ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

オーブ連合首長国軍が保有するイズモ級2番艦で、分類は宇宙戦艦
アークエンジェルの原型となった艦船であり、各所にその意匠が散見出来る。MS搭載数は約10機程度。

細長いため一見脆そうな見た目だが、戦艦であるために火力自体は非常に高くビーム兵器をふんだんに搭載している。
艦体は3つのパーツに分離・再構築が可能。

艦長は名目上はカガリ・ユラ・アスハだが、ヤキンドゥーエ攻防戦などでは当人が前線で戦っていたため、実質的にレドニル・キサカが指揮を執っていた。

アークエンジェルとエターナルと共に独立部隊の一翼を担い、二度の戦乱を戦い抜いた。

武装

  • 225mm2連装高エネルギー収束火線砲 ゴットフリートMK.71

アークエンジェルのものと同型の主砲。
艦体前面のパネル状カタパルトパーツの根元部分上下にそれぞれ配置され、非使用時は収納される。

  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン×12(前上部2×2、同下部2×2、艦橋下2×2)
  • 艦橋後方ミサイル発射管(対空防御ミサイル ヘルダート)
  • 陽電子破城砲 ローエングリン
アークエンジェル級のものと同等の威力を誇る大出力ビーム砲。
1門だけでも射線上のあらゆる物体を消し飛ばす威力なのだが、本艦に至っては後方のエンジンブロックに片側上下1門ずつの計4門も搭載されており、複数同時発射が可能という凄まじいバ火力っぷりである。
アークエンジェルにおいては搭載するには火力が過剰と判断されたのか、2門に減らされている。

同型艦

イズモ

ネームシップでもあるイズモ級1番艦で、『機動戦士ガンダムSEEDASTRAY』に登場。艦体色は黒。
こちらはアメノミハシラを拠点としてロンド・ミナ・サハクが使用する。

「ブレイク・ザ・ワールド」においてはオーブ本国への落下コースに入ったユニウスセブンの破片に体当たりを敢行、そのコースを変えるという荒業を披露した。

関連タグ

コズミック・イラ 機動戦士ガンダムSEED 宇宙戦艦
オーブ連合首長国 M1アストレイ

pixivに投稿された作品 pixivで「クサナギ(ガンダムSEED)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144

コメント