている。だがかわいいから許す。

なお、デザインを担当した大河原邦男は、この機体を「モビルビースト」と形容したことがある。

備考

SEED本編前半でバクゥは3DCGで描かれていた為、一部から「ガンダム版ゾイドと言われていたらしい(アニメ版ゾイドの放送局も同じ毎日放送である)。
ちなみに後半以降からは手描きの作画で描かれている。

バリエーション機

バクゥ 後期型

頭部に両刀型ビームサーベルを装備しているモデル。犬型と相まって骨を咥えるような姿をしている。

バクゥ戦術偵察型

ディスクレドーム、スコープ、ソナーが装備された偵察用バクゥ。ロウ・ギュールの手によって撃破された本機の頭部にはあるMSのデータが入っていた。

バクゥ バルトフェルド専用改修タイプ

ラゴゥが配備される前に搭乗していたカスタムモデル。牙型のユニットが装備されている他、トラを彷彿させる配色、前足には虎のエンブレムが描かれているのが特徴。

作業用バクゥ
上記のバルトフェルド専用改修タイプをベースとしたに作業型MS。ジャンク屋組合が持つクレーンアームが装備されている。牙型のユニットは装備されたままなのはご愛嬌。ちなみに、改修された後の愛機と再会したバルトフェルドは「可愛い子猫になっちまった」と苦笑いしている。

ラゴゥ

指揮官用として開発されたバクゥの上位機種。
主武装をビーム砲にしている。

ガイアガンダム

バクゥにそのままガンダムへの変形機構を与えたかのようなセカンドステージシリーズの一角。

バクゥハウンド

近代化改修したグレードアップモデル。
背部にウィザードシステム対応アタッチメントを追加している。

ケルベロスバクゥハウンド
ケルベロスウィザードに換装したバクゥハウンドの基本形態。

バクゥ ODR仕様

オーブ国際救助隊が使用するバクゥ。背部のウイングがラゴゥの物に交換されている。

立体物

1/144コレクションシリーズ、HG1/144シリーズにラインナップ。名称は「モビルバクゥ」。
HG版はDESTINYになってからラインナップされた代物だが劇中同様の武装切り替えとアクションを取ることができる。またビームサーベル用のエフェクトパーツが付属する。リマスター版放映時に発売されたものは、成形色がアニメ版に近いものになっている。
コレクションシリーズは、HGのデュエルガンダムか他のキットからエフェクトパーツを拝借することでサーベル起動状態が再現できる。

また、バクゥ戦術偵察型は、HGガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)のバクゥヘッドサーベルとして頭部のみが立体化されており、別売りのモビルバクゥの首パーツに接続可能。

ガシャポン「SDガンダムフルカラーシリーズ」にラインナップ。

小話

生みの親の大河原邦男氏の一番お気に入りのMSであり、曰く『デザインしていて楽しいから』とのこと。また準備稿では、円筒型のミサイルポッドを装備した両腕とキャタピラが装備された四つの足を持つMSであった。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED ザフト
ラゴゥ
ケルベロスバクゥハウンド

モビルアニマル:やまと虹一氏執筆作品『プラモ狂四朗』に登場する模型の一つ。モビルアニマルαとモビルアニマルβが合体することでモビルアニマルとなる細工が施されている

関連記事

親記事

ザフト製MS・戦艦 ざふとせいもびるすーつせんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バクゥ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バクゥ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146083

コメント