ピクシブ百科事典

VTOL

ぶいとーる

揚力で浮かび飛行する航空機のうちで、垂直方向にも推進させる事が可能(あまり滑走せずに離陸が可能)なものを指す。形状は飛行機に似ることが多いが、全くの架空機であることもある。
目次[非表示]

Vertical Take-Off and Landing
「垂直離着陸」のこと。
または「垂直離着陸機」。

概要

言葉上はヘリコプターなどもこの一種と言えるが、「短距離離着陸(S-TOL)機」の一種とされることもあり、基本的には飛行機(いわゆる固定翼機(※外部リンク))かそれに近い、揚力で浮かび飛行する航空機の内、垂直方向にも推進力を持ち、それによって離陸が可能なものを指す。

多くの場合推進方向を水平から垂直まで変えられる、可動式の推進器を持つ。

タグとしては、

  1. ハリアーなど実在の航空機。
  2. 垂直離着陸できる架空のメカ。
に付けられる。

浮上方法

推力偏向式

噴射方向を変えられるノズルなどを使い、推力の方向を変えて垂直離着陸を行う方式。
軽量かつ簡便な機構で実現可能で、ジェットVTOLの実用機は全てこの方式を利用している。
採用例


エンジン偏向式

ノズルではなくエンジンの向きそのものを変えて浮上する方式。
航空機の中で最大の部品であるエンジンを回転させるため機体外形を水平飛行に最適化することが難しく、速度性能に悪影響がある。巨大な可動部が発生するのでコストも増すし、ジェットエンジンで垂直上昇は効率が悪すぎる、ということで廃れた。
採用例


リフトジェット方式

メインエンジンとは別に浮上用のリフトエンジンを設け、垂直離着陸時にリフトエンジンの推力で上昇などを行う。
エンジンを二倍積むということであるから当然その分重くなるので廃れた。
採用例

  • YaK-38
  • Do31(主翼端にリフトエンジンを装備する)

リフトファン方式

機体内に上昇用のリフトファンを搭載し、垂直離着陸時に稼働させる方式。
これもやっぱり重くなりはするんだけども、エンジンから動力を提供するようにすればリフトジェットほどではないし、ジェットより効率も良いということで実用機に使用されている。
採用例

  • F-35B(推力偏向も利用)

ティルトローター方式

回転翼としても機能する大型のプロペラ(プロップローター)を用い、角度を変えることで浮上・推進を行う方式。
採用例


複合推進方式

浮上時は回転翼でヘリコプターのように浮上し、巡航時は別途に設けたプロペラやジェットエンジンなどで推進する。
回転翼が存在するため速度に制約がある。目下研究開発中。
採用例


テイルシッター方式

機体を「縦置き」して強引に垂直方向に発進する、極めて分かりやすいやり方。
大真面目に研究、試作されたが、垂直⇔水平の移行が難しくて廃れた。
採用例


関連イラスト

昔描いたセル画



関連タグ

戦闘機 航空機 メカ
Yak-38 Yak-141 ハリアー AV-8B X-32 F-35
ティルトローター パワードリフト V-22

外部リンク

垂直離着陸機 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「VTOL」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95511

コメント