ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クサナギ(ガンダムSEED)

くさなぎ

クサナギとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する戦艦、イズモ級宇宙戦艦・2番艦である。
目次 [非表示]

概要編集

イズモ級宇宙戦艦・2番艦。艦体色は青みがかった白地に青いライン。

オーブ国防軍が保有し、艦長は名目上はカガリ・ユラ・アスハだが、ヤキンドゥーエ攻防戦などでは当人がパイロットとして前線で戦っていた為、実質的にレドニル・キサカが指揮を執っていた。


アークエンジェルエターナルと共に独立部隊の一翼を担い、二度の戦乱を戦い抜いた。

本艦でストライクルージュが組み立てられている。


艦のデータ編集

分類イズモ級宇宙戦艦・2番艦
所属オーブ国防軍→三隻同盟→オーブ国防軍・第2宇宙艦隊

搭乗員編集

機動戦士ガンダムSEED編集

メインブリッジ(艦橋)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY編集

メインブリッジ(艦橋)

ポジション氏名階級
艦長ソガ一佐
MSパイロットタキト・ハヤ・オシダリ

CIC(Combat Information Center=戦闘指揮所)

副長アマギ一尉

艦載機編集

機動戦士ガンダムSEED編集

MBF-M1 M1アストレイ

MBF-M1 M1アストレイ(ジャン・キャリー専用機)

MBF-M1A M1Aアストレイ

MBF-02 ストライクルージュ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY編集

MBF-M1 M1アストレイ

MBF-M1A M1Aアストレイ

MVF-M11C ムラサメ

MVF-M12A オオツキガタ


SDガンダムワールド三国創傑伝編集

同作ではレッドタイガーの母艦として艦体色が赤色のクサナギが登場する。


関連タグ編集

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

コズミック・イラ 宇宙戦艦 オーブ連合首長国 オーブ国防軍

M1アストレイ ムラサメ(MS) オオツキガタ


































SEED FREEDOM』にて編集

ファウンデーション王国マッチポンプが露見した事で実力行使を決行したオーブ国防軍。

それに応じる形で、予め密かにミラージュコロイドを使用した偽装を纏ってレクイエムのあるダイダロス基地の宙域内へ侵入しており(?!)、偽装解除の後ミレニアムを援護する為にレクイエム発射口を防衛しているザフト反乱軍を相手に単艦で攻撃を開始。艦長はソガ一佐からアマギに代わり、艦載機は多数のムラサメ改になっている。

戦闘開始早々にローエングリンをぶっ放すとかなりの気概を見せた、その気迫はアマギの【オーブに死の刃を向けた者を決して許すな!】の号令からも分かる通りである。

途中地球連合軍艦隊が合流し先のレクイエムによって轟沈した地球連合軍旗艦ベオウルフに代わりに艦隊旗艦の役割を担う。

しかし地球連合軍の艦隊が合流してもなおザフト反乱軍との戦力差は大きくムラサメ隊も数を減らしクサナギも被弾してしまう、だがイザークデュエルブリッツ及びディアッカライトニングバスターが駆けつけ援護され、無事に生き残った(逆に言うと圧倒的に物量で勝るザフト反乱軍相手に地球連合軍艦隊が合流するまで単艦で交戦、2人が駆け付けるまで最前線で艦隊を指揮しながら艦載機と共に耐え抜いた事に成る。流石は三隻同盟の一翼を担った歴戦の艦である)。

関連記事

親記事

イズモ級 いずもきゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました