ピクシブ百科事典

タキト・ハヤ・オシダリ

たきとはやおしだり

『機動戦士ガンダムSEEDMSV』の登場人物。
目次[非表示]

概要

オーブ連合首長国の軍人でMSパイロットを務める男性。正義感の強い性格をしている。
「オーブ軍にその人ありと知られたエース」を自称しており、MSの操縦技術は高くエースパイロット級である。オーブ軍のMSだけでなく、地球連合軍のMSも操縦可能。
アスハ家の中立宣言で提唱された「オーブの理念」を平然と破ったセイラン家を憎んでおり、トダカが戦死した後、ユウナ・ロマ・セイランに対して指揮官の無能さを指摘するも、ユウナを逆上させる結果となり彼からパワハラを受け、タキトの出世コースである花形部隊から配置転換され、階級も三佐から二尉に降格、おまけにこれが原因で彼女であるリンナ・セラ・イヤサカがタキトに愛想を尽かしてプラントへ移住してしまい、希望に満ちていたタキトの未来像が崩壊、完全に自暴自棄になってしまった。

ザフトが展開したオペレーション・フューリー(セイラン家に逃げ込んだロード・ジブリールを捕まえる作戦)の混乱に乗じて、部下と共にムラサメに乗り込み、MSによる銀行強盗というガンダムシリーズにおいて前代未聞の暴挙に出て、セイラン家の隠し財産を奪取すべく屋敷へ向かう。途中ジオグーンに出くわすもセイラン家の護衛が乗り捨てたNダガーNに乗り換えて撃退、隠し財産を手にいれる事に成功する。

この後、部下(本人曰く「オシダリと愉快な仲間たち」)と共に成り行きで宇宙へ上がりメサイア攻防戦に参加、オオツキガタに搭乗し出撃するも、元恋人のリンナが乗るプロヴィデンスザクと交戦してしまい、死闘を繰り広げる。戦争終結後は生き延びたリンナと再会し元の関係に戻っている。

なお、前述の暴挙に出たタキトは自棄糞ではあったが、完全に腐りきった訳ではなかった為、強盗を行ってた際に戦禍に巻き込まれそうになった親子の命を身を挺して庇ったシーンもあった。


プロフィール

性別男性
人種ナチュラル
年齢30代前後
所属オーブ連合首長国
搭乗機ムラサメNダガーNオオツキガタ



関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 機動戦士ガンダムSEEDMSV
オーブ連合首長国
ムラサメNダガーNオオツキガタ

コメント