ピクシブ百科事典

ドレッドノートガンダム

どれっとのーとがんだむ

漫画「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」に登場するMS。 (※背部に接続されている大型のドラグーンを外した状態)

概要

ザフトが開発した初のNジャマーキャンセラー搭載機。
後のフリーダムガンダムジャスティスガンダムといった核動力搭載機の雛形とも言える存在である。
開発期間を短縮すべくゲイツの部材を流用して開発されており、本機はゲイツと本機以降の核動力機を結ぶ過渡的な機体と言える。
NJCは頭部に搭載されており、宙域レベルでニュートロンジャマーを無力化する試験段階のものである為、「その一帯の宙域で核エンジンが使用可能となってしまう」という危険性も孕んでいる。
主なパイロットはコートニー・ヒエロニムスプレア・レヴェリーなど。

核エンジンが搭載可能になった結果、大量の電力を消費する量子通信システムが搭載可能となり、両腰にそれを用いたドラグーンシステムの一種「XM1プリスティスビームリーマー」を装備する。
この装備はビーム砲を有する端末と本体とがケーブルで接続されているが、これは試作装備の紛失を防ぐ意味合いが強く、ケーブルが切断されても運用に支障をきたさない。
また、ドラグーンシステム、複合兵装シールドといった武器は、後のプロヴィデンスガンダム等に受け継がれている。

ドレッドノート(勇敢な者)の名前は「プラントの守護を担う勇敢な機体であれ」という願いを込めて命名されたとされている。しかし、実態は常に被曝等トラブルの危険に晒される核エンジンを搭載した事でパイロットの負うリスクが増した事から、「こんな機体に乗る者は勇敢な人物だ」という皮肉を込めて名付けられたという説もある。

テスト終了後にパーツに分解され、核エンジンおよび機密パーツ以外は廃棄処分される筈だったが、地球の深刻なエネルギー不足を解決する為にシーゲル・クラインにより、全てのパーツがジャンク屋を通じてマルキオ導師に渡る様に手配され、その機体はプレアに預けられた。
地上への輸送中、NJC搭載の頭部ユニットをサーペントテールに奪われゲイツの頭部で代用し予備電源で運用された事もあったが、その後サーペントテールから頭部ユニットを返還され、本来の姿へと改修される。(なお、本機以降の核動力MSはNJCを動力部付近に併設されている。)
更に、アンドリュー・バルトフェルドからドラグーンシステムの設計データがもたらされ、ロウ・ギュールによってそれが制作され、装備された。その際に「Xアストレイ」の名を冠されており、これはパイロットであるプレアの、核の力を平和の為に使いたいという意思から「兵器としての王道を外れた者」という意味での「アストレイ」と、バックパックに装備されたドラグーンが「X」の形に見える事による。

カナード・パルスハイペリオンガンダムと幾度と無く激戦を繰り広げ、プレアの死後はカナードが機体を受け継いだ。その際にロウの手によってバックパックを換装したドレッドノートH(イータ)に改修されている。
カナードは空間認識能力を有していない為、ドラグーンシステムはハイペリオンガンダムと似た武装へと変更されている(イータユニットを含めてハイペリオンからのパーツ流用もされている)。

関連項目

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY 機動戦士ガンダムSEEDXASTRAY

pixivに投稿された作品 pixivで「ドレッドノートガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4603

コメント