ピクシブ百科事典

ストライクノワール

すとらいくのわーる

ストライクノワールとは、OVA『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』に登場するモビルスーツ。ストライクEのバリエーション扱いで、ノワールストライカーを装着した形態。
目次[非表示]

機体スペック

制式番号GAT-X105E+AQM/E-X09S
全高17.72m
重量64.8t(ストライクE本体) / 90.51t(ストライクノワール時)
装甲材質ヴァリアブルフェイズシフト装甲


概要

アクタイオン・プロジェクトで再生産されたストライクの発展機「ストライクE」に「ノワールストライカー」を装着した換装形態。同計画で選任パイロットを務めたスウェン・カル・バヤン中尉の搭乗機として有名。

ストライクEに採用されたパワーエクステンダーとストライカーの電圧設定値に従ってヴァリアブルフェイズシフト装甲(VPS装甲)が黒く発色する為に、フランス語を意味する「ノワール」と呼ばれる事になった。

ストライク+IWSPの正統後継機なだけあって、ストライクノワールの性質は機動戦闘・格闘戦・砲戦を同時にこなせる万能な全領域仕様となっている。

一方で、スウェンの徹底的なダメ出しによってIWSPが持っていたトップヘビーな要素はモディファイされ(重心が偏るコンバインドシールドの省略、火砲の連装式小型化など)、近接戦闘を主眼とした機動戦闘を得意とする。
格闘戦や砲戦といった特化分野では専用機に比べて劣る器用貧乏な部分もみられるが、これは同時期に開発されていた僚機であるブルデュエルヴェルデバスターと同時運用する事によって補完された。

AQM/E-X09S ノワールストライカー

本機を象徴する黒い翼のストライカーパック。
I.W.S.P.から発展した装備であり、元に比べてコンパクトな作りとなっている。

資料によって推進器を持たない、または姿勢制御用のスラスターを持つなど記述はハッキリしない。何れにせよフリーダムのAAWにも似た可変翼は空中での柔軟な姿勢制御・機動性を機体にもたらし、ストライクノワールが得意とする機動戦闘に寄与する。

装甲にはPS装甲が全面的に採用されており、本装備を使用するMSのシールドとしても機能する。また、PS装甲の製造状態の都合で通常装甲の仕様も存在する(余談だが、通常装甲になると重量が軽くなる)。

  • MR-Q10 フラガラッハ3 ビームブレイド
背部ストライカーパックに装備された対艦刀。鹵獲したガイアの技術をフィードバックし、従来式のレーザーではなくビームタイプとなった。サイズはやや小ぶりだが、もちろん二刀流で使用可能な取り回しの良さを持つ。
実はグリップ部を取り外して単独でビームサーベルとしても使用可能なのだが、劇中では一切使われなかったためか、プラモデルなどでも説明こそあるものの再現はされていない。
  • MAU-M3E4 2連装レールガン
バックパックに装備されたレールガン。同時代のエグザスに装備されたレールガンを発展・改良したもので、ウイングの可動範囲と相まって非常に広い射角を誇る。
  • EQS1358T アンカーランチャー
ノワールストライカー中央部にもストライクEに搭載されたアンカーランチャーと同タイプの物が設置されている。

その他の武装

素体の標準兵装はストライクEを参照。
この項目ではストライクノワールで使用された武装について一部解説する。

175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル
デュエルガンダムのものと同型の、グレネードランチャー装備型ビームライフル。第2話での出撃時はビームライフル・ショーティーの代わりにこれを装備して出撃している。実際の使用は確認されていないがやはり2丁持ちで出撃していた。

バリエーション

ストライクE

素体となる機体。ストライクガンダムの再生産機を発展させた改良型。

アストレイノワール

ノワールストライカーを装備した漆黒のプロトアストレイ増産型。

活躍

劇中においては民間企業D.S.S.D.が所有する、高度な自律型AIを搭載した宇宙探索用MS・スターゲイザー奪取の為に、護衛機シビリアンアストレイを相手に獅子奮迅の活躍を見せたが、一瞬の隙を突かれる形でスターゲイザーと共にヴォワチュール・リュミエールの超加速で太陽方面へ飛ばされた。
この時の強烈な加速衝撃により機体は損傷。地球圏帰還の為に残存エネルギーをスターゲイザーに与え、そのまま破棄された。

ガン=カタを思わせる二丁のビームライフルショーティーと手首の辺りに隠されたアンカーによる多彩かつ軽快なアクションにより、『SEED』シリーズのMSの中でもそれなりに高い人気を誇る。

余談

立体商品やムックではストライクノワールガンダムと表記される事も多い。

素体のストライクEは少数ながら複数生産が確認されているが、その中でノワールストライカーを装備しているストライクEはスウェン機以外で確認できない。これはノワールストライカー自体の生産数が少ない事が原因であろう。

外部作品への出演

連合VSZ.A.F.T.
コスト450の隠し機体として参戦。近距離機のようなブーストと長めの赤ロックを持つ近~中距離用の万能機。あるバグや移動しながらの隙のない攻撃などの要素からストライクマワールなどと揶揄されてしまうこともあった。但し、使用率の高い天敵ことプロヴィデンスガンダムの存在や、慣れれば軸合わせで簡単に射撃を差し込めることから対策は確立されており、上手い人は「マワール」に頼らず普通に戦ったほうが早いようである。

EXVSシリーズ
コスト2500の機体としてFBから、特殊格闘に連ザに無かったアンカーによるワイヤーアクションと、アシストのヴェルデバスターを引っさげ参戦。メイン射撃のビームライフルショーティーは連射できるものの誘導性がいまいち。、その分キャンセルルートが豊富で即ダウン力のあるサブ射撃の2連装レールガン・弾幕量に優れた特殊射撃のビームライフルショーティーの回転撃ちに繋げれる射撃コンボが可能。これによりによるトリッキーな動きと華麗なガンアクションでスタイリッシュに戦える。上で述べた回避武装のワイヤーアクションはブーストゲージ0でも使用可という回避用武装の中でもトップクラスの優良武装。これのおかげで生存率も高い。
しかし、メイン射撃の誘導が悪い+特殊格闘は回避専門の武装。それゆえ、この機体の戦闘スタイルを知る相手からはあえて放置されて相方が集中攻撃されやすいという弱点もある。
先で述べたように射撃武装は優秀なので、時には後方支援役を引き受けることも必要である。

EXVS2では大幅に弱体を受けており主にメインの弾数が減少、サブ射撃はリロード時間増加に加えて弾速、誘導の低下など。後のアップデートで多少はまともに戦えるようになった。新しいコマンドとして格闘CSにレバー入れでブルデュエルを呼び出せるようになり、ロックした相手に斬りかかる単発の格闘アシストでヒット時にはスタンするというもの。

上手く戦場を引っかき回して、クール且つカッコよくキメてやろう。

立体物

ガンプラ

HG SEED1/144で発売。Destinyでの失敗を踏まえてか1/100はなくスタゲ放送当時に発売されたのはこれだけである。
しかしランナーは同シリーズのエールストライクからの流用一切なしの完全新規造形で、肩関節にアレイ型ボールジョイントを採用したことによる可動範囲拡大や股関節の可動軸追加、そしてフロントスカートのボールジョイント化などあらゆる面で革新的な技術が複数導入されたキットでもあった。特にフロントスカートは説明書には書かれていないものの中心で切り離すことで1/144サイズでもフロントスカートの左右独立可動が出来るようになったという点では衝撃だった(それまでは左右が一本のプラ丸棒で繋がっているだけの簡素なもので片方が跳ね上がればもう片方も同様になるのが当然だった)。ただし初期モデルというのもあって切り離した場合はかなりプランプランな状態になってしまう。
また、先程のアレイ型肩関節もABS製で劣化するとプランプランになってしまう為、この方式の肩関節が現在採用されることはほぼなくなっている。
ストライク型なので、初代エールストライカーから現在に至るまでの全てのストライクパックが装着可能。ただし、ストライクEの独特な形状により肩用のパーツは装着不可となっている。
初回版のみインターネットでスタゲのPVが見れるシリアルコード付き。

MGでも2007年にエールストライクのランナーを流用して発売されている。
上述したデュエルのグレネード付きライフル二丁も付属しており、デュエル本体を差し置いてライフルが先にMG化されるという事態になった。その後、本家デュエルがMG化したのは5年後の話である。
こちらもストライカーパックはバックパックのみ全てが装着可能。
本体であるストライクEは、後に「MG ストライクE+IWSP ルカス・オドネル専用機」で流用されている。

現在本家ストライクがHGCE(REVIVE)とVer.RMでリニューアルされRG化までしている一方、比較的人気機体にもかかわらずノワールの新規フォーマットでの立体化はプレミアムバンダイ限定ですら一切実現していない。ある意味ライジングガンダムと似たような不遇の扱いを受けている。

アクションフィギュア

MS IN ACTIONブランドの終焉を迎えていた時期の登場というのもあってEXTENDED MS In Actionでの発売となっている。アンカーギミックは省略されたものの、本体の可動範囲はかなり優秀でノワールストライカーのギミックも完全再現されているなど評価は高い。

一方、スタゲ放送からちょうど10年目の2016年に発売されたROBOT魂はブランド屈指の地雷商品で有名。
まず、税込み7000円超えというとんでもなく高価な値段。比較対象として3年前発売のパーフェクトストライクガンダムが税込みでも5000円を切っていたのを考えるとこの3年でコスト高騰の影響を受けたのが分かる。それ抜きにしても前年に出た同ブランドのフリーダムガンダムは発売当時6000円を切っていたので割高気味である。
次いで、完全新規造形をうたっておきながら既発のエールストライクガンダムのギミックを流用している可動。ROBOT魂エールストライク自体は評価は高いものの、ノワールの場合はその流用部分がエールストライクより向上どころか改悪されており、その極めつけが腕が水平以上まで上がらないというもの。この制限のせいでビームライフルショーティーがかなり構えづらくなってしまっており、実際に買った人からは「工場で作業員に左右の可動軸を間違えて逆に組むよう指示してしまっていたのでは」と考察されている。しかし左右を組み直しても並以下なのでこんなノワール改造を推奨する専用トピックまで出来た。→ROBOT魂ストライクノワール改造まとめ
さらに顔の造形もツインアイが完全に隠れて馬面気味だったり、エールストライクにはあったつま先の稼働までオミットされたせいで白兵戦型の機体にもかかわらず地面に足つけたポージングにも制限がかかったりと価格に見合わない酷いところばかりが目立っている。明らかに手抜き商品を高い金で買わせようという目論見で作られたとしか思えない…。
このため、早い段階から大幅な値引きがされて投げ売られる事態になってしまった。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDC.E.73STARGAZER スウェン・カル・バヤン
ストライクE
ブルデュエル ヴェルデバスター

ガンダムX - 外伝作品で黒い機体が登場。
黒いガンダム

関連記事

親記事

ストライクE すとらいくいー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ストライクノワール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ストライクノワール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142152

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました